ルールブック

パッチムと次に来る音により、子音同士がぶつかると、必ず発音に変化が起こります。

激音化や濃音化もその一つですが、これらにはある程度「規則やパターン」があります。

今回は、激音化や濃音化が起こるパターンと練習について話していきます。

Ads

激音と激音化

激音化が起こる理由と組み合わせ

激音(ㅋㅌㅍㅊ)とは、強く息を吐き出しながら発声する音のことです。

そして激音化とは、平音(ㄱㄷㅂㅈ)が激音(ㅋㅌㅍㅊ)に変わることをいい、ㄱㄷㅂㅈがㅎと一緒になった時に、激音化が起こります。

平音(ㄱㄷㅂㅈ)+ ㅎで激音化

ㅎパッチム + ㄱㄷㅂㅈ
좋다 → 조
않다 → 안
싫다 → 실

ㄱㄷㅂㅈパッチム + ㅎ
축하 → 추
입학 → 이
못하다 → 모

ㅎがない限り激音化は起こらない

「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」が「ㅋ、ㅌ、ㅍ、ㅊ」になるのは、ㅎが激音の特性を持っているからで、激音の特性とは「息を強く吐き出す」ことでした。

つまり、「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅈ」に「激音の息の吐き方」が加り、「ㅋ、ㅌ、ㅍ、ㅊ」になるということです。

激音化の練習は連音化の練習の延長

激音化の感覚を掴むために、「ㄱㄷㅂㅈ+ㅎ」の組み合わせの単語を使って練習してみましょう。

축하、입학のような単語です。

激音化の練習

ㅎの代わりにㅇを入れたもの(축아、입악)と、発音を比べてみましょう。

息の吐き方の違いを意識し、平音と激音とに枝分かれしていく感覚を掴んでいきます。

連音化や激音がちゃんとできていないと、激音化もできません。

苦手な人は、まずは激音の練習から始めましょう。

Ads

濃音と濃音化

濃音化の基本パターン

濃音化は、文字通り「平音から濃音」に変わることを言います。

濃音化にもパターンがあり、次の条件を満たす組み合わせでは、必ず濃音化が起こります。

濃音化の条件

1.パッチムに「ㄱ、ㄷ、ㅂ」を含む
2.次に来る音が「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅅ、ㅈ」

국밥[국] クッパ
읽고[일] 読んで
잊고[읻] 忘れて
웃고[욷] 笑って
옆집[엽] 隣の家
덥개[덥] カバー
있다[읻] いる・ある

パッチムがㅅでも発音が「ㄷ」であれば、濃音化は起こります。

その他の濃音化のパターン

次の条件の時は濃音化が起こる時がありますが、100%ではありません。

「こういう語彙もある」という参考にしてください。

パッチムㄴ、ㅁにㄱ、ㄷ、ㅅ、ㅈ

신다[신따] 履く
앉다[인따] 座る
젊다[점따] 若い

다、감다、굶다、옮다のような受け身や使役の単語の接詞の場合は濃音化は起こりません。

パッチムㄹにㄷ、ㅅ、ㅈ

갈듬[갈뜽] 葛藤
절대[절때] 絶対
말살[말쌀] 抹殺
물질[물찔] 物質
발전[발쩐] 発展/発電

漢字語の発音になります。

ただし、절하다[절절하다]・허허실[허허실실]のような、同じ漢字が二度続くような組み合わせだと、濃音化は起こりません。

※허허실실=相手の弱点を非難し、優位に立とうとすること

パッチムㄼ、ㄾにㄱ、ㄷ、ㅅ、ㅈ

넓다[널따] 広い
핥다[할따] なめる
훑다[훌따] 扱く
떫다[떨;따]  渋い

丸暗記するしかないでしょう。

-(으)ㄹにㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅅ、ㅈ

-할 거에요[할 꺼에요]
-할 수 있다[할 쑤 있다]
-할지[할찌]

連体形の「ㄹ/을」の後に子音がくるパターンですが、「할 거야」を「할 꺼야」と間違えて書く韓国人も多いです。

濃音化のパターンをすべて覚えるのは不可能

濃音化のパターンを覚えて、考えながら話すというのは、ほぼ不可能です。

とりあえずは「パッチム+子音」の形になったら、濃音化するかもと考えましょう。

いちいち考えていたら、会話どころではありません。

発音を繰り返しながら、「濃音化する単語」を体で覚えていきましょう。

Ads

予測不能の濃音化

パターンに当てはまらない濃音化

ここまで紹介したものは「濃音化が起きる条件」のあるものです。

しかし、濃音化が起きない条件にもかかわらず、濃音で発音している単語があります。

김밥[김] キ
물가[물] 物価
대가[대] 対価
장기[장] 特技

おなじみの「김밥」も、濃音化が起こる原則にはまったく当てはまりません。

濃音化するかしないかで意味が変わる

同じつづりでも、発音によってで全く違う意味になる場合もあります。

장기[장] 特技
장기[장] 将棋

こういう単語は、普段から濃音と平音の違いをしっかりと意識しましょう。

さいごに

激音化は組み合わせに「ㅎ」がないと起こらないので、覚えやすいと思います。

しかし濃音化には例外も多すぎて、暗記するは無理でしょう。

文字を頭の中に思い起こして、そこから発音を考えるのではなく、できるだけ声を出して「音そのもの」を体で覚ましょう。

短期間でできるものではないので、少しづつ練習してください。