連体形の中で最も難しいのが、-ㄹ/을と것を組み合わせたものです。

ニュアンスがいくつもあるので、他の連体形とややこしくなることはよくあります。

しかしこれがしっかり理解できれば、連体形は一通り使いこなせるようになるでしょう。

-ㄹ 것の基本的なニュアンスと使い方

「~すること、~するもの」を表す

-ㄹ/을 것は「~すること、~するもの」などを表現する時に使います。

語彙を入れ替えた文章

저녁 식사 때 마실 우유입니다.
(夕食の時、飲む牛乳です)

語彙を入れ替える
↓↓↓

저녁 식사 때 마실 것입니다.
(夕食の時、飲むものです)

것の「もの、こと」というニュアンスを使うことで、代名詞のように語彙を入れ替えた表現が可能になります。

そのため予定を表す-ㄹ 것이다とは別に考えましょう。

動作の対象になるものを表す

-動詞の-ㄹ/을のに것を付けましょう。

動詞 + -ㄹ/을 것

사다 + -ㄹ/을 것 = 살 것
끄다 + -ㄹ/을 것 = 끌 것
버리다 + -ㄹ/을 것 = 버릴 것

먹다 + -ㄹ/을 것 = 먹을 것
찍다 + -ㄹ/을 것 = 찍을 것
입다 + -ㄹ/을 것 = 입을 것

듣다 + -ㄹ/을 것 = 들을 것
묻다 + -ㄹ/을 것 = 물을 것
돕다 + -ㄹ/을 것 = 도울 것

まずは動作の対象となるものを表現する文から覚えましょう。

이거는 다 이에요.
これは全部売るものです
(팔다)
방에 있는 물건은 다 버릴이에요.
部屋にあるものはどれも捨てるものです
(버리다)
특별히 내가 해 줄이 없어요.
特に私がやってあげることはありません
(해 주다)
크게 고칠이 없는 글입니다.
大きく直すところはない文章です
(고치다)

動詞の-ㄹ/을が苦手な人は、連体形も合わせて復習してみましょう。

「-ㄹ/을 것」にはどんな使い方がある?

「~したいと思えるもの、~する価値のあるもの」を意味する

-ㄹ/을 것は動作の対象の中でも、ある価値を持っているものに対しても使われます。

SNS에 올릴이 없어요.
SNSにアップするものがないです
시잔으로 찍을 많아요.
写真に撮るものがいっぱいです
그 식당에는 먹을 별로 없어요.
あのお店には食べるものが大してないです

こういう場合は「~するに値するもの」のようにとらえるといいでしょう。

つまり「写真に撮りたいと思えるもの」とか「食べたいと思えるもの」というニュアンスです。

대학교는 공부할 많아서 졸업하기가 쉽지 않을 거예요.
大学は勉強することが多いので、卒業は簡単ではないと思います

文によっては「やるべきこと」のような意味にもなりますが、いずれにせよ単なる動作の対象とは違うのがわかると思います。

これから起こるであろうこと、今後すべきことなどを表現する

-ㄹ/을 것が動作や行動そのものを表すこともあります。

이번에는 우리가 이길이 확실합니다.
今回は我々が勝つことは確実です
휴대전화는 전원을 을 권장합니다.
携帯電話は電源を切ることを推奨します
하루에 1시간 이상 운동할을 맹세합니다.
一日に1時間以上運動することを誓います

携帯の電源を切る、あるいは一日一時間以上運動するなど、どれも「これからのこと」を話しています。

今後起こるであろうこと、すべきことなどを表現するというイメージで考えてみましょう。

約束事や取り決めを表すこともある

これからのことについて話す時に、文の最後を-ㄹ/을 것で締めくくることで、ちょっと変わった使い方もできます。

인스턴트 식품만 먹지 말 것.
インスタント食品ばかり食べないこと
술만 마시지지 말 것.
お酒ばかり飲まないこと
화장실에서는 흡연하지 말 것.
トイレでは喫煙しないこと
마스크를 안 쓰고 외출하지 말 것.
マスクをしないで外出しないこと

今後の約束事や取り決めなどについて、このような言い方をすることもあるので、知っておくといいでしょう。

変わった使い方や間違いやすいポイント

「먹는 것」と「먹을 것」の違いは?

것を使った表現で、ややこしくなりやすいのが「-는 것」と「-ㄹ 것」です。

이거는 먹는 아니에요.
これは食べ物じゃないよ

-는は特長や性質を表し、ここでは「食べ物」という意味です。

먹을 수 있는 것(食べれるもの)のような感じで考えればいいでしょう。

냉장고에 먹을이 없어서 슈퍼로 가야 해요.
冷蔵庫に食べるものがないからスーパーに行かないと

-ㄹ 것は食べるという動作の対象を表すので、この場合「食べれそうなもの、口にするもの」というニュアンスです。

仮に「팔다」と組み合わせた場合なら?

파는 것:売り物、商品
팔 것:売るもの、売れそうなもの

팔다なら、こういう違いがあるわけです。

日本語では「飲料水」だけど韓国語では?

-ㄹ/을 것と関連して間違えやすい語彙が、음료수(飲料水)です。

韓国で음료수はジュースの類を指し、お店で注文すればサイダーやコーラなどが出てきます。

つまり음료수とは、ソフトドリンク・清涼飲料水のことです。

日本で飲料水といえば、ミネラルウオーターなど「飲むための水」ですが、韓国語で飲み水のことを言いたい時は、식수あるいは마실 것(水も含まれる)と言います。

ニュアンスの判断が難しいものもありますが、いろんな文に触れているうちに慣れていくので、少しづつ勉強していきましょう。

ちなみにミネラルウオーターは생수といいます。