星座を韓国語では「별자리」と言います。

자리とは「一定の空間や位置」などを表し、별(星)と組み合わせて、별자리(星座)となります。

성좌(星座)という漢字語はあるものの、一般的によく使うのは별자리の方です。

星座が反射的に口から出るようにするために

十二星座と韓国語

十二星座の韓国語は、以下のようになります。

日本語 韓国語 時期
おひつじ座 양자리 3月21日~4月20日
おうし座 황소자리 4月21日~5月20日
ふたご座 쌍둥이자리 5月21日~6月21日
かに座 게자리 6月22日~7月23日
しし座 사자자리 7月24日~8月23日
おとめ座 처녀자리 8月24日~9月23日
てんびん座 천칭자리 9月24日~10月23日
さそり座 전갈자리 10月24日~11月22日
いて座 사수자리 11月23日~12月22日
やぎ座 염소자리 12月23日~1月20日
みずがめ座 물병자리 1月21~2月19日
うお座 물고기자리 2月20日~3月20日

まずは自分の星座から覚えてみましょう。

そのままで覚えるよりも会話文で練習する

星座の名前を覚えたら、ちょっと練習してみましょう。

김대호-L

별자리가 뭐예요?
星座はなに?

황수지-R

저는 물병자리예요.
私はみずがめ座です。

そのまま丸暗記しても、忘れやすいのが人間です。

とっさに聞かれてもすぐ答えられるよう、簡単な会話文でいいので、声に出してみましょう。

いくつかのパターンを考えてみる

せっかく練習するなら、いくつかパターンを用意してみましょう。

양승희-R

너 별자리가 뭐지?
星座は何?

兵士-L

천칭자리.
俺は天秤座。

丁寧語とため口と二つくらい表現の仕方を練習しておけば、いざって時に言葉が出てくると思います。

星座占いは「黄道十二宮」で行う

黄道十二宮を韓国語で?

12星座には黄道十二宮(황도십이궁)といって、通常とは違う呼び方もあります。

これは1年をおよそ1か月づつ「12の期間」に分けたもので、占いでは十二宮を使って運勢などを見ていきます。

黄道十二宮をそれぞれどう呼ぶのか、日本語と韓国語あわせて覚えてしまいましょう。

日本語 韓国語 時期
白羊宮
はくようきゅう
백양궁 3月21日~4月20日
金牛宮
きんぎゅうきゅう
금우궁 4月21日~5月20日
双児宮
そうじきゅう
쌍아궁 5月21日~6月21日
巨蟹宮
きょかいきゅう
거해궁 6月22日~7月23日
獅子宮
ししきゅう
사자궁 7月24日~8月23日
処女宮
しょじょきゅう
처녀궁 8月24日~9月23日
天秤宮
てんびんきゅう
천칭궁 9月24日~10月23日
天蠍宮
てんかつきゅう
천갈궁 10月24日~11月22日
人馬宮
じんばきゅう
인마궁 11月23日~12月22日
磨羯宮
まかつきゅう
마갈궁 12月23日~1月20日
宝瓶宮
ほうべいきゅう
보병궁 1月21~2月19日
双魚宮
そうぎょきゅう
쌍어궁 2月20日~3月20日

どれも漢字をハングルで読んでいるだけですが、黄道十二宮はあくまで「期間・時期」のことであって、星座を指すわけではありません。

また金牛宮を「牡牛座」と呼ぶのは、十二宮それぞれの時期に見える星座(黄道十二星座)を当てはめているからです。
※へびつかい座は除きます

本来なら「人馬宮の生まれの人は…」というように鑑定を行うはずなのですが、実際は「射手座の人は…」というような言い方をしています。

そのため馴染のない呼び方かもしれません。

十二宮は季節を知る目安にもなる

十二宮は「春分の日」からスタートするので、そこから1か月づつ見ていくと、ちょうど次の宮(星座)が、季節の節目と一致します。

白羊宮(牡羊座):春分の日から
巨蟹宮(蟹座)   :夏至の日から
天秤宮(天秤座):秋分の日から
磨羯宮(山羊座):冬至の日から

こうして古代の人は、星の動きからも暦を把握していたわけです。

ところで現在、白羊宮の時期に来る星座は「うお座」です。
※歳差運動により、徐々に地軸の向きが変わっていくため

これを「おひつじ座」しているのは、およそ2000年前の星座の位置がそうであったためで、昔からの呼び方を便宜上そのまま使っているということになります。

韓国語で友達に星座を聞いてみるなどして、実際に使ってみましょう。