独学かどうかに関わらず、韓国語を学んでいる人や語学に関心のある人が、ひと昔前と比べて、だいぶ増えたように思います。

インターネットの普及もあり、誰でも簡単に語学学習を始めやすい環境になったからでしょうか。

ところで、語学学習を始めるのはいいけど「教科書選び」で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、教材の選び方や独学で勉強する人向けの教科書などを紹介していきたいと思います。

Ads

教材を選ぶ前に覚えておこう

教材は「基礎文法」を学ぶためのもの

語学学習では、文法と語彙を人間の「骨と肉」に例えることがあります。

まず「文法」という骨(ベース)があって、そこに「語彙」が肉付けされていくイメージですね。

このバランスが崩れてしまうと、語学に必要な4つの機能(聞く・話す・読む・書く)が、うまく伸びていきません。

したがって、まず教科書選びでは「基礎文法を身につけるためのものを探す」という意識を持つといいでしょう。

メインとなる教科書を一つ決める

韓国語学習の教材は多種多様です。

そのため「いろんな本を使って勉強した方が、幅広く勉強できていいのでは?」と考えている人もいるでしょう。

ところが、教科書はあれこれ手を出しすぎてしまうと、かえってどれも中途半端になりがちです。

教材は「一冊をじっくり勉強」していく方が、結果的には力がついていきます。

単語帳などは「おまけ」と考える

勉強に単語帳を使っている人も多いと思います。

空き時間にちょっと見れるといった「手軽さ」は、単語帳のメリットでもあります。

ただし単語帳は、語彙を増やすためのものであり、基礎文法を身につけるためのものではありません。

単語帳を使う時は、基礎文法を学ぶ教材の「おまけ」として活用するといいでしょう。

Ads

教材は語学堂や韓国語学院のものがおすすめ

教科書の内容のバランスがとれている

結論から言うと、独学で韓国語を学ぶ人が教科書を買うなら、語学堂や韓国語学院で使われている教材にするのが無難でしょう。

語学堂や韓国語学院の教科書は、基礎文法の解説や説明・練習などが、バランスよく組まれているからです。

要するに「インプットとアウトプット」を考慮して作られているということですね。

迷ったら、語学堂や韓国語学院の教科書を選んでみましょう。

語学堂と韓国語学院って?

韓国にある語学学校は、次の2つに分類されます。

1.語学堂
大学付属の語学学校

2.韓国語学院
民間で経営されている学習塾のようなところ

基本的には、韓国語学院よりも語学堂の方が授業内容は難しくなります。

文法は学習する「順番」も重要

教材選びにおいては、文法をどのような「順番」で学んでいくのかも大事です。

九九ができなないと「かけ算や割り算」ができないように、初級でいきなり難しい文法が出てきても覚えられません。

また「文法」と言っても、難易度はもちろん、会話(口語)でよく使うものと作文(文語)に用いるものなど様々です。

語学堂や韓国語学院の教科書は、これらを順序よく学べるよう構成されているわけです。

進みながらも「過去の復習」ができる

教科書は、過去に習った文法なども、ある程度復習できるように作られています。

新しいことを学びつつも復習する?

新しい文法の練習の際、過去に習った文法を混ぜることで「復習の効果」も期待できます。

①以前「-고 싶다」という文法を覚えた
・영어를 잘하고 싶어요.
(英語がうまくなりたい

②今回は「-면」を学習する
・시간이 있으면 저도 가요.
(時間があれば私も行きます)

↓↓↓

③「-면」の練習に「-고 싶다」を取り込む
・영어를 잘하고 싶으면 열심히 공부하세요
(英語がうまくなりたいなら、一生懸命勉強してください)

「一度学習した内容に戻って、また次に進んで」を繰り返すため、らせん効果と呼ばれます

こうした理由からも、文法を「学ぶ順番」は非常に大事になってきます。

Ads

「韓国語学院の教材」を使ってみよう

「初級から上級まで」がそろっているものにする

せっかく教科書を選ぶなら、初級から上級までを扱っている教材にしましょう。

最初に「一冊をじっくり勉強」する方がいいという話をしましたが、レベルが上がった時に教材を他のものに変えると、そこで文法を学ぶ順番がバラバラになってしまいます。

文法は「学習する順番も大事」という話にもつながっていくため、教科書は一貫して同じもの使った方が、結局は最短で学ぶことができます。

もちろん「あえて他の教材を使う」というのであれば、話は別です。

学校独自の教材がすべていいとは限らない?

