おいしそうなケーキを見つけ、食べたいと思いました、今はダイエット中だから控えておこう。

「でも、しかし、だけど」

目の前の誘惑と戦わなければいけない時、こうした言葉はつきものです。

反対の意見や逆のことを話す

反対の話をつないで一つの文にする

-지만は反対の意見を言うなど、話の流れを逆方向に持って行く時に使う文法です。

話の流れを逆方向に?

①홍차는 있어요.
(紅茶はあります)

하지만 우유가 없어요.
(でも牛乳がありません)

①+②
↓↓↓

③홍차는 있지만 우유가 없어요.
(紅茶はありますが牛乳がありません)

하지만を使った文では前の話を否定するような内容が来ることが多いです。

考え方としてはこれらを一つの文につなぎ合わせたものをイメージするといいでしょう。

「-지만」の使い方

動詞や形容詞の語幹に-지만を付けます。

動詞/形容詞 + -지만

가다 + -지만 = 가지만
좋다 + -지만 = 좋지만
공부하다 + -지만 = 공부하지만

샀다 + -지만 = 샀지만
했다 + -지만 = 했지만
더웠다 + -지만 = 더웠지만

パッチムの有無に関係なく-지만を付けるだけです。

커피는 없지만 녹차는 있어요.
コーヒーはないけど緑茶はあります
(없다)
오빠는 밥을 많이 먹지만 살이 안 쪄요.
兄はごはんいっぱい食べるけど太りません
(먹다)
김치찌개는 맵지만 맛있어요.
キムチチゲは辛いけど美味しいです
(맵다)
언니는 공부를 안 하지만 성적이 좋아요.
姉は勉強しないけど成績がいいです
(안 하다)

複雑な変化をするわけではないので、文が作りやすいと思います。

定型パターンは丸暗記しよう

-지만を使った文には「決まったパターン」のものあります。

미안하지만 나는 못해요.
悪いけど私にはできないよ
실례지만 나이가 어떻게 되세요?
失礼ですが、年齢はおいくつですか?

미안하지만や실례지만などは決まり文句として暗記してしまいましょう。

他の文法と組み合わせてこそ威力を発揮する

名詞と一緒に使いたい時は「-이지만」

-지만を名詞と一緒に使いたい時は、이다を加えてあげます。

좋은 친구지만 자주 안 만나요.
いい友達だけど、しょっちゅう会ってません
외출시 마스크가 필수지만 요즘은 어디서도 못 구해요.
外出時マスクが必須ですが、最近はどこにも売ってないです
중학생이지만 그렇게 안 보여요.
中学生だけど、そうは見えないです

パッチムのない名詞なら、そのまま-지만をつければOKですが、そうでない場合は-이지만となります。

過去形と組み合わせるなら?

過去形と一緒に使う場合は、-았/었/였の後に-지만を組み合わせましょう。

열심히 공부했지만 시험결과가 안 좋아요.
一生懸命勉強したけど試験結果がよくないです
창문을 열었지만 그래도 더워요.
窓を開けたけど、それでも暑いです
못생겼지만 마음은 착해요.
ブサイクだけど、優しいですよ

例えば-았다なら-았の部分までが語幹のような扱いになるので、-았지만となります。

否定文に「-지만」を使うなら?

否定文に用いるなら、-지 않다などの後ろに-지만をつければいいだけです。

비는 안 내리지만 바람이 세게 불러요.
雨は降ってないけど、風が強く吹いてます
나쁘지 않지만 좋지도 않습니다.
悪くはないけど、良くもないですね
눈이 오지 않았지만 많이 추웠어요.
雪は降らなかったけど、すごい寒かったです

どの部分から-지만を組み合わせればよいのかを見極めながら、文を作ってみましょう。

~したい「-고 싶다」とは必須の組み合わせ

-지만と-고 싶다も相性のいい組み合わせです。

케이크를 먹고 싶지만 참아요.
ケーキが食べたいけど我慢します
친구를 만나고 싶지만 오늘은 못 만나요.
友だちに会いたいけど、今日は会えません
놀러 가고 싶지만 오늘은 공부합니다.
遊びに行きたいけど今日は勉強します

こういう使い方も積極的に練習するといいですね。

語学は上達していると感じにくい部分が多いですが、コツコツやっていきましょう。