動詞を「-는」などの形にした連体形は、名詞の前に置いて使います。

例えば제가 다니는 학교(私が通っている学校)のようにですね。

ところで連体形は「것」と一緒になることも多く、これもマスターしておきたい表現です。

文型と語尾の使い方は?

「~すること」のような言い方をする

-는 것は「~すること」と言いたい時によく使われます。

것で表現の仕方を変える

나는 을 좋아해요.
(私はが好きです)

本が好きというのは「本を読むことが好き」ということ
↓↓↓

나는 책을 읽는 것을 좋아해요.
(私は本を読むことが好きです)

同じような意味でも、言い方を変える

このように表現の仕方を変えることができるのが「-는 것」です。

語尾の「-요」と「-ㅂ니다」の使い分け

動詞を「-는」にして、そこに것を付け足しましょう。

動詞 + -는 것

보다 + -는 것 = 보는 것
사다 + -는 것 = 사는 것
공부하다 + -는 것 = 공부하는 것
준비하다 + -는 것 = 준비하는 것

먹다 + -는 것 = 먹는 것
입다 + -는 것 = 입는 것
받다 + -는 것 = 받는 것
씻다 + -는 것 = 씻는 것

알다 + -는 것 = 아는 것
만들다 + -는 것 = 만드는 것

-는 것が文の最後に来た時は、요体とㅂ니다体のどちらを使うのかによって形が変わります。

취미는 미국 영화를 보는 겁니다.
趣味はアメリカの映画を見ることです
(-ㅂ니다)
제 다이어트는 아침마다 운동하는 거예요.
私のダイエットは毎朝運動することです
(-요)

文形そのものは動詞を-는にすればいいだけですが、連体形が苦手な人は復習してみましょう。

行動をたずねる疑問文はおなじみ

行動をたずねる疑問文は、ドラマなどでもよく見ると思います。

지금 뭐하는 거예요?
今、何してるんですか?
지금 뭐하시는 겁니까?
今、何されてるんですか?

これらはおなじみの表現なので、丸暗記してしまいましょう。

文によって変わる「-는 것」のニュアンス

「動作の対象」を意味する場合

-는 것は「動作の対象」を表すこともあります。

요즘 보는 것은 영어 책이에요.
最近読んでいるのは英語の本です
그 사람이 마시는 것은 녹차예요.
その人が飲んでいるのは緑茶です

것が行動の対象となるものを表しているので、比較的わかりやすい使い方だと思います。

「行動そのもの」を表す場合

直訳すると「~すること」のようになる文では、行動そのものを意味することが多いです。

외국에서 사는 거는 재미있어요.
外国に住むのは楽しいですよ
내일 지영씨가 오는 게 맞아요?
明日ジヨンさんが来るって本当ですか?
쉬는 날에 재료를 사와서 맛있는 음식을 만드는 거예요.
休みの日に材料を買ってきて、美味しいものを作るんです

文によっては「~すること」と訳せないケースもあるので、感覚的にニュアンスをとらえましょう。

「何かの特徴」を表すこともある

-는 것は「何かの特徴」を意味することもあります。

자전거도 타는 것이에요.
自転車も乗り物です
맛없는 것을 먹고 싶지 않아요.
まずいものは食べたくないです

あえて言えば「~するもの、~なもの」となりそうですが、直訳するのは難しいでしょう。

同じ表現でも状況によって意味が変わる

-는 것は、同じ表現でも違う意味になることすらあります。

요리를 하는 것보다 먹는 것을 좋아해요.
料理をするより食べることの方が好きです
지금 먹는 것이 뭐예요?
今、食べてるものは何ですか?
이건 먹는 거예요?
これは食べ物ですか?

「食べること」
「食べているもの」
「食べ物」

同じ表現でも、これらは全く意味が違いますね。

状況によってニュアンスは変化するので、-는 것が何を指しているのかを押さえることがポイントになります

「-는 것」に変えてみよう

動詞を「-는 것」に変えてみましょう。

저는 노래를 을 좋아해요.
私は歌を聴くのが好きです
(듣다)
어렸을 때는 소방관이 이 꿈이었어요.
幼い頃は、消防士になることが夢でした
(되다)
은 건강에 좋아요.
歩くのは健康にいいですよ
(걷다)
취미는 소설을 예요.
趣味は小説を書くことです
(쓰다)
때로는 도 필요합니다.
時には我慢することも必要です
(참다)
수연씨는 노래를 을 잘해요.
スヨンさんは歌を歌うのがうまいです
(부르다)
은 그냥 냅두지 마세요.
わからないことはそのままにしないでください
(모르다)
내가 은 없어요.
僕が知っていることはありません
(알다)

※答えはタップして確認できます

-는 것は直訳できない文も多いので、少しづつ練習して慣れていきましょう。