音がつながる

韓国語の発音をマスターするための登竜門、連音化(リエゾン)について解説していきます。

リエゾンがしっかりできていれば、他の発音も自然とできるようになるので、がんばってみましょう。

Ads

連音化とは?

発音がつながること

連音法則=連音化(リエゾン)とは、音のまとまり同士がつながり、続けて発音されることです。

音節や単語などの終わりと次の言葉の始まりの部分が鎖のようにどんどんつながっていきます。

連音化は韓国語だけ?

リエゾンは前の音と次の音がつながることなので、韓国語だけというわけではなく、英語などでも起こる現象です。

thank youを「サンキュー」を言うのも連音化のいい例です。

いちいちthankとyouをわけてキッチリ言う人はいないですよね。

このように子音で終わる音が多い言語ではリエゾンが頻繁に起こります。

連音化のルールと読み方

韓国語は「音節」を基準として、音がつながっていきます。

音節とは「간」のように、一文字で表せる母音と子音を組み合わせた単位を言います。

韓国語で連音化が起こる条件は次の2つです。

・前の音が子音で終わる(パッチムがある)
・次の音が母音で始まる(ㅇで始まる)

韓国語の連音化

このようにパッチムと次の母音が出会うことで連音化が起こっていきます。

パッチムの次が子音なら何も起こらない?

パッチムの次に来る音が母音でなければ連音化は起こりません。

しかし、連音化は起こらないものの、子音同士がぶつかり摩擦が起こります。

そのため、それらを解消するために、濃音化激音化鼻音化といった他の発音の変化が起こります。

連音化は他の発音の変化を学ぶ前の基礎段階と思って練習しましょう!

Ads

連音化(リエゾン)の練習の基本

一文字づつしっかり読むだけ

パッチムの発音の練習の基本になるので、発音が苦手だと思っている人は初級のうちにしっかり練習しましょう。

練習方法は単純で「一文字づつしっかり読む」だけです。

それだけ?と思うかもしれませんが、こういう地味な練習ほど、大変だったりします。
読むのは教科書でもなんでも構いません。

大声でやる必要はないですが、隅々まで口の動きを意識し、大きく動かしましょう。

連音化を練習してみる(ㄴ、ㄹパッチム)

試しにパッチムにㄴがくる単語で連音化の練習をしてみましょう。
※언어を例に説明します

언어[어너]
만원[마눤]
쌀이[싸리]

언を発音

まずは언を発音しますが、ㄴパッチムのため、舌が前歯の裏に付きます。

舌の動きをしっかりと確認しましょう。

어を発音

언の発音が終わった状態(舌が前歯の裏に付いた状態)からスタートし、어と発音します。

すると「어」と言っているような「너」と言っているような、微妙な状態になると思います。

これが「音が連なった状態」で、早く行えば어너と連音化した音になります。

少しづつスピードを上げながら、音がつながる感覚をつかんでください。

口の動きを一つづ確認する

停止と再生

ポイントは口の動きを一つづ確認しながら行うことです。

一時停止した自分が、再生ボタンを押して再び動きだすようなイメージです。

一時停止と再生を何度もリピートしましょう。

ㄱパッチムの連音化

同じようにㄱも練習していきます。
※ここでは떡을で説明します

떡을[떠글]
밥은[바븐]
앞으로[아프로]
감이[가미]

떡で一時停止

舌の根元あたりが、喉の手前にくっつ付くはずです。

続いて을を発音

글のような、을のような音になっているでしょうか。

これらを速くやれば、自然と連音化した音になります。

ㅂやㅁ、鼻音や流音の連音化も同じ

いちいち考えない

ㅂ(ㅍ、ㅃ)や鼻音(ㅁ、ㄴ、ㅇ)あるいは流音(ㄹ)も、基本的に同じやり方でOKです。

頭の中で「パッチムの文字が次の母音の位置に移動して…」なんて考えていると、わけがわからなくります。

文字は「音を目に見える形」にしただけのもので、文字ではなく音ありきです。

一つの音をきちんと発音して、そのまま次の音に入ったら結果的に連音化したというのが理想です。

Ads

その他のパッチムの連音化

ㄷ、ㅅ、ㅈの連音化

ㄷ、ㅅ、ㅈの連音化は、少し注意が必要です。

받은[바든]
옷이[오]
이것이[이거]
꽃이[꼬치]
빛이[비치]

ㄷ、ㅅ、ㅈは、パッチムの時点では舌が前歯の裏に付き、「ㄷ」の発音になりますが、母音と合わさると全く違う音になることもあります。

そのため、他のパッチムの練習をしてから、ㄷ、ㅅ、ㅈの練習した方がいいと思います。

굳이[구]
같이[가]

また、ㄷとㅌは이や히と組み合わさると、「口蓋音化」といってㅈやㅊになるので、最初は이ではなく、他の母音と組み合わせて練習しましょう。

今日は何日?

パッチムに、その次にがくると+=と発音しますが、몇월 며칠(何月何日)はちょっと違います。

パッチムのの発音が生きているため、며둴 며칠と表記することになります。

「何日」を몇일と書いてしまうと며딜と発音することになるので、日付はちょっと特別と思っておきましょう。

ㅎの連音化

ㅎはパッチムであればㄷで発音する(舌が前歯の裏にくる)のに、他の子音と一緒になると激音化するなど、ちょっと変わった特徴を持っています。

좋아[조아]
낳아[나아]
넣어[너어]

ㅎは子音としては弱い音なので、조하、나하、너허と発音したとしても文字通りに聞こえないことも多く、結局は조아、나아、너어と発音することになります。
ㅎの弱体化

ㅎだけは特殊な子音と思えばいいでしょう。

まとめ

発音の練習は慣れるまでは難しいかもしれませんが、連音化は韓国語のすべての発音の基本になります。

これがきちんとできれば、他の発音の変化にも対応できるようになります。

慣れるまでが大変ですが、少しづつやっていきましょう。