韓国語の「丁寧な言葉遣い」の基本を勉強しましょう。

「-ㅂ니다/습니다」は、初級の韓国語学習者から韓国のニュースキャスターまで、いろんな人があらゆる場面で使う言葉です。

それだけ重要なものですが、これも韓国語を始めて間もない時期に習う語尾です。

Ads

-ㅂ니다/습니다って?

「-ㅂ니다/습니다」を使った会話例

김선아-L

이 번 주말은 무엇을 합니까?
今週末は何をしますか?

김대호-R

저는 영화를 봅니다.
僕は映画を見ます

김대호-R

선아씨는 무엇을 합니까?
ソナさんは何をしますか?

김선아-L

저는 강남에서 쇼핑을 합니다.
私は江南で買い物をします

김선아-L

그리고 식사도 합니다.
それから食事もします

どんな語尾なの?

日本語で言えば「です・ます」のような、丁寧語の語尾です。

プレゼンテーションなどの発表、あるいはニュースなど、公式的な場面で使うことが多いです。

황수지-R

저는 황수지입니다.
私はファン・スジです

兵士-R

저는 군인입니다.
私は軍人です

「-예요/이에요」の代わりに用いれば、~입니다となりますが、これで自己紹介をすることもできます。

改まった場面であれば、「○○입니다」と名乗る方がいいでしょう。

Ads

-ㅂ니다/습니다の使い方

文型と用法の基本

「-ㅂ니다/습니다」は、動詞や形容詞などの語幹に付けます。

語幹とは、辞書に掲載されている「語彙の形」から다を除いた部分のことです。

語幹 + -ㅂ니다/습니다

다 + -ㅂ니다/습니다 = 삽니다
다 + -ㅂ니다/습니다 = 큽니다
다 + -ㅂ니다/습니다 = 입니다

다 + -ㅂ니다/습니다 = 먹습니다
다 + -ㅂ니다/습니다 = 읽습니다
다 + -ㅂ니다/습니다 = 같습니다

공부하다 + -ㅂ니다/습니다 = 공부합니다
필요하다 + -ㅂ니다/습니다 = 필요합니다

動詞や形容詞の語幹にパッチムがあるかないか、注目しましょう。

語幹にパッチムがない

양승희-L

여기서 친구를 기다립니다.
ここで友達を待ちます

최지현-L

오늘은 많이 피곤합니다.
今日はすごい疲れています

김지성-L

이것은 제 노트북이 아닙니다.
これは僕のノートパソコンではありません

語幹にパッチムがなければ「-ㅂ니다」を付けましょう。

-ㅂ니다の「ㅂ」が語幹のパッチムの位置に入ります。

語幹にパッチムがある

이현빈-L

옷을 많이 입습니다.
服をたくさん着ます

兵士-L

날씨가 덥습니다.
(天気が)暑いです

語幹にパッチムがあると、「ㅂ」が入り込む余地はありません。

そのため「-습니다」を語幹に付けて使います。

「-ㅂ니다と습니다」どちらを使う?

-ㅂ니다もしくは습니다を使ってみましょう。

강소영-R

저는 매일 물을 많이
私は毎日、水をたくさん飲みます

김영주-R

이 요리는 맛이 너무
この料理は、味がすごいしょっぱいです

정현주-L

내년 6월에
来年6月に結婚します

박기영-L

이 도서관은
この図書館は静かです

パッチムがあるかどうかに注意すればいいだけなので、語彙さえわかれば難しくはないと思います。

Ads

こんな時は気を付けよう

ㄹパッチムの単語

「-ㅂ니다/습니다」は、語幹のパッチムに合わせて使い分けると言いましたが、例外もあります。

황수지-R

저녁에 치즈닭갈비를 만듭니다.
夕食にチーズタッカルビを作ります

김지성-R

지현씨는 머리가 깁니다.
ジヒョンさんは髪が長いです

이소룡-L

한국에서 중국에 전화를 겁니다.
韓国から中国に電話をかけます

김영주-L

보통 빨래는 여기서 넙니다.
いつも洗濯物はここに干します

語幹にㄹパッチムがある時は、パッチムがなくなった後に「-ㅂ니다」が入ります。

このㄹパッチムがなくなることを「ㄹ脱落」と言います。

口語と文語で「것」を使う時

文によっては「것」を使うこともありますが、口語か文語かも重要です。

文語

박석중-R

이 멜론은 제가 산 것입니다.
このメロンは私が買ったものです

「것+이다」なら、이다の語幹に-ㅂ니다を付けるので、것입니다となります。

口語

박석중-L

이 멜론은 제가 산 겁니다.
このメロンは私が買ったものです

ところが口語では、것입니다をもっと簡単に「겁니다」にして使います。

것と-ㅂ니다/습니다が出てきた時は、うまく使いわけましょう。

「-ㅂ니다/습니다」を使って文を完成させよう

「-ㅂ니다/습니다」を使い、文を完成させてみてください。

1)
가: 이것은 무엇입니까?
(これは何ですか?)
나: 그것은
(それは羊の肉です)

2)
가: 부산까지 얼마나
(釜山までどのくらいかかりますか?)
나: 한 3시간 정도입니다.
(およそ3時間くらいです)

3)
가: 아침에는 
(朝は何時に起きますか?)
나: 매일 아침 5시에
(毎日、朝5時に起きます)

4)
가: 민수씨는
(ミンスさんはどんな映画が好きですか?)
나:
(私はアクション映画が好きです)

5)
가: 반 분위기는
(クラスの雰囲気はどうですか?)
나:
(とてもいいです)

※반=クラス、班

まとめ

1.どうやって使う?
動詞や形容詞の「語幹」につける
名詞には「이다 + -ㅂ니다/습니다」で使う

2.語幹のパッチムの有無
パッチムなし:-ㅂ니다
パッチムあり:-습니다

3.語幹のㄹパッチムに注意
ㄹ脱落がある

4.것は이다と使うけど…
文語なら:것입니다
口語なら:겁니다

-ㅂ니다や-ㅂ니까は、時には相手に固い印象を与えることはあるものの、敬語の基本にもなるので、しっかり覚えましょう。