連体形の「-ㄴ/은」と것を組み合わせてみましょう。

-는 것の文のように、過去の話を少し言い方を変えたのが、-ㄴ/은 것です。

것を使った表現を使いこなして、さらにレベルアップしましょう。

直訳が難しい「~したこと・もの」

「~したこと、~したもの」のような言い方

-ㄴ 것は「~したこと、~したもの」のような表現によく用いられます。

過去にあったことやものを表す

제가 이 글을 썼어요.
(私がこの文章を書きました)

言い回しを変えてみる
↓↓↓

이 글은 제가 쓴 겁니다.
(この文章は私が書いたものです)

文章を書いたという行動の話から、書いたものの話のようにメインになるものが変化します。

過去の動作の対象や結果などを表す「~したもの」

文型は動詞の-ㄴ/은にして、そこに것を付け足しましょう。

動詞 + -ㄴ/은 것

사다 + -ㄴ/은 것 = 산 것
쓰다 + -ㄴ/은 것 = 쓴 것
크다 + -ㄴ/은 것 = 큰 것

먹다 + -ㄴ/은 것 = 먹은 것
읽다 + -ㄴ/은 것 = 읽은 것
작다 + -ㄴ/은 것 = 작은 것

맵다 + -ㄴ/은 것 = 매운 것
가볍다 + -ㄴ/은 것 = 가벼운 것
무겁다 + -ㄴ/은 것 = 무거운 것

語幹のパッチムがあるかどうかで文型が変わり、文末で使用する場合は-요と-ㅂ니다を使い分けてあげます。

이 옷은 작년에 일본에서 거예요.
この服は去年日本で買ったものです
(사다)
그건 제가 한국에서 보낸 겁니다.
それは私が韓国から送ったものです
(보내다)
저 그림은 16세기 레오나르도 다 빈치가 그린 겁니다.
あの絵は16世紀レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたものです
(그리다)

基本的には過去の結果や成果物などを表すことが多いでしょう。

그 사진은 홍콩에 여행 갔을 때 찍은 거예요.
その写真は香港に旅行に行った時に撮ったものです
(찍다)
이 편지는 10년전에 친구한테 받은 거예요.
この手紙は10年前に友達からもらったものです
(받다)
샤브샤브는 소고기를 살짝 삶은 거예요.
しゃぶしゃぶは牛肉をさっと茹でたものです
(삶다)

動詞の-ㄴ/은がわからないと文が作れないので、苦手な人は合わせて復習しましょう。

「-ㄴ/은 것」のニュアンスが複雑になるのはなぜ?

過去の行動や事実「~したこと」を意味することもある

-ㄴ/은 것は「行動そのもの」を意味することもあります。

연어에 밀가루를 발라서 버터로 구운 거예요.
鮭に小麦粉をまぶして、バターで焼きました
배고파서 배달을 시킨 거예요.
お腹が空いたので出前を頼んだんです
더 이상 만나기가 싫어서 헤어진 겁니다.
これ以上会うのが嫌で別れたんです
수리가 안 돼서 결국 새차로 바꾼 거예요.
修理ができなくて結局、新車に変えたんです

過去のできごとなどを話すわけですが、事実について説明するようなイメージで考えるといいと思います。

形容詞「~なもの」と混同しやすい

-ㄴ/은 것は形容詞と用いることもあります。

매운를 좋아해서 매일 먹어요.
私は辛いものが好きで毎日食べます
가방은 가벼운이 좋을 거예요.
バッグは軽い物がいいと思います

この場合は「特徴や状況など」を意味します。

形容詞では「~なのもの」になり、動詞なら「~したもの、したこと」のようにニュアンスが全く異なるので注意しましょう。

迷ったら形容詞の-ㄴ/은を見直してみることもおすすめします。

口語と文語で使い方が変わる?

口語では変化したものをよく使う

것は話し言葉と書き言葉で形が変わりますが、-ㄴ/은 것を使う場合も同様です。

書き言葉

제가 읽은이 이 책입니다.
私が読んだのはこの本です
제가 중에서 가장 재미있는 영화였어요.
私が見た中で一番面白い映画でした

거や건など、것の部分が様々な形に変化します。

話し言葉

어제 먹은 하나도 기억이 안 나요.
昨日食べたもの一つも思い出せません
확인된 이게 다예요?
確認できたのはこれで全部ですか?

口語と文語の違いを押さえるのはもちろん、自由に使い分けができるように練習してみましょう。

口語と文語の違いを一覧にすると?

것の口語と文語を簡単にまとめると次のようになります。

文語 口語
것이
것은 거는/건
것을 거를/걸

-ㄴ/은 것だけでなく、-는 것とかでも同じような使い方はできるので、것と助詞の組み合わせを変えたりしながら、いろんなパターンの例文を作ってみるのもいいでしょう。

文語と口語の区別が必要な時はいつ?

仕事や公の場面では話し方が文語に近い、もしくは文語を使うといったことはよくあり、話す時に文語を使っても構いません。

しかし逆になると問題が出てきます。

身近なところだと、作文の試験や大学のレポートを書くといった場合ですね。

作文問題は口語が使われていると減点の対象となってしまいますので、日ごろから話し言葉と書き言葉の区別をしておくといいでしょう。

-ㄴ/은 것はいろんなパターンの文に触れながら、少しづつ慣れていきましょう。