韓国語能力試験などの語学試験を受ける人にとって、避けて通れないのが「作文」です。

韓国語で長文を書くことを要求されるわけですが、この時、「原稿用紙の使い方を知っているか」で試験結果が左右されることもあります。

せっかくいい文章を書いたとしても、用紙を正しく使えなければ、減点されてしまうからです。

そこで今回は、韓国の原稿用紙の使い方を、日本の書き方と比較しながら解説していきます。

Ads

 題名や名前を記入する

一番上に文の種類を書く

原稿用紙を使う時、まずやることは「ジャンル」を書くことです。

「感想文・説明文・エッセイ」など、文章にもいろんなタイプがありますが、書くものがどんな文なのかを明記します。

ジャンルは、書かなくてよい場合もありますが、その時は1行目を空欄にしておきます。

日本語にはない用紙の使い方ですね。

題名、タイトルは中央に

題名は2行目の中央に書きます。

この際、文字数をちゃんと数えることが大事です。

「分かち書き」も数に含まれるため、その分を計算してタイトルが中央にくるようにしましょう。

また、題名に記号を使うのは好ましくありません。

?や!などの記号は書かないように気を付けましょう。

SNSやブログとは違います。

 所属や名前は2マス残して

題名を書いたら、その下に所属や名前を記入します。

ポイントは右側2マスを空欄にしておくことです。

所属の書き方に特別な規定はないので、2行に分けて学校やクラスなどを書いていくもよし、1行にまとめて書いても大丈夫です。

授業や課題などで作文を書くのであれば、学校名をわざわざ記入する必要はないでしょう。

ちなみに、例では題名の下を1行空けて所属を記入していますが、空けずに3行目から書いても構いません。

書く人の好みにもよりますが、もし様式を指定されたのであれば、その通りに書きましょう。

日本語で題名などを書くなら

日本語の場合、1行目に題名を書き、ジャンルなどは記入しません。

また、名前の右側は1マスしか空けないのも、韓国とは違う部分ですね。

Ads

本文を書く時のルール

名前の下を1行空けて書き出す

本文は名前の下を1行空け、その下から書き始めます。

この際、一番左のマスは使用せず、「2マス目」からスタートします。

最初の1マス目を使わないのは、日本語も同じですね。

ただし、日本語の場合は、名前のすぐ下の行から書き始めます。

これも、韓国語と日本語の用紙の使い方の違いとして、覚えておきましょう。

「分かち書き」が列の最初に来る時

韓国語にあって、日本語にないものと言えば、分かち書き(띄어쓰기)です。

基本的には「分かち書きも1マス」として書いていけばいいわけですが、これが行の最初に来た時は注意が必要です。

こういう場合は、1マス空けることなく書いていきます。

うっかりマスを空けてしまうことがないよう、気を付けましょう。

段落が変わる時も1マス空ける

一つの「話のまとまり」が終わった時などに、段落が変わることはよくあります。

段落が切り替わる時も、始まりは1マス空けて書き出しましょう。

段落の変更で最初の1マスを空けるのは、日本語も同じですね。

これだけなので、特に難しくはないと思います。

会話文は次の段落に1マス空けて

文中に会話文が入る時は、新しい行に書きましょう。

そして、左側を1マス空けます。

この際、文章が長くなっても、左側は常に空けておくのがポイントです。

これは、「話のやり取り」を書いたものであることが、すぐにわかるようにするためです。

一方、日本語の場合は、会話文の書き方が少し違います。

会話文を「新しい行から書いていく」のは同じですが、左側のマスを空ける必要はありません。

ややこしくなりそうですが、しっかり区別しておきたいところですね。

ちなみに、日本語では会話文を表す時に「かぎ括弧」を使いますが、韓国語ではダブルクォーテーション(” “)を使います。

Ads

句読点や括弧の使い方

句読点(, .)の次は空けない

韓国語で使う句読点は、온표(ピリオド)쉼표(カンマ)の2つです。
※마침표、온점ともいいます

これらは、「記号1つに対して、マス1つ」を使います。

韓国語には「分かち書き」があるので、ピリオドやカンマの次は1マス空けなきゃいけないと思うかもしれませんが、続けて書いて構いません。

ただし、「!や?」などの後は1マス空けて書きましょう。

日本語でも、句読点の後に1マスを空けるといったことはしません。

韓国語と日本語、同じ感覚で書ける文章記号です。

句読点が行の最初に来るときは?

作文を書いていれば、句読点が「行の先頭」に来てしまうこともあるでしょう。

こういう時は、記号(ピリオド、カンマ)を前の行の最後に書く必要があります。

ピリオドやカンマを先頭にして文が始まることはないということです。

これは日本語の「句読点」でも、同じことが言えますね。

句読点は新しい行に書かかず、前の行の最後に入れます。

「括弧の始まり」が行の最後に来るときは?

韓国語では、日本語の「括弧」に相当する記号として、シングルクォーテーション(’ ‘)も使います。

文中の言葉を強調するといった役割があるのですが、そうした記号の「始まり」が行の最後に来た場合は、次の行から書いていきます。

思わず行の最後に書いてしまわないよう、注意が必要です。

また、シングルクォーテーションを「かぎかっこ」に置き換えて考えた場合、日本語でも同じことが言えます。

要するに、開き括弧の類を行の最後には書かないということです。
※「、『、<、( など

これも、韓国語と日本語の共通する点ですね。

ちなみに、ダブルクォーテーションとシングルクォーテーションは、文中での役割が異なります。

句読点と括弧を一緒に使う時

会話文の表示にはダブルクォーテーション(” ” )を使いますが、この「締めくくり」をどう書くかです。

会話文の最後は、ピリオドとダブルクォーテーションを同じマスに書き込みます。

ただし「!や?」などの記号は、ダブルクォーテーションとは別のマスを使います。

ところで、これを日本語に当てはめてみた場合ですが、やはり「句点と閉じかっこ」を同じマスに入れることがあります。

!や?にしても、やはり使い方はよく似ていますね。

ただし、日本語では会話文の終わりに「閉じ括弧しか使わない」こともあります。

作文の際は、書き方をどちらかに統一した方がよさそうです。

Ads

アルファベットや数字、その他の記号

数字、アルファベットは2文字ずつが基本

数字やアルファベットには、2文字で1マスを使うのが基本です。

ただし、大文字のアルファベット、あるいは小文字でも1文字しかない場合には、1マスを割り当てます。

大文字=全角文字
小文字、数字=半角文字

このような感覚でとらえると、覚えやすいのではないかと思います。

ところで、数字やアルファベットは、日本語でも書き方は同じです。

これらは「世界共通」と言えるかもしれないですね。

数学記号なども1文字に1マス

数式などを書く場合も、記号1つにマス1つが原則です。

省略などを表す記号(・・・)は、マス1つに点を3つ入れたものを2つ、合計6個の点を記入します。

韓国語と日本語で、書き方に「ほぼ違いはない」と言えます。

記号の書き方は、このくらい覚えておけば、大丈夫でしょう。

ただ、作文問題などで数学記号を原稿用紙に書くとしても、「%」くらいしかなさそうな気はします。

まとめ

韓国語と日本語が、もともと似た言語のためか、原稿用紙の使い方にも共通点は多いです。

また、試験問題の作文は「本文から書け」といった場合も多く、題名などを除けば、日本語の作文に近い感覚で取り組めるのではないでしょうか。

作文でも、ぜひ高得点を目指してください。