「赤いりんご」
「青いシャツ」
「おいしい料理」

これらはすべて、名詞の前に「どんな」を意味する言葉が付いたもので、こうした表現によく使われるのが形容詞です。

今回は形容詞を用いて「どんな」を表現してみましょう。

形容詞の連体形って?

形容詞は名詞の前に来ると変形する

形容詞を簡単に言うと、名詞が「どんなものか」を表す言葉です。

形容詞の連体形って?

通常の形容詞の文「○○がどうだ」
커피가 뜨거워요.
(コーヒーが熱い)
머리가 노래요.
(髪が黄色い)

名詞の状態を表す言葉の
位置が変わる
↓↓↓

連体形の形容詞の文「どんな○○」
뜨거운 커피.
(熱いコーヒー)
노란 머리.
(黄色い髪)

形容詞は「名詞の状態」を表しているわけですが、文中での位置が変わると「形」が変わります。

そしてその変形に用いるのが「ㄴ/은」です。

連体形「ㄴ/은」の作り方

形容詞の連体形は、語幹に「ㄴ/은」をつけます。
※ここでは「連体形」と呼ぶことにします

形容詞 + -ㄴ/은

크다 + -ㄴ/은 =
싸다 + -ㄴ/은 =
슬프다 + -ㄴ/은 = 슬

좋다 + -ㄴ/은 = 좋
작다 + -ㄴ/은 = 작

길다 + -ㄴ/은 =
빨갛다 + -ㄴ/은 = 빨
뜨겁다 + -ㄴ/은 = 뜨거운

パッチムなし

가격이 고기는 맛이 없어요.
値段の安い肉は美味しくありません
(싸다)
슬픈 이야기를 들었어요.
悲しい話を聞きました
(슬프다)

語幹にパッチムがない時は、-ㄴを付けましょう。

パッチムあり

은경씨는 좋은 사람이에요.
ウンギョンさんはいい人です
(좋다)
테이블 위에 작은 상자가 하나 있습니다.
テーブルの上に小さな箱が一つあります
(작다)

語幹にパッチムがある場合は、-은を付けます。

変格活用の形容詞

変格活用の形容詞と「ㄴ/은」の使い方です。

ㄹパッチム

머리가 여자가 있어요.
髪の長い女性がいます
(길다)

パッチムのㄹが脱落し、そこに「ㄴ」が入ります。

ㅎパッチム

빨간 사과를 먹어요.
赤いりんごを食べます
(빨갛다)

パッチムのㅎが脱落し、そこに「ㄴ」が入ります。

ㅂパッチム

저는 매운 음식을 좋아해요.
僕は辛いものが好きです
(맵다)

パッチムのㅂが우に代わり、そこに「ㄴ」が入ります。

連体形にはこういう使い方もある

指示語を連体形にすると?

指示語や疑問詞などにも「ㄴ/은」は使えます。

이런이 너한테 안 어울려요.
こういう服はお前には似合わないよ
그런 사람이 되고 싶지 않아요.
そんな人にはなりたくないです

이렇다や그렇다も、連体形になるということですね。

어떤 선물을 주면 좋을까요?
どんなプレゼントをあげればいいかな?

어떻다に「ㄴ/은」をつければ、어떤です。

「過去の話」でも使い方は同じ

過去の話をする時でも、文型(使い方)は同じです。

늦은 시간에 일어났어요.
遅い時間に起きました
어려운 문제가 나왔어요.
難しい問題が出ました

これは形容詞が「状態」を表す言葉だからです。

名詞も連体形にできる?

이다や아니다に「ㄴ/은」を使えば、名詞を連体形のようにすることも可能です。

변호사 친구가 있어요.
私は弁護士の友達がいます
세계 1등 이유가 뭘까요?
世界一の理由は何だろうか?
회원이 아닌 사람도 이용이 가능합니다.
会員でない人も利用が可能です

「弁護士である友達」
「世界一である理由」
「会員でない人」

こうした使い方も知っておくと、表現が広がるでしょう。

「ㄴ/은」にしてみよう

形容詞を「ㄴ/은」の形にしてみましょう。

이거는  가방이 아니에요.
これは高いバッグじゃないですよ
(비싸다)
색의 모자를 써요.
黒い色の帽子をかぶります
(검다)
항상 가방을 들고 다녀요.
いつも重いかばんを持ち歩いてます
(무겁다)
거를 안 좋아해요.
僕は甘いものが好きではありません
(달다)
그건 아주 문제예요.
それはすごい簡単な問題ですよ
(쉽다)
샤츠를 입고 나가요.
白いシャツを着て出かけます
(하얗다)

※タップすると解答例が見れます

形容詞と名詞の順番を入れ替えたりしながら、いろいろ練習してみましょう。