韓国語の連体形には動詞を使ったものと形容詞を使ったものがあります。

特にその中で動詞を用いて「過去のことを表現する」のが-ㄴ/은です。

今回は動詞を-ㄴ/은に変えるを練習してみましょう。

動詞の連体形で「~した」

「どうした」を表す言葉を名詞の前に置く

名詞に「どうした」の意味を付け加えるために、動詞を変形させたのが-ㄴ/은です。

動詞の連体形「-ㄴ/은」って?

通常の動詞の文「○○が~する」
저는 한국어 책을 읽었어요.
(私は韓国語の本を読みました)

動詞を名詞の前に持ってくる
↓↓↓

順番を入れ替えた文「~した○○です」
제가 읽은 책은 한국어 책이에요.
(私が読んだ本は、韓国語の本です)

言葉の順番が変わることで文の内容も変化しますが、早い話「~した○○」という文になります。

「ㄴ/은」の使い方

動詞を連体形にする時は、語幹のパッチムの有無で-ㄴ/은を使い分けます。

動詞 + -ㄴ/은

보다 + -ㄴ/은 =
만나다 + -ㄴ/은 = 만
공부하다  + -ㄴ/은 = 공부

먹다 + -ㄴ/은 = 먹
찍다 + -ㄴ/은 = 찍

열다 + -ㄴ/은 =
듣다 + -ㄴ/은 = 들은
돕다 + -ㄴ/은 = 도운

語幹にパッチムがない時は-ㄴを使い、パッチムがある時は-은を使います。

語幹にパッチムがない

일본에 여행 갔을 때 만난 사람이에요.
日本に旅行した時に会った人です
(만나다)
영국은 제가 태어난 나라예요.
イギリスは私が生まれた国です
(태어나다)
아까 통화한 사람은 직장 동료예요.
さっき電話した人は職場の同僚ですよ
(통화하다)

語幹にパッチムがある

제주도에 갔을 때 찍은 사진이에요.
済州島に行った時に撮った写真です
(찍다)
삶은 닭고기는 다이어트에 좋은 음식입니다.
茹でた鶏肉はダイエットにいい食べ物です
(삶다)
이거는 2차대전 때 할아버지가 친구한테 받은 편지입니다.
これは第二次大戦の時、おじいさんが友達から受け取った手紙です
(받다)

こんな感じで過去のできごとやものを表現します。

変格活用の動詞と使うなら

不規則活用の動詞は使い方が少し違います。

ㄹパッチムの語彙

비성수기는 문을 식당이 많지 않습니다.
閑散期は空いている食堂が多くありません
(열다)

パッチムのㄹが脱落し、そこに-ㄴが入ります。

ㄷパッチムの語彙の一部

20대 여성들이 가장 많이 들은 음악입니다.
20代の女性が最も聞いた音楽です
(듣다)

ㄷパッチムの語彙の一部はㄷがㄹに変化した後、-은を使います

ㅂパッチムの語彙の一部

한국전쟁 당시 한국을 도운 나라가 63개국입니다.
朝鮮戦争当時、韓国を助けた国は63ヶ国です
(돕다)

ㅂパッチムが우になったところに-ㄴが入ります。

動詞の「-ㄴ/은」で気を付けたいことや応用

形容詞の「ㄴ/은」と間違えない

-ㄴ/은の動詞と形容詞は見かけ上の使い方が同じため、混同しやすくなります。

しかし動詞の-ㄴ/은が「どうした」を表すのに対し、形容詞では「どんな」を意味します。

動詞の「-ㄴ/은」

이거는 작년에 여행 갔을 때  옷이에요.
これは去年旅行に行った時に買った服です

形容詞の「-ㄴ/은」

거기는 아주 을 많이 팔아요.
あそこにはとても安い服がたくさん売ってます

動詞:~した○○
形容詞:~な○○

形は似ていても意味は全く違うので注意しましょう。

いろんな名詞と組み合わせて使おう

-ㄴ/은はいろんな名詞と組み合わせて使いましょう。

예전에 친구랑 자주 놀러 이에요.
昔友達とよく遊びに来た場所です
대만은 제가 처음으로 혼자 여행 이에요.
台湾は私が初めて一人で旅行に行った所です
태풍이 왔지만 다행히 피해를 입은이 없습니다.
台風が来たけど幸い被害に遭ったところはありません

例えば場所を表すと組み合わせれば、いわゆる「~した所、~した場所」のようなニュアンスになります。

さらに文章をつなげれば表現は無限大になる

-ㄴ/은などの連体形は前後に様々な言葉を付けることで、表現の幅が一気に広がります。

어제 술집에서 마신이 맥주와 소주예요.
昨日居酒屋で飲んだお酒はビールと焼酎です
어렸을 때 이지만 기억이 없습니다.
幼い時住んだ所ですが、記憶にありません
동네 마트에서 구입한 고등어가 너무 맛있어서 친구들한테도 권하고 싶어요.
近所のマートで買ったサバがとても美味くて友達にも薦めたいです

文が長くなればそれだけ難易度も上がりますが、表現力もアップしていくでしょう。

-ㄴ/은を形容詞と混同してしまう人は、動詞と形容詞をよく見比べながら練習してみましょう。