韓国語で目的語を表す助詞といえば「-을/를」です。

-을/를は「~を」に訳すことが多いですが、すべてが「~を」になるわけではありません。

韓国語の目的語「-을/를」が苦手な人は、いつどのような場面で使われるのかを、ここで整理してみましょう。

하다を使う語彙はほぼ「~を」に訳せる

하다動詞を分離して使う

-을/를を「~を」に訳せるケースで代表的なものは、하다動詞を分離した時です。

박석중-R

주말은 제가 요리 해요.
週末は私が料理をします

김대호-R

시험전이라서 계속 공부 했어요.
試験前なので、ずっと勉強をしました

兵士-R

매일 방 청소 합니다.
毎日部屋の掃除をします

動作や行動そのものを表す時で、何をするのかを表現します。

また하다動詞なので、요리하다・공부하다・청소하다のような使い方もできます。

하다と一緒に使う名詞に対して用いる

하다動詞ではないけれども、同じような使い方ができるものです。

김영주-L

설거지하면 TV를 볼 거예요.
洗い物を終えたら、TVを見ます

김대호-L

시험이 끝나면 게임 하고 싶어요.
試験が終わったらゲームがしたいです

김선아-L

저는 일주일에 세 번 공원에서 달리기 해요.
私は1週間に3回、公園でランニングをします

こうした名詞は하다と一緒に用いることが多いので、大抵は「~をする」という文になります。

하다を使わないけど「~を」に訳せる

動作の「対象」を表す名詞

하다を使うわけではないものの、目的語になることが多い語彙はたくさんあります。

점심시간에 먹고 커피 마셨어요.
お昼にごはんを食べてコーヒーを飲みました
고기와 두부 넣어서 찌개를 만들었어요.
お肉と豆腐を入れて、チゲを作りました
기념행사로 나무 심었요.
記念行事で木を植えました

「○○を~する」という文で、わかりやすいパターンではないかと思います。

使い方が決まっているケース

定型文のように、使い方が決まっている語彙もあります。

최지현-L

저는 매일 12시 쯤 자요.
私は毎日12時ごろ寝ます

이현빈-L

상우씨는 잘 춰요.
サンウさんは踊りが上手です

이소룡-L

어젯밤에 이상한 꿨어요.
昨日の晩、変な夢をみました

잠을 자다:眠りにつく
춤을 추다:踊りを踊る
꿈을 꾸다:夢を見る

잠을 자다はちょっと訳しにくい文ですが、いずれも「○○を~する」という構文になっていることがわかると思います。

基準点や出発点を示す

基準点や出発点などについて話す時です。

12시 기준으로 할증요금이 적용됩니다.
12時を基準に割増し料金が適用されます
부산 출발해 서울로 올라갑니다.
釜山を出発して、ソウルに行きます

「~を基準に」や「~を出発して」などは、そのまま日本語に訳せるので、覚えやすいのではないかと思います。

「~を」に訳せないけど通じやすい文

動作の対象でも「~を」に訳せないケース

動作の対象を表す場合でも、次のようなケースでは、日本語と助詞が異なります。

A씨-L

홍대에서 친구 만나고 같이 클럽에 갈 거예요.
ホンデで友達に会って、一緒にクラブに行きます

B씨-L

왜 아내가 화냈는지 남편은 이유 모르고 있어요.
なぜ妻が怒ったのか、夫は理由がわからないでいます

박기영-L

나는 짜장면 좋아해서 자주 먹어요.
僕はジャージャー麺が好きで、よく食べます

日本語にすると「~に」や「~が」になるケースですね。

材料や手段など

材料や道具など「何を使うのか」について話をする時です。

김영주-R

이 붉은 치마로 만들자.
この赤い布地でスカートを作ろう

強引に「~を」に訳している感じが出てきます。

みか-R

명동까지 지하철 타고 가요.
明洞まで地下鉄に乗って行きます

交通手段が「~を」に訳せないのは、知っている人も多いかもしれません。

行動に数字が関わると助詞がなくなる?

行動に「数字に関する表現」が加わる時も注意しましょう。

이소룡-L

공원에 가서 10킬로미터 달렸어요.
公園に行って、10km走りました

김지성-L

시계가 2분 빨리 가네요.
時計が2分進んでますね

정현주-L

귤 세 먹었다.
みかんを3個食べました

日本語では助詞が省略されたりもします。

ただ全体としては似たような文になるので、多少間違えたとしても通じるでしょう。

日本語と大きく変わるケース

場所や目的地を指す

-을/를を「~を」に訳せない上に、文章が日本語と大きく変わることもあるケースです。

시장 가서 오이를 사왔어요.
市場に行って、きゅうりを買ってきました
회사 다니면서 영어를 공부해요
会社に通いながら、英語の勉強をしています
학교 갈 때 항상 음악을 들어요.
学校に行く時、いつも音楽を聞きます

가다/오다/다니다など「移動」を意味する動詞を使う時は、-을/를で「行き先」を表すことがあります。

そこに「何をしに行くのか」を表す

日本人にはちょっと難しくなるパターンです。

친구와 설악산에 등산 가려고 합니다.
友達と雪嶽山に山登りに行こうと思います
낚시 가려면 아침 일찍 가는 게 좋아요.
釣りに行くなら、朝早く行くのがいいですよ
훈련 가면 며칠 동안 연락이 안 됩니다.
訓練に行けば数日間連絡が取れなくなります

「~に行く」のような文で、目的地ではなく「何をするのか」を表します。

「何をするのか」がはっきりしなくなる

そこで何をするのか、目的がわかっている場合はいいですが、文によっては「何をするのか」がはっきりしないケースもあります。

여의도에 불꽃놀이 갔었요.
汝矣島に花火大会に行きました
한번 만큼 해외여행 보고 싶어요.
一度くらいは海外旅行に行ってみたいです

花火大会や海外旅行なら、そこで何をするのかある程度わかる気もしますが、次のよう文だとさらに行動がはっきりしなくなります。

은경씨는 여름휴가 갔어요.
ウンギョンさんは夏季休暇を取りました

「地元に帰省するのか、別荘などで静養するのか、遊びに行くのか」など、細かいところは置いておいて、長期の休みを利用して出かけると考えればいいでしょう。

こういう表現のせいで、-을/를が難しいのではないかと思います。

さいごに

日本語に訳した時に「~を」になる場合と、そうでないケースとがありますが、韓国語はこういうものだと思って慣れるしかありません。

場面に対してどういう言い方をするのかをイメージしながら、練習してみましょう。

繰り返すことで、自然に適切な助詞を選択できるようになっていきます。