「食事の前に手を洗いなさい」
「寝る前に歯をみがきなさい」

小さい頃、このようなことを言われた記憶はないでしょうか。

あるいは「躾」として子供に言わなければならない人もいるかと思います。

今回はこうした指示に使える表現を練習してみましょう。

「~の前」を意味する『-전』って?

漢字の전(前)を用いた表現

「~の前」を韓国語で表現したい時、-전を使います。

「A 전에 B」の文

①저는 학교에 가요.
(私は学校に行きます)

그 전에 밥을 먹어요.
(その前にご飯を食べます)

「그」の中に①が入る
↓↓↓

③저는 학교에 기 전에 밥을 먹어요.
(私は学校に行く前にごはんを食べます)

②から①の順に行動が起こることを意味する

-전は「前」の漢字を使った言葉ですが、文字通り「行動や変化が起こる」を意味します。

名詞化した動詞と使う「-기 전」

-전は、名詞形にした動詞を前に持って来ます。

動詞 + -기 전

가다 + -기 전 = 가기 전
나가다 + -기 전 = 나가기 전

먹다 + -기 전 = 먹기 전
맺다 + -기 전 = 맺기 전

공부하다 + -기 전 = 공부하기 전
운동하다 + -기 전 = 운동하기 전

動詞の語幹に-기を付け、その後ろに-전を置きます。

나가기 에 사워를 할 거예요.
出かける前にシャワーを浴びるつもりです
밥을 먹기 에 기도를 합니다.
ごはんを食べる前にお祈りをします

直訳すれば「~することの前に」のような構文になります。

저녁에 공부하기 에 식사를 해요.
夕方、勉強する前に食事をします
운동하기 에 꼭 스트레칭을 하세요.
運動する前に必ずストレッチングをしてください

語幹にパッチムがあるかどうかは関係ないので、하다動詞なら「-하기 전」にすればいいですね。

ところで動詞の-기は「~しやすい、~しにくい」と言いたい時などにも使います。

-기を忘れてしまっている人は、あわせて復習してみましょう。

必ず「-기 전」を使う必要はない

動詞の代わりに「名詞」を使ってもよい

-기は動詞を名詞化したものなので、-기の代わりに「名詞」を使っても構いません。

면접 에 반드시 확인하세요.
面接の前に必ず確認してください
며칠 에 길거리에서 민경씨를 만났어요.
数日前に道でミンギョンさんに会いました
시험 에 초콜릿을 먹고 당분을 보충하세요.
試験の前にチョコレートを食べて糖分を補給してください
※보충=補充、補給

名詞+전でも「○○の前」のようなニュアンスになります。

動詞を変形させる必要もないので、こっちの方が簡単かもしれないですね。

「時間」はおなじみの表現

名詞の中でも時間を表す言葉と一緒に「~전」を用いてもいいですね。

2시간 에 점심을 먹었어요.
2時間前にお昼を食べました
한 달 에 약혼했어요.
ひと月前に婚約しました
3년 에 교통사고를 당했어요.
3年前に交通事故に遭いました

おなじみの表現が出てくれば、文法も覚えやすくなると思います。

動詞を「~の前」にしてみる

動詞を「-기 전에」にしてみましょう。

어서 드세요.
冷める前にどうぞ召し上がって
(식다)
비가 얼른 집에 들어 왔어요.
雨が降る前にさっさと家に帰ってきました
(내리다)
다시 한 번 고향에 가고 싶습니다.
死ぬ前にもう一度故郷に帰りたい
(죽다)
조종사는 전투기가  탈출했습니다.
パイロットは戦闘機が墜落する前に脱出しました
(추락하다)
남자친구를 미용실에 다녀왔어요.
彼に会う前に美容室に行ってきました
(만나다)
계약을 계약서를 잘 읽어 보세요.
契約を結ぶ前に契約書をよく読んでください
(맺다)
연락 주세요.
退勤前に連絡ください
(퇴근하다)

※タップすると答えを確認できます

自分でいろんなパターンの文を作りながら、練習してみてください。