学校によっても、文法を学習する順番や内容は異なります。

これは語学堂や韓国語学院、それぞれで教え方や指導方針が違うためです。

そのため、語学堂や韓国語学院の教材であれば、なんでもいいというわけでもありません。

また、教材によっては韓国でしか手に入らないものもあります。

他校で使うことも考慮した教材にしよう

語学堂や韓国語学院の教材は、おおまかに次の2つに分けることができます。

・その学校でしか使わないもの(語学堂に多い)
・他校でも使われているもの(韓国語学院に多い)

基本的に教材は「学校独自のもの」ですが、他校で使われていない教科書は、解説が英語もしくはハングルで書かれているものが多く、初級から自分で勉強しようとする人には不向きです。

その点、韓国語学院の教材は解説も日本語で書かれているので、独学で学ぶ人には取り組みやすいでしょう。

Ads

独学に向いている教材はどれ?

「カナタ韓国語学院」の教科書がおすすめ

ここまでの教材選びに関する話を踏まえた上で、これから韓国語の教材を購入するのであれば、カナタ韓国語学院の教科書が無難だと思います。

カナタ韓国語学院は、ホンデに位置する学院で、教材はこの学院が独自で開発したものです。

教材をすすめる理由としては、独学の人向けの教科書選びの条件を満たしていることと、日本でも比較的購入しやすい教材でもあるからです。

初級レベルの教科書

カナタ韓国語学院の教科書は、初級・中級・上級の3つに分かれ、英語版・日本語版・中国語版があります。

NewカナタKOREAN FOR JAPANESE 初級1

NewカナタKOREAN FOR JAPANESE 初級1 MP3CD付き(韓国本)
著 者:カナタ韓国語学院
出 版:Language PLUS
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

初級レベル1の教科書で、mp3の音声ファイルが付属で付いてきます。

NewカナタKOREAN FOR JAPANESE 初級2

NewカナタKOREAN FOR JAPANESE 初級2 MP3CD付き(韓国本)
著 者:カナタ韓国語学院
出 版:Language PLUS
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

初級レベル2の教科書です。

カナタKOREAN 初級1

カナタKOREAN 初級1
著 者:カナタ韓国語学院
出 版:国書刊行会
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

日本で出版された、初級レベル1の教科書です。

カナタKOREAN 初級2

カナタKOREAN 初級2
著 者:カナタ韓国語学院
出 版:国書刊行会
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

同じく日本で出版された、初級レベル2の教科書です。

中級レベルの教科書

中級レベルの教科書も、初級と同じく2冊あります。

NewカナタKOREAN FOR JAPANESE 中級1

著 者:カナタ韓国語学院
出 版:Language PLUS
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

韓国で出版された中級レベル1の教科書で、こちらも音声ファイルが付属されています。

NewカナタKOREAN FOR JAPANESE 中級2

韓国語教材★NEWカナダKOREAN FOR JAPANESE 中級2(+CD:1)
著 者:カナタ韓国語学院
出 版:Language PLUS
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

韓国で出版された、中級レベル2の教科書です。

カナタKOREAN 中級1

カナタKOREAN 中級1 (9784336062055)
著 者:カナタ韓国語学院
出 版:国書刊行会
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

日本で出版された、中級レベル1の教科書です。

上級レベルの教科書

上級からは、解説もすべて韓国語になります。

NewカナタKOREAN for Foreigners 上級1

著 者:カナタ韓国語学院
出 版:Language PLUS
内 容:全30課
付 属:CD1枚(MP3)
詳しく見る

韓国で出版された、上級レベル1の教科書です。

NewカナタKOREAN for Foreigners 上級2

著 者:カナタ韓国語学院
出 版:Language PLUS
内 容:全28課
付 属:CD2枚
詳しく見る

韓国で出版された、上級レベル2の教科書です。

さいごに

ここで紹介した教材が「自分に合うかどうか」は、使ってみないとわからない部分はあります。

しかし、やみくもに教科書を選ぶよりはいいでしょう。

教材選びで迷っているのであれば、一度使ってみてはいかがでしょうか。