韓国語で「自分」

日本語の「自分で」というのは、それ一つでいろんなニュアンスの文に使える便利な言葉です。

ところが韓国語の場合、文に応じた語彙の使い分けが必要になり、その分難易度が上がります。

韓国語の「自分で」を意味する表現は、誰について話しているのかを意識することが大事です。

自分自身のことについて話す場合

「自分で~する」のような文には「내가、제가」を使おう

自分のことを話す時はを使いましょう。

이 찌개는 내가 만들었어요.
このチゲは自分で作ったんです
그 시계는 해외여행갔을 때 제가 산 거예요.
その時計は海外旅行に行った時に自分で買ったんです
내가 할 일은 내가 해야지.
自分のことをは自分でしないとね

こんな感じで「私が~する」という文を作ればいいだけで、パターンとしては最も簡単で使いやすいでしょう。

직접や혼자서を付け足して表現する

自分の話をする時に직접혼자서などの言葉をつけ加えることもあります。

현장에는 내가 직접 갈게요.
現場には私が直接行きますよ
제가 사무실에 직접 전화해서 물어봤어요.
私が事務所に自分で電話して聞きました
이 옷은 제가 혼자서 골랐습니다.
この服は私が自分で選びました
직접:自分で直接、自ら行う
혼자서:自分一人で、自分自身の手で成し遂げる

言葉を付け足さなくても、文全体の意味は変わりません。

言い方や文の種類が多少変わっても、自分のことには「나や제」を使うという原則を押さえておきましょう。

自分で「勝手にやる」なら알아서 하다

自分で「勝手にやる、自己責任で行う」という場合には알아서 하다がいいでしょう。

내 일은 내가 알아서 정합니다.
自分のことは自分で決めます
이거는 내가 알아서 할테니까 넌 손데지마요.
これは私がやっておくから、あなたは手を出さないでね
그건 내가 알아서 할 거고 너한테는 상관없는 일이야.
それは私のことであって、あなたには関係ないことだよ

これも직접や혼자서と同じく、알아서がなくても文章は成り立ちます。

自分自身について話す「스스로や자신」を使った表現もある

自分のことを話す時に스스로자신といった表現を使うことがあります。

스스로가 무서울 때가 종종 있습니다.
最近私は自分で自分が怖くなります
저는 제 스스로가 성격이 좋지 않다고 생각해요.
私は自分で自分の性格が良くないと思っています
내 자신에 대한 자신감을 가지는 것도 중요합니다.
自分自身に対して自信を持つのも大事です

こういうケースは一つのパターンとして覚えてしまうといいでしょう。

ただこれも「난 내가 무섭다」のように、스스로や자신を使わなくても意味の通じる文は作れます。

相手や第三者について話す場合

相手の名前や一般名詞などを使えばOK

相手や第3者について話をする場合、その人の名前などを使えばOKです。

이건 민경씨가 만든 거예요?
これはミンギョンさんが自分で作ったの?
그 팔찌 언니가 직접 디자인한 거예요?
そのブレスレットはお姉ちゃんが自分でデザインしたの?
그 집은 민기씨 아버님이 혼자서 설계를 하셨대요.
あの家はミンギさんのお父さんが自ら設計したらしいですよ

自分の話の時と同じく、직접や혼자서はあってもなくても構いません。

代名詞を使った「自分で」は定番

相手や第三者の名前以外には代名詞も使えます。

니 건강은 니가 지켜야 하는 거야.
自分の健康は自分で守りなさい
그 사람이 알아서 한대요.
あの人が自分で勝手にやるそうですよ
니가 알아서 한다고 했잖아요.
お前が自分でやるって言ったじゃないか

自分のことに「나」を用いるなら、相手のことには「너」を使うということですね。

他に「彼、彼女」といった3人称の言葉でも、似たような文は作れます。

その他の「自分で」を表す語彙もある

名前や代名詞の他にも「自分で」のような意味で使える言葉はあります。

자기가 직접 돈 주고 산 거래요.
自分でお金を払って買ったものだそうです
환경문제에 대해서 자신의 생각을 쓰십시오.
環境問題について自身の考えを書きなさい
자기가 먹은 건 자기가 치우는 게 원칙입니다.
自分で食べたものは自分で片づけるのが原則です

ここでの자기자신は特定の誰かを指すわけではない、一般的な「自分」というニュアンスです。

자기は恋人を呼ぶ際の二人称としても使いますが、それとは分けて考えましょう。

ここで紹介した表現だけでも「自分で」の大抵のニュアンスはかなりカバーできるので、ぜひマスターしてください。