안/지 않다の違い

안を使った否定文についてです。

안の否定文には「안 ~」と「-지 않다」の2種類がありますが、それぞれの特徴や使い方、どちらがより多用されるのか、などを見ていきます。

Ads

2種類の否定文

短い否定文「안~」

안を使った短い否定文です。

안は「反対」を意味する아니の略語で、これを動詞や形容詞の前で使うことで「反対の意味=否定」を表現します。

アジュンマ-R

오늘은 하나도 안 추워요.
今日はまったく寒くない

デブ-R

오늘은 친구랑 안 만날 거야.
今日は友達とは会わないよ

yuna-R

전 사과를 안 먹어요.
私はリンゴは食べないよ

안~の否定文で注意すべき点は、안と次に来る動詞、形容詞との間をくっつけないこと。

食べません

つまり、안먹다ではなく안 먹다となります。

안は複合語には使えない

合成語や派生語といった複合語には、안 ~は原則使えないのが原則です。

合成語とは2つ以上の言葉が合わさってできた言葉です。

兵士-L

신촌으로는 안 이사했어.(×)
新村には引っ越さなかったよ

男子2-L

바닷물이 안 새파래요.(×)
海の水が青くないよ

女子1-L

하늘이 안 아름다워요.(×)
空がきれいじゃない

~답다や새~、~하다のような複合語には안 ~の否定文は使えません。

ただし、~를 하다と表現することができる動詞であれば、하다の前に안を入れることで안 ~の否定文も使用可能です。

兵士-R

신촌으로는 이사를 안 했어.(〇)
新村には引っ越さなかったよ

リーR

어제는 공부를 안 했어.(〇)
昨日は勉強しなかったよ

안の例外

안の否定文はすべての合成語、派生語に使えないというわけではありません。

警察-L

어제 집에 안 들어갔어.(〇)
昨日は家に帰らなかったよ

おじさん-L

그건 아직 안 해봤어요.(〇)
それはまだやってないよ

안 ~の否定が使えるパターンは少しづつ覚えていきましょう。

長い否定文「-지 않다」

-지 않다でも、否定の意味を表すことができます。

안の短い否定文が使えない単語には、この方法を使います。

鬼軍曹-R

바닷물이 새파랗지 않아요.
海の水が青くないよ

アジュンマ-L

하늘이 아름답지 않아요.
空がきれいじゃない

-지 않다は合成語や複合語でも表現が可能なので、どんな単語にも対応可能とも言えます。

Ads

안と-지 않다の違い

否定の度合いが変わることもある

안と-지 않다は、組み合わせの条件しか違いがないように見えますが、どちらを使うかによっても「否定の強さ」が変わることもあります。

女子2-L

전 고기를 안 먹어요.
私は肉は食べません

女子2-R

전 고기를 먹지 않아요.
私は肉は食べません

-지 않다よりも안の方がより否定する気持ちが強くなります。

したがって、먹지 않아요なら「あんまり食べません」というような柔らかい否定になります。

食べないぞ

しかし안 먹어と言えば「絶対に食べないぞ」という強いニュアンスが込められていたりします。

안と口語の特徴

どんな言語でも、会話では効率よく意志を伝えるために、より短い表現が好まれる傾向にあります。

yuna-L

너 그 식당 안 가봤어?
あのお店行ってないの?

女子1-R

응, 아직은 안 가봤어.
うん、まだ行ってない

会話では表現が短くなりがちなので、単純否定にわざわざ長い-지 않다を使わないなんてことも普通にあります。

안を使ったから無条件に強い否定だと断定はせず、話の流れなどからも判断するようにしましょう。

口語と文語、あらたまった場面での否定文

普段の会話では「안」を使っていても、改まった場面では「-지 않다」を使うことはよくあります。

そのため、안はカジュアル、-지 않다はフォーマルな場面でより多用されるとも言えます。

また、-지 않다は書く時にも多用されます。

こういった否定文を使う場面の傾向も覚えておくといいでしょう。

Ads

안の否定文と間接話法

안と間接話法の組み合わせ方

안の後に続く単語と間接話法を組み合わせるだけです。

アジュンマ-L

내일은 날씨가 안 좋대.
明日は天気がよくないないって

・안 좋다+다고 하다
=안 좋다고 하다
안 좋대요

女子1-L

소영이는 야채를 안 먹는대요.
ソヨンは野菜食べないって

・안 먹다+다고 하다
=안 먹는다고 하다
안 먹는대요

組み合わさる動詞や形容詞に合わせて「다고」や「ㄴ다고」をしっかり区別する必要があります。

-지 않다と間接話法

-지 않다を間接話法に使う場合、動詞か形容詞かによって変わってきます。

形容詞の場合

管理人-R

내일은 날씨가 좋지 않다고요.
明日は天気がよくないないって

yuna-R

내일 서울은 춥지 않대요.
明日のソウルは寒くないって

形容詞の場合は、そのまま「-다고 하다」を使います。

よって、「-지 않다고 하다」となります。

動詞の場合

女子2-L

소영이가 야채를 먹지 않는다고요.
ソヨンが野菜は食べないって

男子2-L

더 이상 술을 마시지 않는대요.
もう酒は飲まないって

間接話法の動詞の否定文は、パッチムのある動詞と同じく「-는다고 하다」を使います。

したがって「-지 않는다고 하다」となります。

間接話法と안の否定文の組み合わせは、形容詞と動詞、ぞれぞれに対する使い方をしっかり押さえておくことが重要になります。

まとめ

1.안は動詞や形容詞の直前に来る

2.안は使える単語に制限がある

3.-지 않다の否定はなんでもOK!

4.안の方が-지 않다よりも強い否定だが、口語ではそうとは限らないこともある

5.안は口語、-지 않다は文語での使用が多い

否定文にどの表現を使うかは個人差もありますが、一般的な傾向だけでもつかんでおきましょう。