人が行動する時、そこには必ず「目的」があります。

「買い物をしよう」と出かける
「友達と話をしよう」と電話をかける
「カップ麺を食べよう」とお湯を沸かす

そんな行動に伴う目的を韓国語で表現してみましょう。

韓国語の「~しようとする」

やろうとする意志や姿勢を表す

-려고 하다は行動しようとする意志・姿勢を表します。

ものごとに対する取り組み方を表現

도서관에서 공부해요.
(図書館で勉強します)

やろうとしている
やろうと思っている
↓↓↓

도서관에서 공부하려고 해요.
(図書館で勉強しようと思います)

ものごとに対する意志や姿勢が出る

いわゆる「~しようとする、~しようと思う」に相当する文法です。

ちょうど「~するところ」の意味で使う

行動の目的を表すので、-려고 하다は動詞と一緒に使います。

動詞 + -(으)려고 하다

가다 + -려고 하다 = 가려고 해요
사다 + -려고 하다 = 사려고 해요
공부하다 + -려고 하다 = 공부하려고 해요

먹다 + -려고 하다 = 먹으려고 해요
입다 + -려고 하다 = 입으려고 해요
신다 + -려고 하다 = 신으려고 해요

놀다 + -려고 하다 = 놀려고 해요
듣다 + -려고 하다 = 들으려고 해요

ニュアンスとしては「ちょうど~することろ」といった感じになります。

パッチムなし

마트에서 우유와 빵을 사려고 해요.
マートで牛乳とパンを買うところです
(사다)
나도 친구를 만나려고 해요.
私も友達に会うところです
(만나다)
친구랑 같이 영화를 보려고 합니다.
友達と一緒に映画を見るところです
(보다)

語幹にパッチムのない単語には-려고 하다を使い、パッチムのある語彙には-으려고 하다を付けます。

パッチムあり

지금 막 손을 씻으려고 해요.
ちょうど今、手を洗うところです
(씻다)
물을 끓이고 컵라면을 먹으려고 해요.
お湯を沸かしてカップラーメンを食べるところです
(먹다)
아이가 양말을 신으려고 합니다.
子供が靴下を履こうとしています
(신다)

語尾は해요や합니다を使い分けていきましょう。

変格活用の例

우리도 클럽에서 놀려고 해요.
私たちもクラブで遊ぼうと思ってたところです
(놀다)
심심해서 라디오라도 들으려고 합니다.
暇なのでラジオでも聴くところです
(듣다)

変格活用の語彙はパッチムが何かによって、それぞれに合った形で-(으)려고 하다を組み合わせます。

変格活用や未来に対する意思表示にもなる

-려고 하다にはもう一つ、未来に対しての意思表示としてのニュアンスもあります。

오늘은 일찍 자려고 해요.
今日は早く寝ようと思います
쓰레기는 내일 아침에 버리려고 해요.
ゴミは明日の朝に捨てるつもりです
학교를 졸업하면 취직하려고 해요.
学校を卒業したら就職しようと思います

今後どうするのかといった話にも使うことができます

したがって「今行動するところなのか、後の行動について考えているのか」といったニュアンスも意識しながら使うといいでしょう。

「-려고 하다」は基本通りには使わないことも多い?

過去にやるつもりだった「~しようとした」

-려고 하다はやろうとしていることが過去だった時にも使えます。

6시에 일어나려고 했어요.
6時に起きようとしました
3년전에 영어를 배우려고 했어요.
3年前に英語を習おうとしました
잊으려고 했습니다.
すべて忘れようとしました

-려고 하다の「하다」の部分が過去形になっていることで、以前何かをしようとした、何かをするつもりだったことがわかると思います。

ただ実際には行動しなかったので「~するつもりだった」という文になります。

「하다」がよく省略される

会話では-려고 하다の「하다」が省略されることもあります。

새로 휴대폰을 바꾸려고요.
新しく携帯を変えるつもりだよ
카페에서 아르바이트를 하려고요.
カフェでアルバイトするつもりです
차는 집에 놓고 가려고.
車は家に置いていくつもりだよ

하다をなくして-려고にするか、あるいは-요を付け足して-려고요で使うことが多いです。

いずれにせよ会話ではこうした「短縮形」が頻繁に出てきます。

하다の部分が他の言葉に変わる

-려고 하다を変形させて使うことも多いです。

편지를 쓰려고 펜을 들었습니다.
手紙を書こうとペンを取りました
책을 돌리려고 도서관에 갈 거예요.
本を返すのに図書館に行くんです
엄마랑 같이 마시려고 맥주를 샀어요.
母と一緒に飲もうとビールを買いました

하다から後ろの部分が他の表現に置き換えられているのがわかると思います。

ただ日本語でも「~しようと・・・する」のような表現はあるので、同じ感覚で考えれば理解できるかと思います。

基本形を覚えたら、応用も少しづつ練習していきましょう。