「今日は晴れると思うよ」
「明日は雨が降ると思う」

こんな感じの話をしたい時に便利なのが-ㄹ 것이다です。

-ㄹ 것이다には予定や計画の他に、もう一つの使い方があります。

推測に基づいた話をする

他人についての話になったら?

以前-ㄹ 것이다を使って、自分が今後どうするか、その時考えていることについて話すというのを解説しました。

ところでもしこれが「他人のこと」についての話題だったらどうでしょう。

人のことはわからない

自分の話
나는 백화점에 갈 거예요.
私はデパートに行くつもりです

他の人の話になったら?
↓↓↓

他人の話
그는 백화점에 갈 거예요.
彼はデパートに行くと思います

人のことはその人にしかわからない

人のことはその人にしかわかりません。

つまり自分から見て「こうするだろう」という話になるので、推量や憶測で話をすることになります。

第三者を主語にした話になる

推測の-ㄹ 것이다では、自分(我々)以外が主語になります。

動詞/形容詞 + -(으)ㄹ 것이다

오다 + -ㄹ 것이다 = 올 거예요
바쁘다 + -ㄹ 것이다 = 바쁠 거예요
따뜻하다 + -ㄹ 것이다 = 따뜻할 거예요

먹다 + -ㄹ 것이다 = 먹을 거예요
없다 + -ㄹ 것이다 = 없을 거예요

만들다 + -ㄹ 것이다 = 만들 거예요
듣다 + -ㄹ 것이다 = 들을 거예요
춥다 + -ㄹ 것이다 = 추울 거예요

-ㅂ니다体で話す時は「-ㄹ 겁니다」
タメ口で話すのなら「-ㄹ 거야」

語幹にパッチムがなければ-ㄹ 거예요を、パッチムがあれば-을 거예요を使いましょう。

パッチムなし

이따가 비가 올 거예요.
この後、雨が降ると思います
(오다)
내일은 눈이 안 내릴 거예요.
明日は雪が降らないと思います
(내리다)
연필씨는 여기서 버스를 탈 겁니다.
ヨンピルさんはここからバスに乗るはずです
(타다)

パッチムあり

수연씨는 집에 있을 거에요.
スヨンさんは家にいると思いますよ
(있다)
자리는 거의 없을 겁니다.
座席はほとんどないと思います
(없다)
민수씨는 오늘도 혼자 저녁을 먹을 거예요.
ミンスさんは今日も一人で夕食を取ると思います
(먹다)

具体的なものから抽象的なものまで、比較的なんでも主語になります。

変格活用の用言など

不規則活用の語彙も、変化の仕方は自分の予定について話す時と同じです。

ㄹパッチムの語彙

그 카페라테는 매우 달 거예요.
そのカフェラテはすごい甘いと思います
(달다)

ㄷパッチムの語彙の一部

오빠는 집에서 음악을 들 거예요.
お兄ちゃんは家で音楽を聞くと思います
(듣다)

ㅂパッチムの語彙

올해 여름은 작년보다 더울 겁니다.
今年の夏は去年より暑いと思います
(덥다)

活用形がどのようになるかはNaver辞書などで簡単に調べられるので、わからない単語はその都度確認しながら練習しましょう。

推測の「-ㄹ 것이다」のポイント

名詞には「이다」を使おう

-ㄹ 것이다を名詞と使いたい場合は、-이다を加えましょう。

저 사람은 외국인일 거예요.
あの人は外国人だと思います
그 사람도 대학생일 거예요.
その人も大学生だと思います
저 중식집은 맛집일 거예요.
あの中華料理店はおいしい店だと思います

「名詞+이다」を他の文法と一緒に使うのは定番なので、必ず覚えてください。

形容詞にも使えるので表現できることは多い

推測のニュアンスになると、形容詞と-ㄹ 것이다を使うこともできます。

은경씨는 주말은 바쁠 거예요.
ウンギョンさんは週末忙しいと思う
그 바지는 나한테는 클 거예요.
そのズボンは私には大きいと思います
올해 겨울은 따뜻할 겁니다.
今年の冬は暖かいと思います

形容詞を使った時は無条件に予想のニュアンスになります。

過去のことについて推測する

-ㄹ 것이다を使って、すでに起こったことを推測しながら話すこともあります。

단수는 이미 복구됐을 겁니다.
断水はすでに復旧しているはずです
팀원들은 1시간전에 도착했을 거예요.
チームのメンバーは1時間前に到着してると思います
그 때 너는 태어나지 았을 거야.
その時、お前は生まれていないはずだぞ

過去形の-았/었/였と組み合わせることで、「~だっただろう、すでに~だろう」のようなニュアンスになります。

推測の-ㄹ 것이다も予定のニュアンスと同じく、ぜひマスターしてください。