「~だけ、~のみ」といった意味を表現をする時に使われるのが、-뿐や-만といった語彙です。

これらはぞれぞれに合わせた使い方があり、単に言葉を入れ替えればいいというものではありません。

そこで뿐・만・밖에を用いた表現の違いについて解説していきます。

『~だけです』に使うのが「뿐」

名詞など他の言葉と一緒に使うのが基本

まず뿐は依存名詞(知らなくてもいい)と言って、他の語彙と一緒に使う言葉です。

一緒に使うのは名詞で、これにより「~だけです」のような意味になります。

내가 해 줄 수 있는 건 이것 뿐이에요.
私がしてあげられるのはこれだけです
지갑에 남아 있는 돈이 3만원 뿐입니다.
財布に残ってるお金が3万ウォンだけです
내가 사랑하는 건 뿐이야.
俺が愛しているのはお前だけだ

また뿐そのものも名詞の仲間なので、語尾は-입니다や-이에요などにしてあげましょう。

뿐を動詞や形容詞と使いたい場合

뿐を動詞や形容詞と一緒に使いたい場合は、-ㄹ 뿐이다の形にします。

전 최선을 할 뿐입니다.
私は最善を尽くすだけです
난 열심히 노력했을 뿐이에요.
私は一生懸命努力しただけです
그냥 쉬고 을 뿐이에요.
ただ休みたいだけですよ

こんな感じにすれば「~するだけ、~しただけ」といった内容の話をすることができます。

뿐の大まかなところは理解できたでしょうか。

『~だけ・・・』に使うのが「만」

「~だけ、~のみ」の順番が変わる

-만も「~だけ、~のみ」のニュアンスで使います。

ただし뿐と違うのは「文の順番」です。

「~だけ」の順番が変わる?

①집에 있는 사람이 저 뿐이에요.
家にいるのは私だけです

「だけ」の位置が入れ替わる
↓↓↓

저만 집에 있어요.
私だけ家にいます

「だけ」が文の前にくるのか、後にくるのかが異なる

つまり「~だけです」という文にするか、それとも「~だけ・・・です」という表現にするかの違いです。

後半に「どうだ、どうする」を表す言葉を入れよう

-만の「~だけ」は、文の前半に入れましょう。

이것 갖고 싶아요.
これだけほしいです
지갑에 카드 있고 현금은 없어요.
財布にはカードだけで現金はありません
친구들은 다 가버렸고 우리 남았어요.
友達はみんな帰ってしまい、私たちだけが残りました

-만の後には「どうする、どうだ」を表す言葉を入れ、文を作ってあげましょう。

『~しかない』に使うのが「밖에」

「~だけ」を肯定文から否定文にする

밖에も「限定」を意味する表現ですが、-뿐や-만とは何が異なるのでしょうか。

만から밖에に変えると?

①냉장고에 우유만 있어요.
冷蔵庫に牛乳だけあります

肯定文から否定文に変える
↓↓↓

②냉장고에 우유밖에 없어요.
冷蔵庫に牛乳しかありません

要は만の文を否定文にしたのが밖에です。

否定文にもいろいろある

밖에は必ず否定文と組み合わせますが、否定文と言っていろいろあります。

나한테는 당신밖에 안 보여요.
私にはあなたしか見えません
전 한국어와 영어밖에 못해요.
私は韓国語と英語しかできません
육회를 먹을 수 있는 데가 광장시장밖에 몰라요.
ユッケを食べれるところは、広蔵市場しか知りません

안や못はもちろん、없다や모르다のように否定のニュアンスになる言葉ならどれを使っても構いません。

뿐・만・밖에を上手く使って文を作り変えたりしながら、いろいろ練習してみましょう。