カルビにロース、ハラミなど。

焼肉を食べに行けば、これらのお肉は必ずと言っていいほど、口にすると思います。

日本では定番のメニューとも言えますが、こうした肉の名前を韓国語では何と言うのか。

今回のテーマは「牛肉の韓国語」です。

Ads

牛肉(소고기)で定番の部位

ロース・サーロイン

牛や豚の背中の肉を○○といい、ロースやリブロース(알○○)などを指します。

また、サーロインは체끝と言いますが、同じ「背中の肉」として、まとめて○○と言うこともあります。

答え:

ヒレ・シャトーブリアン

「内側に位置する肉」で、ヒレ(필레)やシャトーブリアン(샤토브리앙)のことです。

脂肪が少なく、やわらかいのが特徴ですね。

答え:

カルビ・ばら

お腹側のいわゆる「バラ肉」で、○○(骨付き)と○○살(骨なし)のように、区別して呼ぶこともあります。

また、お店によっては「味付けした양념○○」と「味付けしていない생○○」など、メニューが分かれていることも。

いずれにせよ、パッチムをしっかり発音しましょう。

答え:

ハラミ・サガリ

牛の横隔膜(가로막)の肉を、ハラミ(背中側)やサガリ(お腹側)といいます。
※地域によって、呼び方が変わることもあります

日本では広く知れ渡っている部位ですが、韓国では精肉店で働いている人などでない限り、名前までは出てこないかもしれません。

答え:

牛タン

「牛の舌」をそのまま소혀と言ってもいいですが、もう一つの呼び方も覚えておきましょう。

答え:

Ads

その他の部位など

ミノ(牛の第1胃袋)

「ミノ」が牛のどこの部位か、なんとなくは知っていると思いますが、牛の第1胃袋です。

ハチノスとセンマイの間の部位「ヤン」とは、別に考えましょう。

答え:

ハチノス(牛の第2胃袋)

見た目が「ハチの巣」みたいだからという、安易なネーミングのような気もしますが、ハチノスは牛の第2胃袋です。

答え:

センマイ(牛の第3胃袋)

韓国でレバ刺しを食べに行くと、生の「センマイ」が一緒に出てくることが多いです。

センマイが、牛の第3胃袋になります。

答え:

ギアラ(牛の第4胃袋)

「ギアラ」という名前から、牛の第4胃袋を想像できるかはわかりませんが、韓国にもあります。

韓国語では「豚の直腸(てっぽう)と同じ語彙」でもあるので、混同しないようにしましょう。

答え:

牛もも肉

焼肉よりも「ステーキ」や「ローストビーフ」のイメージが強い気もしますが、部位の名前として覚えておきましょう。

牛ももは「ユッケ」に使われることもあります。

答え:

Ads

その他のメニューや用語

ユッケ

日本では、食べる機会がなくなった牛肉のユッケも、韓国では普通に食べることができます。

회(膾)は「肉や魚を生で食べる料理」を意味する漢字ですが、ユッケも直訳すれば「肉の刺身」となります。

ちなみに、ユッケの材料になることが多い우둔살(ランプ)は「腰から尻の部分」で、뭉치살とも呼ばれます。

答え:

レバ刺し

ユッケと同じく日本では食べれない「レバ刺し」も、韓国でならOK!

レバーは、肝臓の「肝」をそのまま韓国語にしましょう。

答え:

「霜降り」を韓国語で?

肉の繊維の間に脂肪が散りばめられたような、いわゆる「霜降り」は○○○と言います。

また、綺麗に脂の入った霜降りのロースやリブロースを、꽃등심と言います。

答え:

ビーフジャーキーは?

포(脯)は「干した肉」を表す漢字ですが、牛肉を小さく刻んで乾燥させたもの。

すなわちビーフジャーキーのことを、○포と言います。

答え:

まとめ

日本語 韓国語
ロース 등심
ヒレ 안심
カルビ 갈비
ハラミ
サガリ
안창살
牛タン 우설
牛もも 설도살
ユッケ 육회
レバー
ミノ
(第一胃袋)
 곰양
ハチノス
(第二胃袋)
절창
センマイ
(第三胃袋)
천엽
ギアラ
(第四胃袋)
막창
홍창
霜降り 마블링
ビーフジャーキー 육포

焼肉店に行ったら、韓国語の名前を考えながら、お肉を食べてみるのもいいのではないでしょうか。