韓国語で否定文といったら、何を思い浮かべるでしょうか。

おそらく「안」が出てくる人が多いのではないかと思います。

「-이/가 아니에요」に続いて、2番目に習う否定文が「안」です。

これも、いろんな場面で使われるため、必ずマスターしなければいけない「超重要」な文法です。

Ads

「~しない」の否定文

「안、-지 않다」が出てくる会話例

이소룡-L

청양고추와 오이고추가 같아요?
青唐としし唐は同じですか?
※청양구추=青唐辛子の一種で味は激辛

강소영-R

아니요, 달라요.
いいえ、違いますよ

강소영-R

청양고추는 매워요.
青唐は辛いです

이소룡-L

그럼 오이고추는 안 매워요?
じゃあ、しし唐は辛くないんですか?

강소영-R

네, 오이고추는 맵지 않아요.
はい、しし唐は辛くないですよ

どんな文法なの?

안は「反対」を意味する아니の略で、これを動詞や形容詞と使うことで「否定のニュアンスを表現します。

양승희-R

오늘은 공부 합니다.
今日は勉強しません

최지현-R

이 책은 비싸지 않아요.
この本は高くないです

「勉強する」が「勉強しない」のように、文字通り正反対の意味に変わります。

Ads

「안、-지 않다」の使い方

使い方は2種類ある

안の否定文は2種類あり、動詞や形容詞と組み合わせて使います。

안 / -지 않다 + 動詞or形容詞

1.안
매워요
해요
 삽니다

2.-지 않다
지 않아요
지 않아요
지 않습니다

안-で表現する短いものと、-지 않다を使った長い否定文を使い分けることになります。

短い안否定文

박석중-L

나 오늘은 술을 마셔요.
俺は今日は酒飲まないぞ

김영주-L

어제는 하나도 추웠어요.
昨日はまったく寒くなかったです

「안」を用言の前に置くだけなので使いやすい反面、一部の用言とは組み合わせることができないという欠点があります。

過去の話であれば、動詞や形容詞を過去形にしましょう。

長い안否定文

김선아-R

이거는 무겁지 않아요.
これは重くないですよ

김대호-R

집에서 병원까지 가깝지 않았습니다.
家から病院まで近くありませんでした

-지 않다は文が長くなるものの、どんな用言にも使える便利な否定文です。

過去の場合は、「-지 않다」を過去形にしましょう。

否定文を練習してみよう

短い否定文と長い否定文を作ってみましょう。

김영주-L

공기가
空気が綺麗じゃありません
(-지 않다)

이현빈-L

끝이
終わりが見えないよ
(안)

정현주-R

지영씨는
ジヨンさんは来なかったよ
(안)

김지성-R

비행기를 타면
飛行機に乗れば、遠くはないですよ
(-지 않다)

Ads

否定文で気をつけるべきことやよくやるミス

안はくっつけない

안の短い否定文で注意すべき点は、안と次に来る動詞・形容詞の間をくっつけないことです。

황수지-L

전 사과를 안먹어요.(×)
私はリンゴは食べないよ

황수지-R

전 사과를 안 먹어요.(ㅇ)
私はリンゴは食べないよ

つまり、안먹다ではなく안 먹다となります。

カカオトークやラインなどで、つい「안가요」のように書いてしまう人は多いですが、気を付けましょう。

안は하다動詞には使えない

하다の用言は、안の短い否定文と使わないのが基本です。

이소룡-L

어제는 운동했어요.(×)
昨日は運動しませんでした

강소영-L

난 저녁에는 식사해요.(×)
私は夕方は食事しません

こういう時は、長い否定文を使います。

이소룡-R

어제는 운동하지 않았어요.(ㅇ)
昨日は運動しませんでした

강소영-R

난 저녁에는 식사하지 않아요.(ㅇ)
私は夕方は食事しません

○○하다で否定文を作る時は、-지 않다を使うと覚えておきましょう。

否定文について、もう少し詳しく知りたい人は「안と-지 않다の違い」を見てください。

Ads

「안」で文を作ってみよう

示された単語を使って、否定文を作ってみましょう。

예)만났다(-지 않다)

친구를 만나지 않았어요.

1)받았다(안)

편지를

2)일하다(-지 않다)

이번 주말은

3)아직 / 감기 / 낫다(안)

4)학교 / 영어 / 배웠다(-지 않다)

5)백화점 / 아무 것 / 샀다(안)

6)주문 / 들어갔다(안)


※オーダーが入っていないという意味

7)배수구 / 물 / 내려가다(안)


※排水溝やトイレの水が流れない時

まとめ

1.否定文は안と-지 않다の2つ

2.안は使える単語に制限がある

3.-지 않다の否定は単語に制限なし

否定文にどの表現を使うかは個人差もありますが、一般的な傾向だけでもつかんでおきましょう。