-아서/어서は「理由」を説明する時によく使われる文法です。

ところがこの文法には「順番」のニュアンスもあり、時間の流れに沿った行動や出来事について話す時にも用いられます。

時系列に沿って話をする

順番を意味する「-아서/어서」のニュアンス

-아서/어서はある動作をして、そこから次の行動が始まる時に使われます。

順番に話をするって?

①사무실에 가요.
(事務室に行きます)

그래서 물어 보세요.
(そうして聞いてください)

①+②
↓↓↓

③사무실에  물어 보세요.
(事務室に行って聞いてください)

事務室に行き、そこから次の行動である「質問」が始まる

前の出来事が次の動作や状態のきっかけになるので、何かをして「それが次にどうなるか」を意識してみましょう。

順番の「-아서/어서」はニュアンスが一つじゃない?

順番のニュアンスでは動詞のみと組み合わせます。

動詞 + -아서/어서/여서

사다 + -아서 = 사
찾다 + -아서 = 찾아서
만나다 + -아서 = 만나

입다 + -어서 = 입어서
새우다 + -어서 = 새워서

운동하다 + 여서 = 운동해서
공부하다 + 여서 = 공부해서

文型は理由を表す時と同じですが、順番の-아서/어서はざっくり言うと「手段や方法」について話します。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」である

얼른 와서 밥 먹어요.
はやく来てごはん食べなさい
(오다)
병원에 가서 백신을 맞을 거예요.
病院に行ってワクチンを打ってもらうつもりです
(가다)
친구를 만나서 같이 밥 먹고 영화도 봤어요.
友達に会って一緒にご飯食べて映画も見ました
(만나다)

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外である

밤을 새워서 작업을 했습니다.
徹夜で作業をしました
(새우다)
한국어와 일본어를 섞어서 이야기했습니다.
韓国語と日本語を混ぜて話しました
(섞다)
이거는 장인이 시간과 수고를 들여서 만든 가구입니다.
これは職人が手間と時間をかけて作った家具です
(들이다)

하다動詞である

열심히 운동해서 살을 뺐어요.
一生懸命運動して痩せました
(운동하다)
일주일만 공부해서 시험에 합격했어요.
1週間だけ勉強して試験に合格しました
(공부하다)
열심히 일해서 돈을 많이 벌고 싶어요.
一生懸命働いてお金をたくさん稼ぎたいです
(일하다)

「作業のために徹夜した、試験に合格するために勉強した」など、それぞれ後半の内容のための手段になっていることがわかると思います。

順番の「-아서/어서」のここに注目しよう

理由を表す文法と考えることもできる?

順番の-아서/어서も大きな視点で見ると、理由を表す文法とも言えます。

감자를 튀겨서 만든 요리예요.
じゃがいもを揚げて作った料理です
돈을 찾아서 새로운 가방을 샀어요.
お金をおろして新しいバッグを買いました
중국산을 국산으로 위장해서 판매하면 걸립니다.
中国産を国産と偽って販売すれば捕まります
친구들을 불러서 집들이를 하려고 합니다.
友達を呼んで引っ越し祝いをしようと思います

前半の行動は後半の内容の理由を表すと考えこともできるからです。

ところで-아서/어서は日本語にすると「~して」になるため、-고と間違えやすくなります。

-아서/어서と-고を混同しないためには、前後の関連性にも注目してみましょう。

形容詞と使うと「理由」になる

順番を意味する場合の-아서/어서を形容詞と使ってはいけません。

배가 불러서 더 이상 못 먹어요.
お腹がいっぱいでこれ以上食べれません (理由)
회사랑 집이 멀어서 매일 일찍 일어나요.
会社と家が遠くて毎日早く起きます (理由)

形容詞と組み合わさると、理由を意味する文になってしまいます。

文のニュアンスが変わってしまうので注意しましょう。

-아서/어서はちょっとややこしい文法かもしれませんが、ちょっとづつ練習しましょう。