「静かにしてくれ」
「黙っててください」

誰かに指示などを与える時に使う表現は「命令文」と呼ばれます。

命令文は「~しろ」と「~するな」の2つに区別することができますが、このうち「~しろ」の意味で使うのが指示です。

今回は、指示の表現と使い方を練習してみましょう。

相手に何かをさせるのが「指示」

相手に「させたいこと」がある時

命令文「~しなさい」に使う言葉が、-세요です。

内容は「~しなさい」という命令

①3시까지 와요.
(3時までに来ます

3時までに来させたいなら
↓↓↓

②3시까지 오세요.
(3時までに来てください

-세요は「相手にさせたいこと」を表現するので、頼み事やお願いとはちょっと違います。

動詞の語幹に「-세요」をつけるのが基本

命令文は動詞の語幹に「-세요」をつけて表現します。

動詞 + -(으)세요

가다 + -세요 = 가세요
기다리다 + -세요 = 기다리세요
공부하다 + -세요 = 공부하세요

입다 + -세요 = 입으세요
믿다 + -세요 = 믿으세요
읽다 + -세요 = 읽으세요

만들다 + -세요 = 만드세요
듣다 + -세요 = 들으세요

動詞の語幹にパッチムがあるどうかで、使い方が変わります。

パッチムなし

좋은 꿈을 꾸세요.
いい夢見てください
(꾸다)
더 조금만 기다리세요.
少しだけ待ってください
(기다리다)

パッチムのない動詞には、-세요を付けましょう。

パッチムあり

여기에 앉으세요.
こちらにお座りください
(앉다)
매일 신문을 읽으세요.
毎日新聞を読んでください
(읽다)

パッチムのある動詞には、-으세요を付けて使います。

変格活用の動詞など

変格活用がある動詞などの場合の使い方です。

ㄹパッチム

우선 계정을 만드세요.
まずはアカウントを作ってください
(만들다)※계정=アカウント・ID

ㄹパッチムの動詞の場合、ㄹが脱落したところに「-세요」が付きます。

ㄷパッチムの一部

이 노래를 들으세요.
この歌を聴いてください
(듣다)

ㄷパッチムの動詞の一部は、ㄷがㄹに変化した後に「-으세요」が付きます。

こういう命令文もある

尊敬語には「-세요」を使わない語彙がある

命令文で「-세요」を使わない語彙もあります。

이 약을 드세요.
この薬を飲んでください
(먹다/마시다 → 드시다)
안녕히 주무세요.
おやすみなさい
(자다 → 주무시다)

먹다や자다には「-세요」を付けるのではなく、代わりに他の語彙を用いています。

これは尊敬語の語彙が別にあるからです。

固い口調や雰囲気で話す必要がある時は?

-세요は「-요体」で話す時に使う言葉です。

もし「-ㅂ니다」で話したい時は、-십시오を用いて話すことになります。

저기를 보십시오.
あそこを見てください
(보다)
빨리 가십시오.
早く行ってください
(가다)

挨拶の안녕하십니까も、-ㅂ니다の話し方の一つです。

親しい人や目下の人に対する命令は?

-세요は尊敬の表現なので「~してください」というニュアンスですが、尊敬語を用いない命令もあります。

열심히 공부해요.
一生懸命勉強しなさい
(공부하다)
빨리 와요.
はやく来てよ
(오다)
얼른 자.
はやく寝ろ
(자다)

こういう言い方なら、普通の「~しなさい、~しろ」のような命令文として使うことができます。

命令文の語尾一覧

命令文に用いる語尾を簡単な表にするとこうなります。

尊敬 非尊敬
-요 -ㅂ니다 -요 -ㅂ니다
-(으)세요 -(으)십시오 -아요/어요
-해
-해라

話し相手や状況を見ながら、これらを使い分けるといいでしょう。

命令文についてもう少し詳しく知りたい人は、以下の「命令や勧誘文の語尾」も参考にしてください。

命令文にしてみよう

次の動詞を、命令文にしてみましょう。

불을
電気を消してください
(끄다)
내일 아침에 연락
明日の朝に連絡ください
(주다)
여기서 옷을 
ここで服を脱いでください
(벗다)
창문을 꼭
窓を必ず閉めてください
ID와 비밀번호를
IDとパスワードを入力してください
(입력하다)
거기서 오른 쪽으로 
そこから右に入ってください
(들어가다)
하루에 1시간씩
一日1時間づつ歩いてください
(걷다)
테이블을 깨끗이
テーブルをきれいに拭いてください
(닦다)
그 땅 저한테
あの土地、私に売ってください
(팔다)

※解答はタップしてチェックできます

語尾や言い方を変えながら、いろんなパターンを練習してみましょう。