もう一つの「理由」を表わす表現の練習です。

-니까は「~だから、~ので」のように、-아서/어서と並んでよく使われます。

-니까がどのような場面で用いられるのかを押さえて、使いこなしていきましょう。

Ads

「~だから」の韓国語

「-니까」を用いた会話例

こじ-L

그게 뭐야?
それ何?

みか-R

이건 마스크팩이요.
これはパックだよ

こじ-L

뭐를 그렇게 많이 샀어?
なんでそんなにたくさん買ったの?

みか-R

화장품 세일이 있었는데 싸니까 많이 사 버렸어.
化粧品のセールがあったんだけど、安いからいっぱい買っちゃった

こじ-L

근데 그걸 다 혼자 쓸 거야?
でもそれ全部一人で使うつもり?

みか-R

아니, 절반은 내가 쓰고 나머지는 친구한테 줄 거야.
いや、半分は私が使って、残りは友達にあげるよ

理由を表す接続詞の文を一つにする

-니까の文は、次のように考えてみましょう。

二つの文を一つにする

①배가 고파요.
(お腹が減ってます)

그러니까 피자를 시켰어요.
だからピザを頼みました)

①+②
↓↓↓

③배가 고프니까 피자를 시켰어요.
(お腹が減ってるからピザを頼みました)

그러니까(だから)は、前の文の内容を理由や根拠に後の話をするための接続詞ですが、그러니까を使って2つの文で表現していたものを、一つにまとめたものが「-니까」です。

したがって、ニュアンスは그러니까とほぼ同じと考えて構いません。

Ads

「-니까」の使い方

根拠や前提を表す

-니까は、動詞や形容詞と組み合わせます。

動詞/形容詞 + -(으)니까

오다 + -(으)니까 = 오니까
이다 + -(으)니까 = 이니까
걸리다 + -(으)니까 = 걸리니까
바쁘다 + -(으)니까 = 바쁘니까

많다 + -(으)니까 = 많으니까
있다 + -(으)니까 = 있으니까
먹었다 + -(으)니까 = 먹었으니까

멀다 + -(으)니까 = 머니까
덥다 + -(으)니까 = 더우니까
뜨겁다 + -(으)니까 = 뜨거우니까

-니까が意味するのは、根拠や前提です。

悟-R

바쁘니까 못 올 거예요.
忙しいので来れないと思います

이현빈-R

시간은 많으니까 천천히 찾아 볼게요.
時間はたくさんあるから、ゆっくり探してみます

김선아-R

단 거 먹었으니까 운동해야 돼요.
甘い物食べたから運動しないといけません

簡単に言えば「~なのでこう思う、ああしてみます」という話をする時に使います。

命令文や勧誘文によく使う

-니까は、命令文や勧誘文にもよく使われます。

김영주-L

뜨거우니까 조심하세요.
熱いから気をつけて

김철수-L

더우니까 에어컨을 좀 켜자.
暑いからエアコンちょっとつけよう

최지현-L

이 영화는 봤으니까 다른 거 봐요.
この映画は見たから、他のもの見ようよ

한상우-L

난 배 부르니까 네가 먹어.
俺はお腹いっぱいだから君が食べなよ

命令などの前に、根拠や理由を述べるのは、自然なことですね。

ただし、同じ「~だから」という表現でも、-아서/어서を命令や勧誘文には使いません。

名詞には「이다」を使う

定番ですが、名詞の場合は이다に「-니까」を組み合わせましょう。

兵士-R

비싼 이니까 아껴서 마셔야 합니다.
高い酒だから大事に飲まないといけません

박기영-R

중요한 이니까 꼭 읽어주세요.
大事なことなので、必ず読んでください

강소영-R

전공이 영어니까 영어를 잘하는구나.
専攻が英語だから、英語がうまいんだね

パッチムのない名詞と使う場合は「이」を省略し、-니까をそのまま付けてしまいましょう。

もちろん省略しなくも構いません。

Ads

「-니까」にはこんなパターンもある

「-니까」と「-니」はどう違う?

-니까の文は「까」が省略されることがあります。

なび-L

오늘은 피곤하니 내일 전화할게요.
今日は疲れてるので明日電話します

八百-L

그는 성실한 사람이니 성공할 거예요.
彼は真面目な人だから成功すると思います

양승희-L

이건 맛있으니 한 번 먹어 봐요.
これおいしいから、一回食べてみて

까がないからと言って、意味が変わるわけではありません。

文末に来る場合に「요」が付く

-니까が文末に来る場合は「요」が付くこともあります。

이소룡-R

시간이 없으니까요.
時間がないからです

황수지-R

제가 맡은 일이니까요.
私が引き受けた仕事だからです

김선아-R

집에서 가까우니까요.
家から近いからです

早い話「~だからです」のような文です。

また、同じようなパターンで「-아서/어서」を使う場合も、最後に「요」が付くことがあります。

「-니까」にしてみる

動詞や形容詞を「-니까」にしながら、文を完成させてみましょう。
※答えはタップして確認できます

최지현-L

집에서 쉴 거예요.
風邪をひいてるから家で休もうと思います

이현빈-L

일찍 집을 나가요.
職場まで遠いので、早く家を出ます

김영주-L

먹어도 돼요.
十分火は通ったから、食べても大丈夫です

박석중-R

술 마시지 마.
お前は学生だから酒飲むんじゃないぞ

김대호-R


あのゲームは面白くないから消しました

박기영-R


雨が降ってるとパジョンが食べたくなりますね

まとめ

1.根拠や前提を話す

2.命令文や勧誘文とよく使う

3.文末では「요」が付くこともある

命令や勧誘の文には「-니까」ということだけは、覚えておきましょう。