韓国語で「です、ます」と言えば、-ㅂ니다/습니다です。

ところが、これは少し硬い言葉遣いで、普段は別の表現を使います。

「-아요/어요」を用いた、いわゆる「요体」と言われるものです。

ヨ体は「-ㅂ니다/습니다」に比べて、少しやわらかい印象になります。

Ads

やわらかい印象の「です・ます」

「-아요/어요/여요」を使った会話例

황수지-R

지성씨는 직장에서 어떤 옷을 입어요?
ジソンさんは、職場でどんな服を着ていますか?

김지성-L

저는 양복을 입어요.
私はスーツを着ています

김지성-L

수지씨도 양복을 입어요? 
スジさんもスーツを着るんですか?

황수지-R

아니요, 저는 사복을 입어요.
いいえ、私は私服です

3つ目の「です・ます」って?

韓国語の勉強を始めたばかりの人が最初に習う「です・ます」といえば、-예요/이에요-ㅂ니다/습니다です。

-예요/이에요は「○○です」に使う言い方で、-ㅂ니다/습니다は改まった場面に用いる表現です。

-에요 -ㅂ니다
-습니다
-아요
-어요
動詞
形容詞
갑니다
좋습니다
가요
좋아요
이다
(~である)
-예요
-이에요
-입니다

しかし「です・ます」にはもう一つあり、それが日常の会話でよく使う、-아요/어요です。

Ads

「-아요/어요/여요」の使い方

文型と用法の基本

「-아요/어요/여요」は、動詞や形容詞などの語幹と組み合わせます。

語幹 + -아요/어요/여요

받다 + -아요 = 받아요
놀다 + -아요 = 놀아요

먹다 + -어요 = 먹어요
신다 + -어요 = 신어요

공부하다 + -여요 = 공부해요
따뜻하다 + -여요 = 따뜻해요

ポイントは「語幹の母音」によって、組み合わせが変わることです。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」である

김지성-L

영수증을 꼭 받아요.
領収証を必ずもらいます

양승희-L

친구하고 같이 놀아요.
友達と一緒に遊びます

語幹の母音が「ㅏもしくはㅗ」の時は、-아요を付けます。

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外

김대호-R

학생식당에서 라면을 먹어요.
学生食堂でラーメンを食べます

강소영-R

매일 청바지를 신어요.
毎日ジーパンをはきます

語幹の母音が「ㅏ、ㅗ」以外の時は、-어요を組み合わせましょう。

하다を使う用言である

박기영-L

요즘 스페인어를 공부해요.
スペイン語を勉強しています

김영주-L

오늘은 따뜻해요.
今日は暖かいです

하다の単語には-여요が付きますが、「-해요」の形で使います。

하다はなぜ해요になる?

하다 + -여요 = 하여요 → 요 →
(ㅏ + ㅕ = ㅒ)

햬요が単純化して「해요」になる

細かいことは考えなくてもいいです。

とりあえず、하다は「해요」になると覚えましょう。

「-아요/어요/여요」どれを使う?

動詞や形容詞を「-아요/어요/여요」に変えてみましょう。
※タップすると解答例が見れます

みか-R

오늘은 날씨가
今日は天気がいいです

김선아-R

그 식당은 항상 사람이 많이
あのお店はいつも人がたくさんいます

황수지-R

저녁은 제가
夕飯は私が作ります

최지현-L

1주일에 한 권씩 소설책을
週に1冊づつ小説を読みます

이현빈-L

요즘 일이 너무
最近仕事がすごい大変なんです

정현주-L

어제보다 날씨가
昨日より(天候が)涼しいです

Ads

語幹にパッチムがない単語は発音が短くなる

発音が二重母音になる

語幹にパッチムがない語彙は、-아요/어요と組み合わせる際に、発音が短縮されます。

오다 + -아요 = 오아요 →
(ㅗ + ㅏ = ㅘ)

가르치다 + -어요 = 가르치어요 → 가르
(ㅣ + ㅓ = ㅕ)

短母音が組み合わさって「二重母音」になる

양승희-R

친구하고 영화를 봐요.
友達と映画を見ます
(보다)

박석중-R

고기집에서 맥주를 마셔요.
焼肉店でビールを飲みます
(마시다)

한상우-R

지난 달부터 러시아어를 배워요.
先月からロシア語を習っています
(배우다)

早く発音しようとすることで、連続した短母音が二重母音になるわけです。

発音が省略される

요体になる時に、発音が省略される単語もあります。

가다 + -아요 = 가아요 →
(ㅏ + ㅏ = ㅏ)

서다 + -어요 = 서어요 →
(ㅓ + ㅓ = ㅓ)

同じ母音が続くため、1つは省略される

양승희-L

우체국에 가요.
郵便局に行きます
(가다)

최지현-L

오후부터 친구를 만나요.
午後から友達に会います
(만나다)

이소룡-L

여기서 지하철을 타요.
ここから地下鉄に乗ります
(타다)

いちいち「타아요」とは言わないように、早く発音しようとすれば、母音が一つなくなる感覚がわかると思います。

語幹の母音が「으」の単語

語幹の母音が「으」の場合、これが脱落することで、아や어だけが残ります

다 + -어요 ⇒ ㅋ어요 →
(ㅡ + ㅓ ⇒ ㅓ)

따르다+ -아요 ⇒ 따아요 → 따
(ㅡ + ㅏ ⇒ ㅏ)

기쁘다+ -어요 ⇒ 기어요 → 기
(ㅡ + ㅓ ⇒ ㅓ)

語幹が으だけの場合は「-어요」が入るが、으の前に아や어がある時は、それによって「-아요/어요」どちらになるかが決まる

김영주-R

3일전부터 머리가 아파요.
3日前から頭が痛いです
(아프다)

박석중-R

일이 계속 바빠요.
仕事がずっと忙しいです
(바쁘다)

「으」は他の母音よりも弱いため、크어요を早く発音しようとしても「커요」になってしまいます。

絵を見て文を完成させよう

絵を見ながら「-아요/어요」を使い、文を完成させましょう。

에)

우리는 매일 운동해요.
私たちは毎日運動します

1)

문을
ドアを少し開けます

2)

친구한테
友達に電話をかけます

3)

여기서
ここでバスを待ちます

4)


花火がとても綺麗です

5)


最近、野菜がすごい高いです

まとめ

1.語幹が「ㅏ、ㅗ」なら-아요
팔다 → 팔아요
달다 → 달아요

2.語幹が「ㅏ、ㅗ」以外は-아요
있다 → 있어요
없다 → 없어요

3.하다は「-해요」
일하다 → 일해요
쌀쌀하다 → 쌀쌀해요

4.語幹にパッチムがない単語は発音が短くなる
사 + -아요 = 사요
치다 + -어요 = 쳐요
세우다 + -어요 = 세워요

5.語幹の「으」は脱落する
끄다 + -어요 = 꺼요
모으다 + -아요 = 모아요
슬프다 + -어요 = 슬퍼요

요体は覚えるべきことが多いので、数をこなしていきましょう。