長さや広さ、重さなど、世の中にはいろんな「単位」があります。

これらは数学や理科の時間だけでなく、日常生活の場でもよく使われる重要なものです。

今回は、ものを数える・はかる際に必要な「単位の韓国語」を紹介します。

Ads

距離や長さ、速さを表す

よく使う距離の単位「m、km」

「距離」をそのまま韓国語で読めば거리ですが、「長さ」に相当する単語は길이です。

mm:밀리미터
cm :센티미터
m   :미터
km :킬로미터

なび-L

자로 길이를 알아보는 것을 ‘재다‘라고 해요.
定規で長さを調べることを「計る」と言います

김선아-L

키가 얼마나 컸는지 재어 보자.
背がどのくらい伸びたのか計ってみよう

器具で長さや重さなどを計ることを、재다と言います。

その他の長さの単位と読み方

単位/記号 読み方 メートル換算
インチ
in
인티 25.4mm
フィート
ft
피트 30.48cm
ヤード
yd
야드 0.9144m
マイル
mile
마일 1609m
スン
3.03cm
シャク
30.3cm
カン
182cm
チョウ
109m

393m
カイリ
海里
해리 1852m

インチなどの単位を、日本や韓国で使うことは少ないと思います。

また、ものさしや定規を意味するは、単位としての「尺」から来た言葉です。

速さ・速度を示す単位「km/h、m/s」

速さ(速度)は「一定時間に物体がどのくらい進むのか」によって表します。

km/h(時速○○キロ)
m/s(秒速○○メートル)

日常生活で使うのは、この2つくらいでしょう。

시속(時速):1時間に進む距離(km/h、mi/h、mph)
분속(分速):1分間に進む距離(m/m)
초속(秒速):1秒間に進む距離(m/s

km/hは「車のスピード」を、m/sは「風の強さ」を表す時に使いますね。

日本では「風速10m」のような言い方をしますが、韓国の天気予報では「초속10m」のような表現がよく出てきます。

マイル表示(mi/h、mph)はアメリカで使われており、メジャーリーグでピッチャーの投球速度は「90mph」のように表示されます。
※90mph=約145km/h

ちなみに、船が1時間に1海里進む速さが、1ノット(1.85km/h)です。

Ads

面積や広さを表す

よく使う広さの単位「m²、cm²」

「面積」の漢字は면적と読み、「広さ」に当たる単語は넓이です。

mm²제곱밀리미터
cm² :제곱센티미터
   :제곱미터
km² :제곱킬로미터

面積の単位の読み方は、長さの単位に「平方、二乗」を意味する제곱を付け足します。

その他の面積の単位と読み方

単位/記号 読み方 m²換算
アール
a
아르 100m²
ヘクタール
ha
헥타르 10000m²
3.31m²
(約2畳)

韓国で土地の広さなどについて話をする時、習慣的に평(坪)を使うことはありますが、売買などの際にはm²(제곱미터)を使うことが、法で定められています。

そのためエアコンの空調面積(냉방면적)などは「18.7m²」のように表示されます。
※18.7m²=約5.6坪で、10畳ちょっとの広さ

昔の面積の単位と広さを知る目安

「メートル」が導入されるまで、長さの単位には尺(約30cm)間(約182cm)などが使われましたが、広さを表す時にも、これらがもとになりました。

1間はおよそ6尺ですが、この平方(182cm四方の正方形)が「1坪」になります。

つまり「1辺が180cmくらいの正方形がいくつあるか」を考えれば、坪による面積がイメージしやすくなると思います。

畳も「間」を基準に作られるので、結果的に「1坪=2畳分」くらいになるわけです。

Ads

体積や容量を表す

よく使う体積の単位「cm³、m³、ℓ」

「体積」の漢字の読みは체적ですが、実際には「かさ」を意味する부피の方がよく用いられます。

cm³ :세제곱센티미터
cc    :시시(=1cm)
     :밀리리터(=1cm)
   :세제곱미터(=1ℓ)
       :리터(=1000cc)

