二重母音とは「単母音」が組み合わさってできる音で、韓国語を勉強し始めて間もない人が、必ずぶつかる壁とも言えるのが二重母音です。

二重母音は3つの種類からなり、ヤ行の音、ワ行の音、その他に別れます。

今回は、二重母音をうまく発音するコツやポイントについて話していきます。

ヤ行の二重母音

y(や・ゆ・よ)は、日本語では子音として扱われますが、韓国語では母音となります。

i(イ)の母音を含んだ音

ㅑ(ya)
ㅣからㅏに続く感覚で、口を大きく開けて「ヤ」と発音しましょう。

ㅒ(yae)
「ㅣ+ㅐ」の音で、これも「ㅏ」と同じような口で「イェ」と声を出します。

ㅕ(yeo)
ㅣからㅓに続くイメージで、「ヨ」と発音しましょう。

ㅖ(ye)
「ㅣ+ㅔ」の音で、これも「ㅓ」と同じような口の大きさで「イェ」です。

ㅛ(yo)
ㅣからㅗに続く音で、唇を丸くすぼめて「ヨ」と発音しましょう。

ㅠ(yu)
「ㅣ+ㅜ」の音で、「ㅜ」のような唇の形で「ユ」と声を出します。

短母音ができれば、二重母音もできる

二重母音は、言ってしまえば、短母音を順番に発音するようなものです。

ㅕにはㅣ(i)の音が含まれているので、ㅣからㅓを早く発音すれば「ㅕ」になります。

つまり短母音ができていれば、これらの二重母音もできるということです。

二重母音が苦手な人は、短母音の発音をしっかりと押さえておきましょう。

ㅒとㅖの口の開き具合の差

ㅒとㅖは、それぞれ「이と애、이と에」の組み合わせからできています。

ㅏの口 ㅓの口
ㅐ(ㅏ+ㅣ) ㅔ(ㅓ+ㅣ)
ㅒ(ㅣ+ㅐ) ㅖ(ㅣ+ㅔ)

ㅏの口で「イェ」と発音すればㅒ
ㅓの口で「イェ」と発音すればㅖ

2つの差で迷ったら、ㅏとㅓに戻りましょう。

とは言うものの、実際の会話でㅐとㅔ、ㅒとㅖの発音を区別して話すことはまずないでしょう。

ワ行の二重母音

w(わ)の音も、韓国語では母音となります。

o(ㅗ)・u(ㅜ)の母音を含んだ音

와(wa)
日本語の「ワ」と、ほぼ同じ感覚です。

ㅟ(wi)
「ㅜ」の唇の状態からスタートして「ウィ」です。

ㅝ(wo)
日本語の「ウォ」に近い感覚で発音しましょう。

ㅙ(wae)
口を大きく開け、ㅐの口で「ウェ」と声を出しましょう。

ㅞ(we)
ㅜからㅔを順番に発音するくらいの気持ちで「ウェ」です。

ㅚ(oe)
口は大きく開けず、少しすぼめるくらいで「ウェ」と声を出します。

「ㅏ > ㅓ > ㅗ」と同じく、「ㅙ > ㅞ > ㅚ」の順に口を開く大きさが小さくなっていきます。

ㅙ、ㅞ、ㅚは細かく気にしない

実際の会話では、ㅙ、ㅞ、ㅚの違いをいちいち気にしません。

大学教授ですら「3つの発音の違いはあってないようなもの」と言うくらいです。

特に「ㅙとㅚ」は韓国人もよく間違えるので、気にする必要はありません。

書く時だけしっかり区別しておけばいいでしょう。

ハングルの基本母音って?

「ㅏ、ㅑ、ㅓ、ㅕ、ㅗ、ㅛ、ㅜ、ㅠ、ㅡ、ㅣ」の10個を、基本母音と言います。

読み書きの際の基本になる音で、身近なものではパソコンのキーボードなどに見られます。

キーボードには「基本母音」が設定されており、これと子音と組み合わせることで、文字入力がスムーズにできるようになっています。

ただし、基本母音には「ㅑやㅕ」といった二重母音も含まれます。

そのため発音の練習は、短母音から二重母音へと練習していくといいでしょう。

의は毎回発音が変わる

의の基本的な発音

ㅢの発音は、ㅡとㅣを順番に発音するイメージです。

ㅟと違って唇は丸くすぼめず、横に広がります。

ㅢ(ui)
「ㅡ+ㅣ」の音で、口を横に開いて「ウイ」と発音しましょう。

ㅡとㅣはどちらも口を横に広げて発音しますが、ㅣの方がより大きく口が広がります。

したがって発音の後半は、横に開いた口がさらに大きく開く感じで発音してみましょう。

「에」の発音になる場合もある

ㅢは状況によって、発音が変わるので注意が必要です。

김지성-R

동생 자동차
弟の車

김철수-R

신문 글자
新聞の文字

「~の」という意味で使う時は、에の発音になります。

「이」の発音になる場合

ㅢは「이」の発音になる場合もあります。

ㅢを含む単語のほとんどは、この発音パターンになります。

최지현-L

[망] – 希望
[회] – 会議
[경대] – キョンヒ大

의사(医者)의식(意識)など、本来の発音になるケースの方が、むしろ少ないくらいです。

どういう時にどの発音になるのかは、覚えるしかありません。

口の形の変化と発音の強弱

口の形が変わるのを意識する

二重母音の一番の特徴は、発声の始めと終わりでは口の形が変化することです。

「ㅘ」ならㅗの口の形からスタートし、最後はㅏの時と同じようになります。

「ㅟ」もㅜで始まり、ㅣで終わるまでに口の形はやはり変化します。

始めて二重母音の発音を練習する人などは、この口の形の変化を意識するといいでしょう。

主音と副音の関係

二重母音は、それぞれの母音が同じ条件で組み合わさったわけではありません。

どちらかの母音が、発音により強い影響力を持っています。

二重母音は、「主音」と呼ばれる母音の発音をより強く意識することが大事です。

母音 副音 主音

基本的には、後にくる母音が主音になります。

「副音:主音=4:6」くらいの、音の強さを意識しましょう。

ちなみに「뭐」を머と発音する人もいますが、これはㅝはㅓの音の方が強いためです。

二重母音は、発音の際に口の形がどのように変化するのか、口のどの部分が動くのかを意識するのが上達への近道です。