動詞の連体形は現在・過去・未来のどのニュアンスで用いるかによって、形が変化します。

「-는」は現在
「-ㄴ/은」は過去

そして未来のことを表すのが-ㄹ/을です。

今回は動詞を-ㄹ/을に変えた表現を練習してみましょう。

これから「~する」を表す

「どうする」を表す言葉

名詞に「どうする」の意味を付け加えるのが、連体形の-ㄹ/을です。

動詞の-ㄹ/을が意味するもの

通常の動詞の文「○○が~する」
식사 후에 약을 먹어요.
(食事の後に薬を飲みます)

動詞を名詞の前に置く
↓↓↓

順番が変わった文「~する○○」
식사 후에 먹을 약이에요.
(食事の後飲む薬です)

食後に薬を飲むという話から、食後に「読む薬」のように表現が変わる

要するに「~する○○」という文に使いられ、名詞に重点を置いた表現になるのが特徴です。

「-ㄹ/을」の使い方

-ㄹ/을も動詞の語幹と組み合わせます。

動詞 + -ㄹ/을

보다 + -ㄹ/을 =
주다 + -ㄹ/을 =
하다 + -ㄹ/을 =

입다 + -ㄹ/을 = 입
넣다 + -ㄹ/을 = 넣

살다 + -ㄹ/을 =
듣다 + -ㄹ/을 = 들을
돕다 + -ㄹ/을 = 도울

語幹にパッチムがない

이거는 이따가 집에 가서 마실 우유예요.
これは後で家に帰って飲む牛乳です
(마시다)
친구네 집들이 때 선물을 찾으려고 해요.
友達の家の引っ越し祝いにあげるプレゼントを探そうと思います
(주다)
이거는 오늘 외울 던어들이에요.
これは今日覚える単語です
(외우다)

パッチムのない動詞は、-ㄹを付けましょう。

語幹にパッチムがある

사람이 많아서 앉을 자리가 없어요.
人が多くて座る場所がないです
(앉다)
이거는 된장찌개에 넣을 재료예요.
これは味噌チゲに入れる材料です
(넣다)
놀러 갈 때 입을이 없어서 새로운 걸 사고 싶어요.
遊びに行く時に着る服がないので、新しいものが欲しいです
(입다)

語幹にパッチムがある時は、-을を使います。

変格活用の動詞と使う場合

不規則活用の動詞は、パッチムの種類に合わせて使い分けます。

ㄹパッチムの語彙

국민 모두에게 ‘ 권리‘가 있습니다.
国民すべてに「知る権利」があります
(알다)

다を除いたところに名詞が続きます。

ㄷパッチムの語彙の一部

지하철을 탈 때 들을이 들어간 음악 플레이어예요.
地下鉄に乗る時に聴く曲が入った音楽プレーヤーです
(듣다)

ㄷがㄹに変化した後、-을を使います。

ㅂパッチムの語彙の一部

더 이상 그를 도울 사람은 없을 거예요.
これ以上彼を助ける人はいないと思います
(돕다)

ㅂパッチムが우になったところに、-ㄹが入ります。

とは言っても、돕다以外に使うことはまずないでしょう。

よく使う言葉とややこしくなりやすい表現

そのまま覚えてしまいたい表現

-ㄹ/을を使った表現の中には、そのまま覚えてしまう方がいい場合もあります。

잠깐 드릴 말씀이 있습니다.
ちょっとお話したいことが
요즘은 이 많아서 정신이 없어요.
最近はやることが多くて忙しいです
영어를 배우고 싶지만 바빠서 그럴 시간이 없어요.
英語を習いたいけど、忙しくてそんな時間はありません

いちいち文型などを考えなくても、こうした言葉がすぐに出てくるようになっておきたいところです。

「-ㄹ 때」も連体形の表現の一つ

-ㄹ/을と組み合わせることの多い名詞の一つに、があります。

엑스레이를 찍을 숨을 참으세요.
レントゲンを撮る時、息をがまんしてください
로그인할 이메일 주소를 입력하세요.
ログインする時、メールアドレスを入力してください
운동할는 준비운동부터 하세요.
運動する時は準備運動からしましょう

動詞と때を組み合わせれば「~する時」になります。

つまり-ㄹ 때も「-ㄹ/을」の表現の一つであるわけです。

現在形との違いがない場合もある

組み合わせる名詞によっては、現在形「-는」と同じようなニュアンスになるケースもあります。

요즘은 바빠서 밥 먹을 시간이 없어요.
最近忙しくて、ごはんを食べる時間がないです
요즘은 바빠서 밥 먹는 시간이 없어요.
最近忙しくて、ごはんを食べ(て)る時間がないです

例えばこのような場合、食べようとする時間がないのか、食べている時間がないのか。

どちらも「食事のための時間を取れない」のは同じことです。

もしこういうパターンに出くわした時はいちいち悩まずに、どんどん話していく方がいいでしょう。

드릴 말씀のような表現は定型文として丸暗記してしまいましょう。