「こっちが塩で、そっちが砂糖です」
「お酢はこの瓶で、みりんはその瓶です」
「これと、それと、あれと…」

このような話の特徴は、後にいくらでも話が続いていくことです。

どんどん話を並べていくことから、並列あるいは列挙の表現などと呼ばれます。

「並列・列挙」の表現

どんどん話をつなぎ合わせる

「-고」は、複数の内容を並べて話す時に使う表現です。

話を並べるって?

①민기씨는 잘 생겨요.
(ミンギさんはイケメンです)

그리고 성격도 좋아요.
(それに性格もいいです)

그리고 일도 잘 해요.
(あと仕事もできます)

①+②+③+…
↓↓↓

④민기씨는 잘 생기 성격도 좋 일도 잘 해요.
(ミンギさんはイケメンで、性格もよくて、それに仕事もできます)

いくつもの文を並べて、それらをつなげていく

イメージとしては、그리고(それと、さらに)を使って追加した文を、1つにつなぎ合わせてくような感じです。

「-고」の使い方

並列表現は、動詞や形容詞の語幹に「-고」を付けましょう。

動詞/形容詞 + -고

가다 + -고 = 가
싸다 + -고 = 싸
이다 + -고 = 이
만나다 + -고 = 만나

닫고 + -고 = 닫
입다 + -고 = 입
둥글다 + -고 = 둥글
건강하다 + -고 = 건강하

찾았다 + -고 = 찾았고
맞았다 + -고 = 맞았고
이었다 + -고 = 이었고
공부했다 + -고 = 공부했고

パッチムの有無を気にする必要はありません。

친구를 만나 영화도 볼 거예요.
友達に会って、映画も見るつもりです
(만나다)
한국 음식은 싸 맛있어요.
韓国の料理は安くておいしいです
(싸다)
수정씨는 예쁘 착합니다.
スジョンさんはかわいくて優しいです
(예쁘다)
많이 공부도 열심히 했어요.
いっぱい寝て、勉強も一生懸命しました
(잤다)

過去形と使う時は、-았/었/였の後ろに「-고」を付けます。

名詞には「이다」を使う

-고と一緒に使いたい語彙が「名詞」の場合は、이다を使います。

아버지는 쉰 한 살이고 어머니는 마흔 여덟 살입니다.
父は51歳で、母は48歳です
신발은 36000원이었고 바지는 49000원이었어요.
靴は36000ウォンで、ズボンは49000ウォンでしたよ

名詞の後ろに이다をつけ、そこに「-고」を組み合わせましょう。

つまり、○○이고のようになります。

아버지는 의사 어머니는 교수예요.
父は医者で、母は教授です

ただしパッチムのない名詞の場合は、そのまま「-고」をつけます。

「-고」にはこんな使い方もある

最後だけ過去形にする

主語が同じ、あるいは一つのことに対して話をする時、過去の話題であれば、文末のみ過去形にしてしまいましょう。

요리가 저렴하 맛있었어요.
料理が安くて、おいしいかったです
카페는 사람이 없 조용했어요.
カフェは人がいなくて、静かでした

こうすることで、文章がよりスマートになります。

口語では「-요」が付く時もある

-고に「-요」をつけて、-고요と話す場合もよくあります。

여기는 비가 많이 오고요 습도가 높아요.
ここは雨がたくさん降って、湿度が高いです
2층에는 남자 화장실은 없고요 여자 화장실만 있습니다.
2階に男性トイレはなく、女性トイレのみあります

芸能人のインタビューなどでも「~고요」はよく出てくるので、どんな話し方をしているか注目してみるのもいいでしょう。

発音が「-구」になることもある

本来「-고」と言うべきところを、「-구」と発音する人も多いです。

깨끗하 조용한 방이에요.
綺麗で静かな部屋です
대현씨 고향은 인천이 은경씨는 서울 출신이에요.
テヒョンさんの地元は仁川で、ウンギョンさんはソウル出身です

これはソウルを中心とする地域(京畿道)の人たちが使う「訛り」です。

標準語の発音ではないので、当然辞書にも載っていないし、アナウンサーなどがこういう話し方をすることはありません。

「-고」に変えてみよう

動詞や形容詞などを「-고」に変えてみましょう。

공항은 사람이 복잡해요.
空港は人が多いし、複雑です
(많다)
매일 일찍 일어나요.
毎日、早寝早起きです
(일찍 자다)
언니는 동생은 대학생이에요.
姉は看護師で、弟は大学生です
(간호사)
공기가 경치가 아름다운 곳입니다.
空気が綺麗で、景色が美しいところです
(깨끗하다)
여름은 더운 계절이에요.
夏はジメジメして暑い季節です
(습하다)
나만 정복을  친구들은 양복을 입었어요.
僕だけ制服を着て、友達はスーツを着ました
(찍다)

※答えはタップしてチェックできます

基本は「-고」なので、練習する時は「-구」ではなく、ちゃんと発音するよう心がけましょう。