-ㅂ니다/습니다は「です、ます」を表す語尾ですが、これとは別に普段は-요体と言われる別の言葉遣いをします。

今回は日常の会話によく用いられる「です、ます」を練習してみましょう。

「-아요/어요/여요」の使い方

もう一つの「です・ます」の語尾

名詞に対して-입니다と-예요/이에요を使い分けたように、用言に用いる語尾も二種類あります。

名詞+이다 -입니다 -예요
-이에요
動詞
形容詞
-ㅂ니다
-습니다
-아요
-어요

-요を使って「です、ます」を表現するのが、-아요/어요です。

-ㅂ니다/습니다が少し硬い言い方で改まった場面に用いることが多い一方、-아요/어요は少しやわらかい印象になります。

過去形と同じく、語幹の母音に合わせて文型を使い分ける

-아요/어요も動詞や形容詞の語幹に合わせて、組み合わせを変えます。

語幹 + -아요/어요/여요

받다 + -아요 = 받아요
놀다 + -아요 = 놀아요

먹다 + -어요 = 먹어요
신다 + -어요 = 신어요

공부하다 + -여요 = 공부해요
따뜻하다 + -여요 = 따뜻해요

使い方は過去形の-았/었と似ています。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」である

영수증을 꼭 받아요.
領収証を必ずもらいます
(받다)
친구하고 같이 놀아요.
友達と一緒に遊びます
(놀다)
이 바지는 기장이 좀 짧아요.
このズボンは裾がちょっと短いです
(짧다)

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」の時は、-아요を付けます。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外

학생식당에서 라면을 먹어요.
学生食堂でラーメンを食べます
(먹다)
저는 매일 청바지를 신어요.
毎日ジーパンをはいてます
(신다)
저는 회사에서는 양복을 입어요.
私は会社ではスーツを着ています
(입다)

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外の時は、-어요を組み合わせましょう。

하다はなぜ「해요」になる?

하다の語彙には-여요が付いて하여になりますが、-해요の形で使います。

하다はなぜ해요になる?

하다 + -여요 = 하여요 → 요 →
(ㅏ + ㅕ = ㅒ)

햬요の発音が単純化して「해요」になる

요즘 스페인어를 공부해요.
スペイン語を勉強しています
(공부하다)
오늘은 어제보다 따뜻해요.
今日は昨日よりも暖かいです
(따뜻하다)
여기는 바람이 시원해요.
ここは風が気持ちいいです
(시원하다)

細かいことは考えず、하다は「해요」になると覚えましょう。

文型の短縮や省略などが起こることもある

同じような母音が続くと一つは省略される

過去形の時と同じく-요体になる際も、似たような母音が続くと一つは省略されます。

가다 + -아요 = 가아요 →
(ㅏ + ㅏ = ㅏ)

서다 + -어요 = 서어요 →
(ㅓ + ㅓ = ㅓ)

同じ母音が続くため、1つは省略される

잠깐 주민센터에 가요.
ちょっと住民センターに行きます
(가다)
오늘은 친척을 만나요.
今日は親戚に会います
(만나다)
사람들이 많이 줄을 서요.
人がたくさん並んでいます
(서다)

いちいち타아요とは言わないように、早く発音しようとすると母音が一つなくなる感覚です。

発音が二重母音になる語彙

語幹の母音と-아요/어요と組み合わさることで、発音が短縮されることもあります。

보다 + -아요 = 보아요 →
(ㅗ + ㅏ = ㅘ)

마시다 + -어요 = 마시어요 → 마
(ㅣ + ㅓ = ㅕ)

短母音が組み合わさって「二重母音」になる

친구하고 영화를 봐요.
友達と映画を見ます
(보다)
고기집에서 맥주를 마셔요.
焼肉店でビールを飲みます
(마시다)
민기씨는 정말 약속시간에 와요?
ミンギさんは本当に約束の時間に来るの?
(오다)

これも早く発音しようとすることで、連続した短母音が二重母音になります。

また-아요/어요には規則通りに変化しない「不規則活用」と呼ばれるパターンもあるので、こちらも少しづつ覚えていきましょう。

요体は覚えるべきことが多いので、少しづつ数をこなしていきましょう。