「晴れると思うよ」
「雨が降るだろうと思う」

こんな感じの話を初級レベルの人がしたい時、どんな文法を用いればいいでしょうか。

こういう時に便利なのが「-ㄹ 것이다」です。

-ㄹ 것이다には予定や計画の他にもニュアンスがあり、今回はもう一つの「-ㄹ 것이다」を練習してみましょう。

推測に基づく話をする

予想していることを話す

-ㄹ 것이다には、自分が今後どうするか考えていることについて話すという意味がありました。

しかし他人の場合ならどうでしょう。

人のことはわからない

自分の話
나는 백화점에 갈 거예요.
私はデパートに行くつもりです

これが他の人の話になったら?
↓↓↓

他人の話
그 사람은 백화점에 갈 거예요.
彼はデパートに行くと思います

人のことはその人にしかわからない

自分の話題なら「こうします」と言えますが、人のことはその人にしかわかりません。

つまり自分から見て「こうするだろう」という話になるので、推量や憶測を意味することになります。

「-ㄹ 것이다」の使い方

文型は予定を話す場合と同じです。

動詞/形容詞 + -(으)ㄹ 것이다

오다 + -ㄹ 것이다 = 올 거예요
바쁘다 + -ㄹ 것이다 = 바쁠 거예요
따뜻하다 + -ㄹ 것이다 = 따뜻할 거예요

먹다 + -ㄹ 것이다 = 먹을 거예요
없다 + -ㄹ 것이다 = 없을 거예요

만들다 + -ㄹ 것이다 = 만들 거예요
듣다 + -ㄹ 것이다 = 들을 거예요
춥다 + -ㄹ 것이다 = 추울 거예요

-ㅂ니다体で話す時は「-ㄹ 겁니다」
タメ口で話すのなら「-ㄹ 거야」

語幹にパッチムがなければ「-ㄹ 거예요」を、パッチムがあれば「-을 거예요」を使いましょう。

パッチムなし

이따가 비가 올 거예요.
この後、雨が降ると思います
(오다)
연필씨는 여기서 버스를 탈 거예요.
ヨンピルさんは、ここからバスに乗ると思います
(타다)

パッチムあり

다니엘씨는 저녁을 혼자 먹을 거예요.
ダニエルさんは夕食を一人で取ると思う
(먹다)

変格活用の用言など

민기씨는 집에서 음악을 들 거예요.
ミンギさんは家で音楽を聞くと思います
(듣다)
생일은 다 같이 케이크를 만들 거예요.
誕生日は、みんな一緒にケーキを作ると思います
(만들다)

活用形がどのようになるかは、辞書などで調べながら覚えていきましょう。

形容詞にも使える

-ㄹ 것이다は「推測」のニュアンスになると、形容詞と一緒に使うこともできます。

은경씨는 주말이 바쁠 거예요.
ウンギョンさんは、週末は忙しいと思う
(바쁘다)
올해 겨울은 따뜻할 겁니다.
今年の冬は暖かいと思います
(따뜻하다)
다음 주는 추울 겁니다.
来週は寒いと思います
(춥다)

形容詞を使った時は、無条件に「予想」を話すことになります。

「-ㄹ 것이다」のポイント

主語に気を付けよう

推測の「-ㄹ 것이다」は、自分(我々)以外が主語になります。

수연씨는 집에 있을 거에요.
スヨンさんは家にいると思います(推測)
나는 집에 있을 거에요.
私は家にいるつもりです(予定)

自分が主語になると、推測ではなく「予定」を意味することになります。

まったく違う文になるので、注意しましょう。

名詞には「이다」を使おう

名詞と使いたい場合は、이다に「-ㄹ 것이다」を付けましょう。

저 사람은 외국인일 거예요.
あの人は外国人だと思います
그 사람도 대학생일 거예요.
その人も大学生だと思います

名詞+이다で「~です」となりますが、これを他の文法と一緒に使うのは定番ですね。

過去のことについて推測する

すでに起こったことを、推測しながら話す場合です。

지난 여름은 엄청 더웠을 거예요.
昨年の夏は、ものすごい暑かっただろうと思います
1시간전에 도착했을 거예요.
1時間前に到着してると思う
그 때 너는 태어나지 않았을 거야.
その時、お前は生まれていないはずだぞ

過去形の-았/었/였に「-을 것이다」を付ければ、「~だっただろう、すでに~だろう」のようなニュアンスになります。

「-ㄹ 것이다」にしてみよう

用言を「推測の形」に変えてみましょう。

자리는 거의
座席はほとんどないと思います
소금이 더
塩がもっと必要だろうと思います
나이는 나보다
歳は俺より若いと思うぞ
이번 시험은 문제도
今回の試験は、問題も簡単だろうと思います
내일은 눈이 
明日は雪が降らないと思うぞ
아마도 사이즈가 
おそらくサイズが大きいと思う

※答えはタップしてチェックできます

推測の「-ㄹ 것이다」は、動詞よりも形容詞と一緒に使うことの方が多い気がします。