理由を表わす表現-니까を練習してみましょう。

-니까は「~だから、~ので」のように、-아서/어서と並んでよく使われます。

-니까がどのような場面で用いられるのかを押さえて、使いこなしていきましょう。

「~だから」の韓国語

理由を表す接続詞の文を一つにする

まずは次の2つの文を見てください。

二つの文を一つにする

①송이씨는 18살이에요.
(ソンイさんは18歳です)

그러니까 술을 마시면 안 돼요.
(だからお酒を飲んだらだめだよ)

①+②
↓↓↓

③송이씨는 18살이니까 술을 마시면 안 돼요.
(ソンイさんは18歳だからお酒を飲んだらだめだよ)

그러니까は前の文の内容を理由や根拠にするための接続詞です。

그러니까を使って2つの文で表現していたものを、一つにまとめたものが-니까と考えましょう。

根拠や前提を表す文を作る

-니까は動詞や形容詞などと組み合わせます。

動詞/形容詞 + -(으)니까

오다 + -(으)니까 = 오니까
걸리다 + -(으)니까 = 걸리니까
바쁘다 + -(으)니까 = 바쁘니까

많다 + -(으)니까 = 많으니까
있다 + -(으)니까 = 있으니까
먹었다 + -(으)니까 = 먹었으니까

멀다 + -(으)니까 = 머니까
덥다 + -(으)니까 = 더우니까
뜨겁다 + -(으)니까 = 뜨거우니까

語幹にパッチムがあるかどうかで、-니까-으니까を使い分けます。

오늘은 비가 오니까 파전이라도 먹으러 가요.
今日は雨が降ってるからパジョンでも食べに行こうよ
(오다)
시간은 있으니까 천천히 이야기하세요.
時間はあるから、ゆっくり話してください
(있다)
단 거 많이 먹었으니 운동해야 돼요.
甘いものいっぱい食べたから運動しないといけません
(-았/었)

-니까は自分の考えや意見を話す時に使うので「~なのでこう思う、~だからそうしよう」のような文になります。

また-까が省略されることもあります。

名詞には「이다」を使う

名詞には이다を使うので、それに-니까を組み合わせましょう。

비싼 이니까 아껴서 마셔야 합니다.
高いお酒だから大事に飲まないといけません
효진이는 영어전공이니까 영어를 잘하는 거예요.
ヒョジンは英語専攻だから英語が上手なんですよ
오래된 기계니까 제대로 작동하지 않을 거예요.
古くなった機械だからちゃんと動かないと思います

またパッチムのない名詞では「이」を省略してしまいましょう。

変格活用の用言の場合

変格活用の語彙も、それぞれのパッチムに合わせて対応します。

ㄹパッチムの語彙

비바람이 심하게 부니까 밖으로 나가지 맙시다.
雨風がすごいから外に出ないようにしましょう
(불다)

ㄹパッチムが脱落し、そこへ-니까が入ります。

ㅂパッチムの語彙

뜨거우니까 조심하세요.
熱いから気をつけて
(뜨겁다)

ㅂパッチムが우になったところに、-니까が入ります。

ㄷパッチムの一部

같은 걸 계속 물으니까 좀 짜증나요.
同じことずっと聞くからちょっとイラつきます
(묻다)

ㄷがㄹに変わり、そこに-으시が加わります。

「-니까」はどんな文章によく使われる?

命令文や勧誘文によく使う

-니까は自分の考えや意見が中心になるので、命令文や勧誘文によく使われます。

그 영화는 이미 봤으니까 다른 거 봐요.
その映画はもう見たから他のもの見ようよ
난 배 부르니까 니가 먹어.
私はお腹いっぱいだからあなたが食べなよ
더우니까 에어컨을 켜자.
暑いからエアコンちょっとつけよう

命令文などで根拠や理由を述べるのは自然なことですね。

ただし-아서/어서を命令や勧誘文には使いません。

文末に来る場合には「-요」が付く

-니까が文末に来る場合は-요が付くこともあります。

이건 제가 맡은 일이니까요.
これは私が引き受けた仕事だからです
거기서 현장까지는 가까우니까요.
家から近いからです
우리한테는 그럴 시간이 없으니까요.
私たちにそんなことしてる時間はないからです

「~だからです」のような文になるケースですね。

また似たような使い方として、-아서/어서に-요が付くことがあります。

命令や勧誘の文には-니까ということだけは覚えておきましょう。