「静かにしてくれ」
「黙っててください」

誰かに指示などを与える時に使う表現を、命令文と言います。

命令文は「~しろ」と「~するな」の2つに区別することができますが、このうち「~しろ」の意味で使うのが指示です。

今回は、指示の表現と使い方を練習してみましょう。

Ads

相手に何かをさせる「指示」

指示の表現を使った会話

황수지-L

방이 좀 지저분하지 않아요?
部屋、少し散らかってない?

김대호-R

요즘 좀 바빠요. 
最近少し忙しいんだ

김대호-R

그래서 청소를 못 했어요.
だから掃除できなかったんだよ

황수지-L

이해는 하지만 이거는 좀 심해요.
わかるけど、これはちょっとひどいよ

황수지-L

내일 청소하세요.
明日掃除しなさいよ

김대호-R

안 그래도 내일 청소할 거예요.
言わなくても明日掃除するつもりだよ

「してほしいこと」がある時

相手にしてほしいことを言いたい時に使う言葉が「-세요」です。

정현주-R

3시까지 오세요.
3時までに来てくださいね

이현빈-R

먼저 집에 가세요.
先に家に帰ってください

-세요と表現することで、「~してください」というニュアンスになります。

Ads

指示の表現「~しろ」の使い方

動詞の語幹に「-세요」をつけるのが基本

命令文は、動詞の語幹に「-세요」をつけて表現しますが、パッチムの有無に注意しましょう。

動詞 + -(으)세요

가다 + -세요 = 가세요
만나다 + -세요 = 만나세요
공부하다 + -세요 = 공부하세요

입다 + -세요 = 입으세요
믿다 + -세요 = 믿으세요
읽다 + -세요 = 읽으세요

만들다 + -세요 = 만드세요
듣다 + -세요 = 들으세요

パッチムなし

김영주-R

더 조금만 기다리세요.
少しだけ待ってください

최지현-R

조용히 하세요.
静かにしてください

パッチムのない動詞には、-세요を付けましょう。

パッチムあり

김지성-L

여기에 앉으세요.
こちらにお座りください

パッチムのある動詞には、-으세요を付けて使います。

変格活用の動詞など

変格活用がある動詞などの場合の使い方です。

ㄹパッチム

강소영-L

우선 계정을 만드세요.
まずはアカウントを作ってください
(만들다)
※계정=アカウント、ID

ㄹパッチムの動詞の場合、ㄹが脱落したところに「-세요」が付きます。

ㄷパッチムの一部

양승희-L

이 노래를 들으세요.
この歌を聴いてください
(듣다)

活用の際にㄷパッチムがㄹに変化する語彙は、変化の後に「-으세요」が付きます。

「-세요」を使わない語彙がある

命令文では、一部「-세요」を使わない語彙もあります。

정현주-R

이 약을 드세요.
この薬を飲んでください
※먹다/마시다 → 드시다

김선아-R

안녕히 주무세요.
おやすみなさい
※자다 → 주무시다

먹다や자다には「-세요」を付けるのではなく、代わりに他の語彙を用いています。

これは尊敬語の語彙が別にあるからで、同じように있다も게세요となります。
※例外もあります

命令文にしてみよう

次の動詞を、命令文にしてみましょう。

이소룡-L

불을 좀
電気を消してください

박석중-L

내일 아침에 연락
明日の朝に連絡ください

황수지-R

ID와 비밀번호를
IDとパスワードを入力してください

박기영-R

거기서 오른 쪽으로 
そこから右に入ってください

Ads

命令文にはこういう使い方もある

固い口調、雰囲気で話す必要がある時

-세요は尊敬語ですが、-요体で話す時に使う言葉です。

-ㅂ니다体で話したい時は、-십시오を用いて話すことになります。

兵士-R

안녕히 가십시오.
さようなら

한상우-R

저기를 보십시오.
あそこを見てください

したがって、挨拶の表現も「-ㅂ니다体」で話すのであれば、少し変える必要があるということです。

親しい人や目下の人に対する命令

-세요を使わずに、つまり尊敬語を用いない命令もあります。

김영주-L

열심히 공부해요.
一生懸命勉強しなさい

최지현-L

빨리 와요.
はやく来てよ

박석중-L

얼른 자.
はやく寝ろ

通常の-요体やタメ口なども、命令文として使うことはできます。

命令文の語尾一覧

命令文の語尾を簡単な表にするとこうなります。

尊敬 非尊敬
-요体 -ㅂ니다体 -요体など
-(으)세요 -(으)십시오 -아요/어요など

話し相手や状況を見ながら、これらを使い分けるといいでしょう。

Ads

「-세요」を使ってみよう

指定された言葉を使って、対話を完成させてみましょう。

예)KTX
가: 부산까지 빨리 가고 싶어요.

나: 그러면 KTX를 타세요.

1)창문
가: 덥지 않아요? 좀 답답해요.

나: 그러면

2)
가: 오늘은 많이 피곤해요.

나: 그러면 

3)닭고기와 양파
가: 슈퍼에서 뭐를 사 와요?

나: 슈퍼에서

4)두 번째 신호 / 완 쪽
가: 여기서 은행까지 어떻게 가요?

나: 여기를 직진하세요. 그리고

5)다른 친구
가:   씨, 오늘은 같이 영화를 봐요.

나: 죄송하지만 전 오늘은 바빠요.

まとめ

1.命令文には「-세요」

2.-비나다体で話すなら「-십시오」

3.親しい相手などに使うなら
通常の-요体でもよし

なんだかんだ言っても命令文は、相手に合わせて使い分けましょう。