韓国語で「○○です」の文法といえば、-입니다です。

しかしもう一つ同じような使い方をする言葉があり、それが-이에요/예요です。

今回はもう一つの「~です」を練習してみましょう。

「-이에요/예요」の使い方

韓国語の「~です」には言い方が二つある

이다(~である)に-에요の語尾を付けたのが、-이에요/예요です。

どちらも「~です」

이다 + -ㅂ니다 = -입니다
이다 + -에요   = -이에요

-입니다と-이에요どちらも「~です」という意味ではあるが、使っている語尾が異なる

韓国語には「○○です」の言い方が二つあるわけですが、日常的によく使われるのが-이에요/예요です。

もう一つの「~です」も名詞と使おう

-이에요/-예요も名詞と組み合わせます。

名詞 + -이에요/-예요

연필  + 이에요 = 연필이에요
노트복 + 이에요 = 노트북이에요
핸드폰 + 이에요 = 핸드폰이에요

가수  + 예요 = 가수예요
김치  + 예요 = 김치예요
깍두기 + 예요 = 깍두기예요

パッチムの有無で-이에요と-예요どちらを組み合わせるかが変わります。

パッチムのある単語

그거는 새로운 옷장이에요.
それは新しいクローゼットです
저 건물이 옛날 서울역이에요.
あの建物は昔のソウル駅です

パッチムのある単語では、そのまま-이에요を付けるだけです。

パッチムのない単語

이거는 독일산 맥주예요.
これはドイツ産のビールです
그 노트북은 엄마 거예요.
そのノートパソコンは母のです

パッチムのない単語が来た時は、-이에요を-예요に短縮して使います。

短縮されるのは、예が「이+에=예」からなるためです。

つまりパッチムがない単語に-이에요を付けても、はやく発音すれば-예요になるということです。

ところで-예요を-에요を間違えてしまう人は多いので気を付けましょう。

疑問文でも文型は変わらない

-이에요/-예요は疑問文でも形は変わりません。

오늘은 공휴일이에요?
今日は祝日ですか?
거기가 어디예요?
そこはどこですか?

疑問文では語尾のイントネーションを上げて発音することになります。

値段を聞く時には定番の表現

-이에요/예요は韓国語で値段を聞く際の定番の表現です。

이거 얼마예요?
これはいくらですか?
그 컴퓨터는 133만원입니다.
それは133万ウォンです

語彙や数字を入れ替えながら練習するといいでしょう。

家電製品と韓国語


냉장고
₩1,160,000

TV
₩553,000

세탁기
₩730,000

에어컨
₩890,000

전자렌지
₩420,000

밥솥
₩340,000

선풍기
₩76,000

드라이기
₩56,900

다리미
₩120,000

청소기
₩656,000

数字のやり取りに金額は欠かせませんが、スムーズにできれば韓国での買い物も楽しくなるのではないでしょうか。

数字の表現は苦手な人が多いので、-이에요/예요を使いながらどんどん練習してみましょう。