「しょうがない、仕方ない、どうしようもない」

これらはどれも、望んでいない状況に置かれたときに出てくる言葉です。

似たようなニュアンスの表現がいくつかあるわけですが、その中でもよく使いそうなものを紹介していきたいと思います。

行き詰った時、何もできない時

どうにもできなくて、しょうがなく

어쩔 수 없다には「どうしようもない、しょうがない」という意味があります。

行き詰まって前に進めないような状況、何もできない、どうにもできない時などに使います。

어쩔 수 없었어…
仕方なかったの…

言い訳にも聞こえそうですが、ドラマを見ていたらこんなセリフが出てくることはあるかもしれません。

また어쩔 수 없이で「仕方なしに、仕方なく」のニュアンスになります。

치과 잘 다녀왔어요?
歯医者どうだったの?
예약없이는 치료를 못 받아 가지고 어쩔 수 없이 그냥 돌아왔어요.
予約なしでの治療はダメ、仕方なくそのまま帰って来たよ

仕方なく諦めるしかなかったような時に出くわしたら使ってみましょう。

どうしようもない「こと」には?

どうにもできないことや回避しようのない出来事、そのものを言いたい場合もあると思います。

차가 갑자기 내 앞에 끼어든 거예요.
車がいきなり割り込んできたんだよ
그래서 뒤에 들이박은 거에요?
それで後ろにぶつかったの?
네, 어쩔 수 없는 일이었어요.
うん、どうしようもなかったんだよ
차가 갑자기 끼어들어오면 어쩌지도 못 했겠네요.
急に割り込まれたら、どうしようもなかっただろうね

こういう時には、어쩔 수 없는 일を使うといいでしょう。

어쩔 수 없이とあわせて練習してみましょう。

어쩌지도 못 하고 그냥 지켜볼 수 밖에 없었어요.
どうすることもできず、ただ見守るしかなかったんです

ちなみに어쩌지도 못하다でも「どうすることもできない、どうしようもない」というニュアンスになります。

それしかない時、やるしかない時

他に選択肢がない、仕方なくやる

할 수 없다も「仕方ない」という意味で使う時があります。

훈련은 뭐하는 거예요?
訓練って何をするの?
산에 가서 계속 삽질을 하는 거예요.
山に行って、ずっと穴掘りをするんだよ
삽질을 계속해요?
穴掘りをずっと?
뭐 명령이면 할 수 없죠.
まあ命令なら仕方ないけどね

主に他に選択肢がないという状況で使うことが多いです。

やむをえず、他に方法がなかったら

がんばって別の方法を探したけど「他に手段がない、もうそれしかない」というような場面に出くわすこともあると思います。

잇몸이 퉁퉁 부어서 할 수 없이 치과를 다녀왔어요.
歯茎がパンパンに腫れて仕方なく歯医者に行ってきました

할 수 없이にすれば「仕方なく、どうしようもなく」というニュアンスになります。

病院が嫌いな人も、体の調子が悪ければ、医者に診てもらうしかないでしょう。

할 수 없이 남자화장실에 들어갔습니다.
他に方法がなくて、男性トイレに入りました

女子トイレが混雑して長蛇の列になっているというのはよくあることです。

しかしどうしても我慢できなくなったら、やむを得ず男性トイレを使用する人はいるかも?しれません。

他に方法がない時や意図しない状況になった場合

じっと耐えてがまんするしかない、あきらめるしかない

방법이 앖다は「どうしようもない」というニュアンスで使われます。

여름 더위를 피할 수는 없을까?
夏の暑さを避ける方法はないかな?
더우니까 여름인데 방법이 없어요.
暑いから夏だし、どうしようもないよ

夏の暑さがどうにもならないように、諦めに近いニュアンスです。

世の中なんでも思い通りにはいかないし、我慢を強いられるようなことは何度もあるでしょう。

残念ながら、不本意ながら、意図せずに

부득이하다には「不本意だ」という意味があります。

意図していたことと違う、異なる行動を迫られた場合に使います。

비가 와서 체육대회는 부득이하게 연기되었습니다.
雨のため体育祭は残念ながら延期になりました

いわゆる「残念ながら、不本意ながら」というニュアンスです。

부득이히게 급브레이크를 밟을 때가 있습니다.
意図せず、急ブレーキをかける場合がございます

やむを得ずという意味にもなりますが、高速バスに乗ればこういうアナウンスを聞くことがあると思います。

韓国で高速バスに乗る機会があったら、アナウンスに耳を傾けてみましょう。

まとめ

1.어쩔 수 없다
しょうがない
どうしようもない

2.할 수 없다
仕方ない
やむをえない

3.방법이 없다
あきらめるしかない

4.부득이하다
意図せず
やむをえず
残念ながら

実際にどれを用いるかは人によりますが、ここに出てきたことを覚えておけば、ほぼ大丈夫でしょう。