「~の間に、~している時間に」

こうした表現に使われるのが동안と사이ですが、これらの違いを解説していきます。

使い分けやニュアンスがつかめてない人は、ここで覚えてしまいましょう。

동안のニュアンスは?

「~以上、こえる」に相当する

동안のニュアンスを一言で表すと「以上」です。

동안のニュアンスを図にすると

始まり

終わり

ある期間の「始まり~終わり」までのすべてを含む。

동안は特定の時期や期間に対して、その時間すべてを含むのがポイントです。

「名詞+동안」で使う

まずは名詞+동안で使ってみましょう。

3시간 동안 계속 자고 있었었던 거야?
3時間ずっと寝てたの?
여름 방학 동안 집에서 공부만 했어요.
夏休みの間は家で勉強ばかりしてました
일주일 동안 친구 집에서 묵을 거예요.
一週間ずっと友達の家で寝泊まりする予定です

동안を使うことで、ある期間ずっと何かをするというニュアンスになります。

「-는 동안」で使う

동안の前に動詞が来る場合は-는 동안となります

어머니가 슈퍼에 갔다오는 동안 청소를 했어요.
母がスーパーに行ってくる間に掃除をしました
기다리는 동안 스마트폰으로 게임을 하고 있었어요.
待ってる間、スマートフォンでゲームをしてましたよ
아들이 학교에 가서 집에 없는 동안 한국 드라마를 봐요.
子供が学校に行って家にいない間、韓国のドラマを見ます

こちらもその期間、時間内はずっと何かをしていることを意味し、동안のニュアンスが変わるわけではありません。

사이の意味合いと使い方

その時間を満たさない「~未満」

사이のニュアンスを、先ほどと同じく数学に例えると「未満」になります。

사이のニュアンスはこうなる

始まり

終わり

ある期間の中の一部分を指す

사이は「~未満」の文字通り、その時間すべてを満たすわけではありません。

つまり特定の時期や期間に対して、その中の一部分を表します。

「名詞+사이」で使う

こちらも名詞+사이で使ってみましょう。

범인은 경찰이 출동하는 10분 사이에 도망친 것 같습니다.
犯人は警察が出動する10分の間に逃げたようです
영어실력을 늘리려고 겨울방학 사이에 외국으로 갔다왔어요.
英語力を上げようと思って冬休みの間に外国に行ってきました
설날 사이에 늘어난 체중을 위해 다이어트를 하기로 했어요.
お正月の間に増えた体重のためにダイエットをすることにしました

期間中ずっと何かをしているわけではなく、ある一時に変化や行動が起こります。

「-ㄴ/는 사이」で用いる

사이は-ㄴ/는 사이の形でも使います。

제가 씻는 사이 설거지를 해 줘요.
私がお風呂入ってる間に洗い物してちょうだい
잠시 집을 비운 사이 도둑이 들었어요.
しばし家を空けた時に泥棒に入られました
잠깐 눈을 뗀 사이 사고가 난 것 같아요.
ちょっと目を離した隙に事故が起こったんだと思います

「~した隙に、~してる間にちょっと」など、スキマ時間に何かをするようなニュアンスにはぴったりの表現といえるでしょう。

似たような文でもニュアンスが変わる

ある期間や時間に対して、全てなのか一部なのかが동안と사이の差です。

아빠가 집에 안 계시는 동안 TV를 봐요.
父がいない間TVを見ます

동안なら「その時間すべて」なので、父がいない間ずっとテレビを見るという意味になります。

엄마가 안 계시는 사이에 게임을 해요.
母がいない合間にゲームをします

しかし사이は「一部の時間」なので、母の不在間にちょっとゲームをしたようなニュアンスです。

似たような文でも동안と사이では、ニュアンスにこのような差が出てくることになります。

うさぎは寝ている間に亀に負けてしまいましたが、まさに방심은 금물(油断大敵)ですね。