「これください」
「サムギョプサル3人分お願いします」

こうした注文に使う表現といえば、-아/어 주다です。

旅行ガイドブックなどにも出てくるほどよく使う言葉で、韓国語を勉強している人なら、何かしらは知っている表現です。

韓国語の「~してあげる、~してくれる」のニュアンス

頼みごとに使うことが多いけど…

-아/어 주다は、お願いや頼み事をするときに用いることが多い表現です。

~してあげる、~してくれる

こちらが相手に
5000원으로 해 줍니다.
(5千ウォンにしてあげます)

相手がこちらに
5000원으로 해 주세요.
(5千ウォンにしてください)

状況によって、주다のニュアンスが変化する

ただし주다には「あげる」「もらう」2つの意味があるので、場ををよく見て、意味を把握する必要があります。

「-아/어 주다」の使い方

動詞を「-아/어」の形にして、そこに주다を付けましょう。

動詞 + -아/어/여 주다

닫다 + -아/어 주다 = 닫아 주다
열다 + -아/어 주다 = 열어 주다
기다리다 + -아/어 주다 = 기다려 주다

설명하다 + -아/어 주다 = 설명해 주다
입력하다 + -아/어 주다 = 입력해 주다

싣다 + -아/어 주다 = 실어 주다
돕다 + -아/어 주다 = 도와 주다

-아요/어요と同じく、語幹の母音が「ㅏやㅗ」であるか、あるいは「하다動詞」かによって、文型が変わります。

창문을 닫아 주세요.
窓を閉めてください
(닫다)
5분만 기다려 줘요.
5分だけ待って
(기다리다)
더 쉽게 이야기해 줘요.
もっと簡単に話してください
(이야기하다)
잠깐 나 좀 도와 줘.
ちょっと手伝ってくれるか
(돕다)

不規則活用の用言も「-아요/어요」の要領で使うのは同じです。

相手に対して「~してあげます」

話相手に対して「~してあげる」も、-아/어 주다で表現します。

영어를 모르면 한국어로 설명해 줄까요?
英語がわからなら、韓国語で説明してあげようか?
(성명하다)
내가 비빔밤을 만들어 줄까요?
私がビビンバを作ってあげようか?
(만들다)
내가 골라 줄까?
俺が選んであげようか?
(고르다)

-아/어 주다をそのまま使ってもいいですが、できる人は他の文法と組み合わせて練習してみましょう。

「-아/어 주다」の応用や注意点

「分かち書き」に注意しよう

「-아/어 주다」でよくやるミスといえば「分かち書き」です。

다른 것으로 바꿔 줘요.
他のものに変えて (ㅇ)
다른 것으로 바꿔줘요.
他のものに変えて (×)

「바꿔줘다」のように、주다をつけて書いてしまいがちですが、正確には「바꿔 줘다」です。

友達とのメッセージのやり取りなら問題ないですが、試験などでは意識して離して書くように心がけましょう。

「見てください」を韓国語で?

「これを見てください」を韓国語では、どう言えばいいでしょうか?

이거 좀 봐요.
これをちょっと見て

見て(見てください)は、봐요/보세요でよかったりします。

なぜなら봐 주다にすると「見逃す、許す、大目に見る」という意味になるからです。

제발 한 번만 봐 줘요.
お願いだから一回だけ見逃して
부디 예쁘게 봐 주세요.
どうか暖かく見守ってください

したがって예쁘게 봐 주세요を「かわいく見てください」にしたら、変なことになるのがわかると思います。

受け身の表現になることもある

-아/어 주다は、日本語で言う「受け身」のニュアンスで使うこともあります。

남자친구가 요리를 해 줬어요.
彼に料理を作ってもらいました
이건 여자친구가 사 줬어요.
これは彼女に買ってもらたんだ
민경씨가 이 책을 찾아 줬어요.
ミンギョンさんにこの本を探してもらったんです

こうした受け身の文は「相手が(自分に)~してくれる」の形で表現することになります。

日本語にはない言い方なので、少しづつ慣れていきましょう。

「-아/어 주다」を敬語で使う場合は?

「~してくれる」には尊敬語の『-시』をつけよう

-아/어 주다をで敬語で使うなら、-시を付けましょう。

문을 열어 주세요.
ドアを開けてください
할머니가 길을 가르쳐 주셨어요.
おばあちゃんに道を教えてもらいました
예수님이 병을 고쳐 주셨어요.
イエス様が病気を治してくれたんです

こちらに「~してくれる」という文の場合は、尊敬語にする必要があるので、주다を「주시다」にしましょう。

「~してあげる」は謙譲語にして表現

「~してあげる」を敬語で使う場合は、주다の部分を「드리다」に変えます。

일정이 바뀌면 알려 드릴게요.
日程が変わったらお知らせします
바로 교환해 드립니다.
すぐに交換いたします

謙譲語の「~いたします」の文には、-아/어 드리다を使うと覚えてもいいと思います。

「-아/어 주다」の文を作ってみよう

「-아/어 주다」を使って、文を作ってみましょう。

짐은 차에
荷物は車に乗せて
(싣다)
설거지는 나한테
皿洗いは俺に任せてよ
(맡기다)
여기에 연락처를
ここに連絡先を書いてください
(적다)
저를 (한 번만)
私を(一度)信じてください
(믿다)
여기에 별을 하나
ここに星を一つ描いてください
(그리다)
이 문장을
この文章を読んでください
(읽다)
제 고민을
私の悩みを聞いてください
(듣다)
제가 사진을
僕が写真を撮ってあげましょうか?
(찍다)

※タップすると答えが確認できます。

「~してください」は、いろんなパターンを練習してみるのもいいでしょう。