体積の単位は、掛け算を3回行うこと(3乗)から、세제곱を付け足します。

その他の容量の単位と読み方

単位/記号 読み方 m²換算
ガロン
gal
갤런 3.79ℓ
バレル
bbl
배럴 158.9ℓ
シャク
18cc
ゴウ
180cc
ショウ
1800cc
(10合)

18ℓ
(10升)
ゴク
석、섬 180ℓ
(10斗)

1石は、成人がおよそ1年間に食べる米の量(1日当たり2.7合)で、重さにして約144kgです。

穀物の「容積」を基準にした昔の単位

合や升といった単位は中国から伝わったものですが、「穀物の容積」を基準にしたものです。

大きさが均一の기장(きび)1200粒のかさ(容積)を1약(龠)とし、次のように単位を設定しました。

1合:2龠(ヤク)
1升:10合
1斗:10升
1石:10斗

そして、これらに合わせて作った「マス」で、計量を行ったわけです。

Ads

重さや質量を表す

よく使う重量や重さの単位「g、kg、t」

「重量」は중량よりも、「重さ」を表す무게の方が、使う機会は多いでしょう。

体重の場合も、체중몸무게(体の重さ)の2つを覚えておくといいでしょう。

mg:밀리그램
g   :그램
kg :킬로그램
  :톤

重さの単位は、ㄹパッチムの発音に注意すれば問題ないでしょう。

その他の質量の単位と読み方

単位/記号 読み方 m²換算
オンス
oz
온스 28.3g
ポンド
lb 
파운드 0.45g
モンメ、セン
匁(日本)
錢(韓国)
3.75g
(5円玉の重さ)
リョウ
37.5g
キン
16両
(600g)
カン
3.75kg
(1000匁)

オンスやポンドは「ボクシング」に用いられ、体重測定は「ポンド」で細かく計量します。

「オンス」はグローブの重さの単位にもなっていて、プロの試合では8オンス(約237g)や10オンス(約283g)が使われます。

ちなみに日本でも、匁(もんめ)の前は、銭(せん)と呼んでいました。

貨幣に由来する質量計算


Phote: 一貫文

「銭」は、中国で造られた「開元通宝」という貨幣に由来する単位です。

「通貨1枚を1銭、10枚で1両」として金額の計算していましたが、これが「重量の単位」としても用いられるになっていきます。

貨幣1000枚分の重さを1貫とし、「銭・両・斤・貫」として体系化されました。

Ads

肉1斤と野菜1斤の違い

同じ「1斤」なのに重さがバラバラ

韓国では、肉と野菜における「1斤あたりの重さ」が異なります。

肉1斤:約600g
野菜1斤:約400g

重さが違う理由は、簡単に言うと「使っている単位が違う」からです。

野菜に用いる근(斤)

野菜には「通貨を元にした重さの単位」を用いてましたが、一度にやり取りする量も多かったため、「貫」で取引をしていました。

1錢:3.75g
1両:10錢=37.5g
1斤16両
1貫:100両=6斤

本来ならこのようになるわけですが、大きさや個数がバラバラな野菜は、計算が面倒になります。

そこで、100両=10斤=1貫で扱うようになりました。

これをグラム換算すると「1斤=375g」で、現代では「1斤=400g」として定着していきました。

肉に用いる근(斤)

中国から伝わった「穀物の重さを基準」にした単位で、漢方薬の計量にも使われた方法です。

大きさが均一の기장(きび)1200粒の重さを12수(銖)とし、次のような単位を設けます。

1両:24수(銖)
1斤:16량(両)=384銖
1鈞:30근(斤)
1石:4균(鈞)

1両の重さは約37.5gなので「37.5g÷24銖=1.56g」となり、1銖(シュ)あたりの重さは約1.56gです。
※古代では1両はおよそ0.6g

1斤=1.56g×384銖=599.04g

したがって、肉1斤はおよそ600gになるわけです。

さいごに

単位にはいろんな種類がありますが、自分が普段よく使うものから覚えていきましょう。

ところで、食パンに使う「斤」はイギリスの重量単位「ポンド」が元で、1斤≧340gとなっています。

ちょうど立方体くらいのような形(サイズ)で売られている量が、1斤と考えればいいでしょう。

ちなみに、学校でどのくらい勉強したのかという意味の「単位」は、韓国語では학점(学点)と言います。