-아/어도 되다は一般的に、許可や承諾を表す時に使われます。

ところがそれ以外のニュアンスで使うことも可能で、応用もしやすい文法です。

そこで今回は、-아/어도 되다を使ったいろんなパターンをマスターしてみましょう。

許可や承諾を表す文

希望や要望が通るかどうか?

やりたいことや希望を表現する時、どんな文法を使うでしょうか?

希望や要望が通る?通らない

やりたいことが可能かどうか
현금으로 지불하고 싶어요. 괜찮아요?
(現金で支払いたいです。大丈夫ですか?)

↓↓↓

もっと簡単に表現
현금으로 지불해도 돼요?
(現金で支払っても構いませんか?)

やりたいことは「-고 싶다」を使って表現したと思いますが、言い回しを変えたと考えてみましょう。

「許可と承諾」は疑問文とで使い分けよう

되다には「大丈夫、OK」というニュアンスがあり、-아/어도(~しても)と一緒に使うことで「~してもよい」という文になります。

動詞/形容詞 + -아/어도 되다

가다 + -아/어도 되다 = 가도 돼요
크다 + -아/어도 되다 = 커도 돼요
피우다 + -아/어도 되다 = 피워도 돼요

먹다 + -아/어도 되다 = 먹어도 돼요
입다 + -아/어도 되다 = 입어도 돼요
열다 + -아/어도 되다 = 열어도 돼요

듣다 + -아/어도 되다 = 들어도 돼요
춥다 + -아/어도 되다 = 추워도 돼요

肯定文で使えば、相手に許可を与えるニュアンスになります

어거는 먹어도 돼요.
これは食べてもいいよ
(먹다)
친구 분도 같이 오셔도 됩니다.
お友達の方も一緒にお越しいただいて結構です
(오시다)

逆に疑問文にすると、承諾を求める文になります。

여기서 사진을 찍어도 돼요?
ここで写真を撮ってもいいですか?
(찍다)
창문을 조금 열어도 될까요?
窓を少し開けてもいいですか?
(얼다)

許可や承諾では、動詞と使うことが多くなります。

「許容範囲」であることを意味する

-아/어도 되다は「許容範囲」を意味することもあります。

시험전에 공부를 안 해도 되는 거에요?
試験前に勉強しなくてもいいんですか?
키가 작아도 돼요.
背が低くてもいいです
(작다)
맛은 매워도 돼요.
味は辛くてもいいです
(맵다)

「~でも問題はない」というニュアンスで、この場合なら形容詞と組み合わさること多くなります。

一歩踏み込んだ使い方をしてみよう

「괜찮다」や「좋다」と入れ替える

-아/어도 되다の「되다」を他の語彙と入れ替えても、似たような意味は表現できます。

날씨가 추워도 괜찮습니다.
寒くても大丈夫です
사진은 SNS에 올려도 좋아요.
写真はSNSにアップしてもいいですよ
내일은 늦게 일어나도 상관없어요.
明日は遅く起きても関係ありません

入れ替えることが多いのは、괜찮다・좋다・상관없다の3つです。

語彙を入れ替えたパターンも、一緒に練習してみるといいでしょう。

より具体的な文章と入れ替えて表現する

되다の部分を少しながい文章に変えて表現してみましょう。

카드가 있으면 현금이 없어도 쇼핑할 수 있어요.
カードがあれば、現金がなくても買い物できます
양치질을 안 해도 치아가 든든합니다.
歯磨きしなくても、歯が丈夫です

こんな感じで、되다から後の部分を変えます。

물세탁해도 줄어들지 않습니다.
水洗いしても、縮みません

되다や괜찮다を使えば「水洗いしても大丈夫」という意味ですが、それが「どう大丈夫なのか」を具体的に表現することも可能です。

「注文いいですか?」はどう言えばいい?

日本の飲食店で、客がオーダーを頼む際に「注文いいですか」と言うことがありますが、これを韓国語で表現したい時。

そのまま「주문해도 돼요?」とは言いたくなるかもしれませんが、韓国でそのように言う人はまずいません。

주문할게요.
注文します

とりあえずこれだけは覚えておくといいと思います。

「-아/어도 되다」にしてみよう

動詞を「-아/어도 되다」にしてみましょう。

여기
ここに座ってもいいですか?
(앉다)
안에
中にお入りになって結構です
(들어가시다)
잠깐 이 옷을
ちょっとこの服試着してもいいですか?
(입어 보다)
대답하기 싫으면 말을
答えたくないなら、言わなくてもいいですよ
(안 하다)
담배 한 대만
ちょっと一服してもいいですか?
(피우다)※한 대: 一服
이제 거예요?
もう退勤してもいいんですか
(퇴근하다)
방이 이렇게 겁니까?
部屋がこんな狭くて大丈夫なんですか?
(좁다)

※答えはタップして確認できます

部分的に表現を変えたりしながら、いろんな文を作ってみましょう。