人に何かを説明をする機会というのは、誰でもあると思います。

「Aだから、Bです」
「Cなので、Dです」

こういう時、スムーズに話ができると、相手はこちらの考えをすぐに理解することができます。

今回は、筋道を立てて話をする時に必要となる文法です。

Ads

原因や理由などを言いたい

「-아서/어서」を使った会話

황수지-L

대호씨는 운동을 자주 해요?
テホさんは運動はよくしますか?

김대호-R

전에는 수영을 많이 했어요.
僕は、前は水泳をよくやりました

김대호-R

그런데 요즘은 시간이 없어서 수영을 못 해요.
ところが最近は時間がなくて、水泳できないです

김대호-R

수지씨는 운동을 해요?
スジさんは運動するんですか?

황수지-L

저는 달리기를 해요.
私はランニングをします

황수지-L

가족들이 운동을 좋아해서 일주일에 두 번 정도 같이 운동을 해요.
家族が運動が好きで、1週間に2回くらい一緒に運動しますよ

「-아서/어서」はこう考えよう

-아서/어서は、原因や理由などを言いたい時に使う文法です。

原因や理由を示すって?

①요즘 너무 바빠요.
(最近すごく忙しいです)

그래서 공부를 못 해요.
(なので勉強できません)

①+②
↓↓↓

③요즘 너무 바빠서 공부를 못 해요.
(最近すごく忙しいので勉強できません)

「~なので・・・です」という構図の文になる

그래서(それで、なので)を使った文は、前にした話を理由に、後から続く内容について説明することが多いですね。

「-아서/어서」は、これらを1つにした文と考えてみましょう。

Ads

理由の「-아서/어서」の使い方

基本は「-아요/어요」と同じ

動詞や形容詞の語幹に「-아서/어서」を付けましょう。

動詞/形容詞 + 아서/어서/여서

찾다 + -아서 = 찾아서
좋다 + -아서 = 좋아서
아프다 + -아서 = 아파서

먹다 + -어서 = 먹어서
춥다 + -어서 = 추워서
예쁘다 + -어서 = 예뻐서

공부하다 + 여서 = 공부해서
필요하다 + 여서 = 필요해서

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」であるかによって、-아서-어서のどちらを使うのかが変わります。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」である

강소영-L

옷을 많이 사서 월급날까지 돈이 없어요.
服をいっぱい買ったので、給料日までお金がありません

이소룡-L

날씨가 좋아서 공원에 놀러 갈 거예요.
天気がいいので、公園に遊びに行くつもりです

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外

김대호-R

많이 먹어서 배가 불러요.
たくさん食べたので、お腹いっぱいです

최지현-R

약속이 있어서 못 가요.
約束があるので行けません

하다を使う用言

양승희-L

피망을 싫어해서 먹고 싶지 않아요.
ピーマンは嫌いなので、食べたくないです

김영주-L

계란이 부족해서 사러 가요.
卵が足りないので、買いに行きます

「-아요/어요」の요を서に変えるとも言ってもいいので、-요体の基本が不十分な人は、この機会に復習しましょう。

変格活用も「-아요/어요」のルールで

不規則活用の用言も、使い方は「-아요/어요」とほぼ一緒です。

兵士-R

10시간 동안 계속 걸어서 다리가 아픕니다.
10時間ずっと歩いたので、足が痛いです
(걷다)

박석중-R

아내가 문을 잠가서 안에 못 들어갑니다.
妻が鍵をかけたので、中に入れません
(잠그다)

それぞれの不規則活用のパターンに則って、変化したところに「서」をつけることになります。

Ads

名詞と「-아서/어서」を使いたい時

名詞には이다をつけよう

名詞を「-아서/어서」で表現したい時は、이다を使いましょう。

황수지-R

다음 주 친구 생일이어서 선물을 살 거예요.
来週は友達の誕生日なので、プレゼントを買おうと思います

박기영-R

그는 아직은 미성년자이어서 술을 마시지 못합니다.
彼はまだ未成年なので、酒は飲めません

이다を「-아서/어서」のルールに則って変化させれば、名詞を原因や理由に使うことができます。

名詞には-라서も使える

名詞を原因や理由に使う場合、-(이)라서を使うこともあります。

しかし意味としては、이다を「-아서/어서」で使う場合と同じです。

황수지-L

다음 주 친구 생일이라서 선물을 살 거예요.
来週は友達の誕生日なので、プレゼントを買おうと思います

박기영-L

그는 아직은 미성년자라서 술을 마시지 못합니다.
彼はまだ未成年なので、酒は飲めません

パッチムがある名詞の場合には「이」が入り、-이라서となります。

「-아서/어서」にしてみよう

「-아서/어서」の形に変えてみましょう。

박석중-R

방이 좀 불편해요.
部屋が狭くて少し不便です

김대호-R

시험이 너무 빵점을 맞았어요.
試験がすごい難しくて、0点でした

박기영-L

교통비 할인돼요.
小学生なので、交通費の割引がききます

兵士-L

감기 기운이 집에서 쉴 겁니다.
風邪気味なので、家で休むつもりです

Ads

「-아서/어서」で気をつけたいこと

過去形の文に注意

ありがちなミスが、過去形の文で「-아서/어서」を使う時です。

-아서/어서と過去形?

①어제는 너무 바빴어요.
(昨日はすごく忙しかったです)

그래서 전화를 못 했어요.
(それで電話できませんでした)

過去形の文を1つにしたらどうなる?
↓↓↓

(×)어제는 너무 바빴어서 전화를 못 했어요.
(昨日はすごく忙しかったので、電話できませんでした)

過去形にの文を1つにしても-았/었어서とはなりません。

過去の話でもそのままでOK!

過去の話する時も、そのまま「-아서/어서」を使いましょう。

이현빈-R

어제는 바빠서 전화를 못 했어요.
昨日は忙しくて、電話できませんでした

김영주-R

슈퍼가 문을 닫아서 야채를 못 샀어요.
スーパーが閉まって、野菜を買えませんでした

文の最後だけを過去形にすればOKです。

命令文や勧誘文には使えない

他にも「-아서/어서」を使う際に、注意すべきことがあります。

정현주-L

바닥이 미끄러워서 조심해요.×
床が滑るから気をつけて

한상우-L

김치가 너무 매워서 먹지 마십시오.×
キムチがすごい辛いので食べないでください

「-아서/어서」は、命令文や勧誘文に使うことはできないということも、覚えておきましょう。

Ads

「-아서/어서」で文を完成させよう

「-아서/어서」を使って、文を完成させてみましょう。

예)배 / 부르다
가: 왜 안 먹어요?

나: 배가 불러서 더 이상 못 먹어요.

1)현금 / 부족하다
가: 편의점에서 뭐를 샀어요?

나: 아무 것도 안 샀어요.

2)늦다 / 일어나다
가: 오늘은 왜 학교에 늦었어요?

나: 버스를 놓쳤어요.

3)늦다 / 미안하다
가: 많이 기다렸어요?

나: 아니요. 저도 방금 전에 왔어요.

4)음식 / 먹다
가: 안색이 안 좋습니다. 왜 그렇습니까?

나: 배탈이 났습니다.

5)비 / 오다
기: 연휴는 어디 놀러 갔어요?

나: 아니요.

まとめ

1.動詞・形容詞の語幹に-아서/어서をつける
하다の場合は해서になる

2.名詞には이다を使う「-이어서」

3.名詞に-(이)라서を使うこともある

4.過去の話でも「-아서/어서」でOK

さっそく「~なので・・・です」を使って、韓国語で何かを伝えてみましょう。