「書いてみる」
「試してみる」
「練習してみる」

日本語の「~してみる」に相当する韓国語といえば、-아/어 보다です。

-아/어(~して)+ 보다(みる)のように、日本語に訳しやすいからですね。

今回は、-아/어 보다のいろんなパターンを練習してみましょう。

試しに何かをしてみる「試行」

試してから「どうするか」を考える

「-아/어 보다」は、試しに何かをしてみるという意味でよく使われる表現です。

試しにやってみる

이 책을 읽어요.
(この本を読みます

↓↓↓

이 책을 한 번 읽어 봅니다.
(この本を一回読んでみます)

試行的なニュアンスの文になる

「試す」の言葉通り、一度行動してみる、ひとまずやってみるといった試行的なニュアンスが強い表現です。

行動を促すこともある

-아/어 보다は「行動」を表す文法なので、動詞と一緒に使いましょう。

動詞 + -아/어/여 보다

가다 + -아/어 보다 = 가 봐요
오다 + -아/어 보다 = 와 봐요
받다 + -아/어 보다 = 받아 봐요

먹다 + -아/어 보다 = 먹어 봐요
입다 + -아/어 보다 = 입어 봐요
마시다 + -아/어 보다 = 마셔 봐요

생각하다 + -아/어 보다 = 생각해 봐요
검색하다 + -아/어 보다 = 검색해 봐요

-아요/어요に보다が付くだけなので、文型はさほど難しくはないでしょう。

다음 주 병원에 가 보려고 해요.
来週病院に行ってみるつもりです
(가다)
이 차를 마셔 볼게요.
このお茶を飲んでみます
(마시다
한 번 입어 보세요.
一回着てみてください
(입다)
네이버로 검색해 봐요.
ネイバーで検索してみて
(검색하다)

-세요のような命令文と一緒に使われることも多く、その場合は「~してみてください」と、行動を促すことになります。

また-아/어 보다は、한 번(一度、一回)などと一緒になることも多いです。

分かち書きに注意しよう

-아/어 보다で、間違えやすいのが「分かち書き」です。

한 번 써 보세요.
一回使ってみてください (ㅇ)
한 번 써보세요.
一回使ってみてください (×)

つい「보다」をくっつけて、書いてしまう人はたくさんいます。

SNSやメッセンジャーでのやり取りなら、多少間違っても問題はないですが、作文問題などの場合は気をつけましょう。

「-아/어 보다」にはこんな意味もある

「経験してみる」というニュアンス

一度何かをやってみることから、時には「経験」を意味することもあります。

경주에 가 봤어요?
慶州に行きました?
일본에 가면 차를 빌리고 운전해 보세요.
日本に行ったら車を借りて、運転してみてください

こういう場合は、試してみるのではなく、経験してみる・体験してみるというニュアンスです。

したがって命令文であれば、体験してみることを促すというニュアンスになります。

제주도에 가면 흑돼지를 먹어 보고 싶어요.
済州島に行ったら、黒豚を食べてみたいです

あるいは「-고 싶다」と一緒に使えば、経験してみたいという意志を表します。

「見る」の場合はどうなる?

보다を「-아/어 보다」と使う時は、文型をどのようにすればいいでしょうか。

이거 좀 맛 봐 봐요.
これちょっと味見してみて
이거 좀 맛 보세요.
これちょっと味見してみてください

보다の場合、-아/어 보다と使うこともあれば、そうでないケースもあります。

周りがどんな話し方をするのかを見ながら、自分なりのスタイルを作っていってもいいでしょう。

「~してみる」に訳せない文もある

-아/어 보다の文の中には「~してみる」と訳するのが難しい文もあります。

은지씨가 설명을 해 보세요.
ウンジさんが説明をしてください
잠깐 일로 와 봐.
ちょっとこっちに来なさい
※일로=여기로
전 이만 가 볼게요.
私はもう行きますね
여기서 잠깐 기다려 봐요.
ここでちょっと待ってて
비닐장갑을 꼭 껴 보세요.
ビニール手袋を必ずつけてください

直訳のしようがない文ですが、それでも無理やり訳すなら「何か動作をして、それを相手に見せる」といったところでしょうか。

こういう場合であれば、そのまま「~する」と解釈しても問題ありません。

「-아/어 보다」にしてみる

動詞を「-아/어 보다」の形にしてみましょう。

심심할 때 이 노래를
暇な時にこの歌を聴いてみて
(듣다)
한 번
一度会ってみてください
(만나다)
한 번
一回挑戦してみますか?
(도전하다)
제 생각을 한 번
私の考えを一度話してみます
(이야기하다)
선생님한테 
先生に聞いてみてください
(묻다)

ちょっと考えてみます
(생각하다)

※タップして答えを確認

日本語と同じにはならないニュアンスもありますが、いろんな文を作って練習してみましょう。