韓国の調味料の韓国語を紹介していきます。

普段からよく使われているものや、実際に目にする機会の多いものを優先して覚えていきましょう。

日本になじみのもの多いので、覚えやすいかとは思います。

調味料の種類と韓国語の名前

韓国でよく使う基本の調味料

※タップして語彙を確認できます

日本語 한국어
砂糖
胡椒
唐辛子の粉
しょうゆ
お酢
味噌
唐辛子味噌
酢コチュジャン
合わせ味噌
ごま油
サラダ油

調理用の油には캐놀라유(キャノーラ油)や해바라기유(ひまわり油)など、いろんなものがありますが、まとめて食用油でOKです。

余裕があれば覚えたい調味料

日本語 한국어
ゴマ
いりごま
すりごま
粉末だし
味の素
あじ塩
みりん
からし
わさび
ケチャップ
マヨネーズ
ドレッシング
バター
マーガリン
オリーブオイル
水あめ

冷麺に入れるからしは液体に近い、とろっとした感じです。

また水あめは甘みやとろみをつけるために、떡볶이に入れる場合もあります。

韓国と日本の調味料の違いと共通点

韓国の「ダシダ」と日本の「かつおだし」

韓国で粉末だしといえば다시다ですが、これは肉をベースにしたものが主流です。

一応ダシダには魚介類ベースのものもありますが、日本と比べるとかつおだしなどはあまり使わない傾向にあります。

ちなみにだし汁やスープのことを육수と言います。

まただしを取ることを“육수를 우려내다”と表現したりもします。

韓国の醤油はどう使い分ける?

韓国の醤油にもいろんな種類があり、調理目的に合わせて使い分けることができます。

진간장

熟成期間が長く、甘みなども増しているので、煮物や炒め物など加熱する料理に向いている。色が濃い代わりに塩分濃度が少し低く、日本の濃口しょうゆに相当する。

국간장

국(국물)の文字通り、主にスープなどの料理に使う。塩分が強く、日本の薄口しょうゆに近い。

양조간장

風味が強く、刺身や寿司などを直接つけて食べる、いわゆる刺身しょうゆ。加熱すると風味が落ちるため、炒め物などには向いていない。

他に다시마간장(昆布しょうゆ)や맛간장(味醤油)なども売られていますが、どれを選んでいいかよくわからない人は、とりあえず진간장(濃口)を使うのが無難でしょう。

日本の醤油と似たような使い分けができるのではないでしょうか。

韓国の醤油や味噌(特に味噌)は、日本のものと味が若干違います。

韓国の料理を作るなら、調味料はできる限り韓国のものを使うのが一番です。