日本で「理科」と呼んでいる授業は、韓国では과학(科学)と言います。

理科の時間といえば、実験などでいろんな道具が出てきますが、よく使われるものの名前を集めてみました。

気になる単語があったら、ぜひ覚えてください。

Ads

理科の授業でよく使う道具

ビーカー

容器に目盛りが付いていて、液体の量がどのくらいかがわかる器具ですね。

韓国語でもビーカーは「ビーカー」です。

答え:

三角フラスコ

実験で、液体同士を混ぜ合わせたりする時に使った記憶があります。

「フラスコ」の発音に注意しましょう。

答え:

丸底フラスコ

「底が丸い」を、どう表現するかがポイントです。

底や床面を바닥と言うので、あとはこれに「丸い」を付け足しましょう。

答え:

試験管

これは漢字語がそのままなので、難しくはないと思います。

パッチムの発音にだけ気をつければいいでしょう。

答え:

メスシリンダー

これもカタカナがそのままですが、単に「シリンダー」と呼ぶ人もいたりします。

答え:

Ads

理科の実験でよく使う道具

スポイト

日本語では、スポイトとピペット(피펫)2通りの呼び方がありますが、韓国語ではスポイトと呼ぶ場合がほとんどです。

答え:

シャーレ、ペトリ皿

実験で、スポイトと一緒に使ったりしたのではないでしょうか。

日本語なら「ペトリ皿とシャーレ」どちらでも構いませんが、韓国では基本的に「シャーレ」を使います。

答え:

アルコールランプ

加熱実験に出てくる道具ですね。

カタカナをそのまま、韓国語読みで発音すればOKです。

答え:

虫めがね

小さいものが大きく見える、いわゆる「凸レンズ」のことです。

凸レンズは韓国語で○○○といい、○○○안경(凸レンズの眼鏡)で「老眼鏡」となります。

話によっては、○○○だけで老眼鏡を指すこともあります。

答え:

顕微鏡

小さいものを拡大して見ることができる道具ですね。

光の反射を利用する광학○○○(光学~)や、対象物からはね返ってきた電子を映像化する전자○○○(電子~)などがあります。

答え:

方位磁針、方位磁石、コンパス

コンパス(方位磁針)を韓国語では、漢字語3文字で表現します。

コンパス(컴퍼스)では、数学で円を描く時に使う器具を指すことが多いので、誤解を避けたい人は、語彙を使い分けるといいでしょう。

答え:

Ads

はかりや計量器の種類

「重さをはかる、天秤にかける」を韓国語で?

種類に関係なく「はかり」を韓国語で○○といい、はかりで重さを調べることを「○○질을 하다」と言います。

○○질は、重さをはかるだけでなく「利害や損得を比べる」という意味もあるので、「天秤にかける」というニュアンスにもなります。

ちなみには、名詞の後ろに付いて「動作」を表す言葉です。

答え:

針が動くアナログタイプ

目盛りと針で重さをはかるシンプルな計量器。

「はかり」と言えば、これをイメージする人も多いのではないでしょうか。

答え:

使い勝手のいいデジタル式

デジタルメーターがついた「電子式」の方が、普段使う機会は多いかもしれません。

答え:

ばねばかりを韓国語で?

「はかり」の韓国語は○○なので、これに「ばね」を付け足しましょう。

ばねの韓国語は△△△です。

答え:

理科といえば上皿天秤

上皿天秤も、理科の実験には定番のアイテムですね。

上皿天秤は「天秤のはかり」を韓国語にしましょう。

答え:

分銅は天秤に欠かせない

これがなきゃ、天秤で重さを調べられません。

「分銅」の漢字を、そのまま韓国語で読みましょう。

答え:

まとめ

日本語 韓国語
ビーカー 비커
三角フラスコ 삼각플라스크
丸底フラスコ 둥근(바닥)플라스크
試験管 시험관
メスシリンダー 메스실린더
スポイト 스포이드
シャーレ
ペトリ皿
샬레
페트리 접시
アルコールランプ 알코올램프
虫めがね 돋보기
顕微鏡 현미경
方位磁石
コンパス
나침반
はかりにかける 저울질
針のはかり 지시저울
デジタル式のはかり 전자저울
ばねばかり 용수철저울
上皿天秤 천칭저울
 分銅 분동

実験を普段することはなくても、日常生活の中で使うかもしれない語彙はあるので、知っておいて損はしないでしょう。