「AだからBです」
「CなのでDだと思います」

人に何かを説明したり、意見を伝えたりするというのは大事なことです。

だからこそスムーズに話ができるようになりたいものですが、韓国語でもできるよう練習してみましょう。

原因や理由などを話す文法

「~なので・・・です」という構図の文になる

-아서/어서は原因や理由などを話す時に使う文法です。

原因や理由を示すって?

①너무 바빠요.
(すごく忙しいです)

그래서 공부를 못 해요.
(なので勉強できません)

①+②
↓↓↓

③너무 바빠서 공부를 못 해요.
(すごく忙しいので勉強できません)

그래서は前に出てきた話を理由にして、後に話をつなげていきますが、これらを1つにした文と考えてみましょう。

「-아/어요」と使い方が似ている

-아서/어서は動詞や形容詞の語幹と組み合わせます。

動詞/形容詞 + 아서/어서/여서

사다 + -아서 = 사서
좋다 + -아서 = 좋아서
아프다 + -아서 = 아파서

먹다 + -어서 = 먹어서
춥다 + -어서 = 추워서
예쁘다 + -어서 = 예뻐서

공부하다 + 여서 = 공부해서
필요하다 + 여서 = 필요해서

使い方は-아요/어요と似ていて、語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」かどうかによって文型が決まります。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」

방이 좁아서 좀 불편해요.
部屋が狭くて少し不便です
(좁다)
옷을 많이 사서 월급날까지 돈이 없어요.
服をいっぱい買ったので、給料日までお金がありません
(사다)

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外

많이 먹어서 배가 불러요.
たくさん食べてお腹いっぱいです
(먹다)
술을 많이 마셔서 속이 안 좋아요.
飲みすぎて具合が悪いです
(마시다)

하다の用言

언니는 착해서 남자들한테 인기 많아요.
姉は優しくて男性にモテます
(착하다)
많이 취해서 혼자서 못 걸어요.
すごい酔ってるので一人で歩けません
(취하다)

-아요/어요が理解できていないと活用の変化についていけなくなるので、-요体の基本が不十分な人は、この機会に復習しましょう。

変格活用も「-아요/어요」のルールで

不規則活用の用言も、使い方は-아요/어요とほぼ一緒です。

10시간 동안 계속 걸어서 다리가 아픕니다.
10時間ずっと歩いたので、足が痛いです
(걷다)
아내가 문을 잠가서 안에 못 들어갑니다.
妻が鍵をかけたので、中に入れません
(잠그다)

それぞれの不規則活用のパターンに則って変化したところに-아서/어서をつけることになります。

名詞と「-아서/어서」を使いたい時は?

名詞には「-이어서」を使う

-아서/어서も名詞と使う場合は-이다を用います。

저 손목시계는 한정판이어서 엄청 비싸요.
あの腕時計は限定版なのですごい高いです
다음 주는 친구 생일이어서 선물을 살 거예요.
来週は友達の誕生日なのでプレゼントを買うつもりです

-이다を-아서/어서のルールに則って変化させれば、-이어서となります。

名詞には「-라서」も使える

-이어서の代わりに-라서を使うことも多いです。

내가 다이어트중이라서 케이크는 참아요.
ダイエット中なのでケーキは控えてます
그는 아직은 미성년자라서 술을 마시지 못합니다.
彼はまだ未成年なので酒は飲めません

パッチムがある名詞の場合には이が入り、-이라서となります。

「-아서/어서」はここに気を付けよう

過去の話でもそのままでOK!

-아서/어서でありがちなミスが、過去形の文で使う時です。

-아서/어서と過去形?

어제는 너무 바빴어요.
(昨日はすごく忙しかったです)

-요と-서を入れ替えるだけ?
↓↓↓

어제는 너무 바빴어서 (×)
(昨日はすごく忙しかったので)

過去の話をする時、-았/었어서にはならない

そのまま現在形に-아서/어서を使いましょう。

어제는 내가 너무 바빠서 전화를 못 했어요.
昨日はすごく忙しくて電話できなかったんです
슈퍼가 문을 닫아서 두부를 못 샀습니다.
スーパーが閉まって豆腐を買えませんでした

そして文の最後を過去形にしてあげます。

命令文や勧誘文には使えない

-아서/어서は命令文や勧誘文には使えないことにも注意すべきです。

바닥이 미끄러워서 조심해요.
床が滑るから気をつけて (×)
김치가 너무 매워서 먹지 마십시오.
キムチがすごい辛いので食べないでください (×)

うっかり命令文に使わないよう気を付けましょう。

-아서/어서を使って、さっそく韓国語で何かを伝えてみましょう。