どこの国でも「タクシー料金とぼったくり」の問題はセットです。

韓国にも外国人(だけではないが)を狙った悪質なタクシーが、存在しないわけではありません。

ところで、韓国タクシーのぼったくりと言えば「料金メーターを不正に操作している」というような噂を聞きますが、本当なのでしょうか。

Ads

料金メーターは進化している

メーターの不正操作は「できない」

以前は、料金メーターの不適切な操作によって運賃をつり上げ、高い金額を請求するといったことがありました。

しかし、2013年以降に導入された「新型の料金メーター」によって状況は変わります。

新しいメーターは「デジタル式」で、運行に関するデータがすべて記録されるほか、不正防止プログラム(조작방지프로그램)が組み込まれています。

そのため、メーターの不正操作はできなくなりました。

深夜料金などもメーターが自動計算

深夜(0時~4時)の運行や営業エリア外までの走行によって発生する「割増し料金」も、新しい料金メーターでは、自動で計算されるようになっています。

そのため、ドライバーが勝手に操作して、割増し料金をごまかすようなことはできません。

また、新型のメーター設置は義務になっています。

料金メーターの不正操作による「ぼったくり」を心配する必要はないと思います。

メーターを不正改造するとどうなる?

メーターの違法改造には「3年以下の懲役もしくは罰金1000万ウォン」と、厳しい処分が待っています。

普通にソウル市内を流しているタクシーにとって、違法メーターはリスクが大きく、使っている可能性は低いでしょう。

ただし、違法コールバンなどの場合、正規のメーターを使っていないことも多く、平気でぼったくりをします。

Ads

ぼったくり対策は「予防」が大事

タクシーが「遠回り」するか心配?

料金メーターの不正操作と並んで問題になるのが、わざと遠回りをして運賃をつり上げることです。

ただ、今のタクシーにはナビも付いてるし、道路状況によって「目的地までの最短ルート」は変わります。

遠回りしたとしても、数千ウォン程度の差にしかならないので、ガソリン代などを考えれば、遠回りしてもあまり意味はないと思います。

運転手の良心にも左右される部分ではあります。

経由する地点を指定するのもあり

遠回り対策の一つとして「どこを経由するか指定する」のもありです。

みか-R

신촌을 거쳐 홍대요.
新村を通ってホンデまで

-을/를 거치다で「~を通る、経由する」という意味です。

複数でタクシーに乗った際に、降りる人の順番と目的地に合わせたルートを運転手に伝えるのもいいでしょう。

違法タクシーには近づかない

まともな営業をしていないタクシー(違法コールバンなど)に乗ってしまうと、通常の料金からは考えられないような運賃を請求されます。

被害に遭ったとして、車両ナンバーなどを警察に通報しても、どこまで対応してもらえるかはわかりません。

通報して、犯人が検挙されれば被害額が戻ってくるシステムもありますが、向こうから声をかけてくるなど、変だと思ったタクシーには近づかないのが一番です。

Ads

タクシーをつかまえる時のポイント

車体の「色の違い」は当てにならない

韓国のタクシーには、車体の色がいくつかあります。

種類
シルバー 個人タクシー
個人タクシー
オレンジ 法人タクシー

オレンジ(꽃담황도색)は、2010年にソウル市が導入した色で、法人タクシーはこのカラーが基本です。

シルバーや白は従来の色で、個人タクシーにこのカラーが多いのは「色の選択」が可能だからです。

個人タクシーでも、オレンジの車体は結構あります。

色の違いで料金やサービスが変わるわけではないですが、不安ならソウル市推奨のオレンジにしておきましょう。

帰る方向に合わせて乗る

自分が行きたい方向と車の進行方向が一致していることも重要です。

道路状況によっては、右左折やUターンが面倒になる場合もあり、余計な距離を走れば(時間がかかれば)その分運賃も上がります。

鍾路から新村に行きたい時

例えば鍾路からタクシーで新村に行こうとした時、東大門へ向かう車線からタクシーに乗るのは好ましくないですよね。

目的地までスムーズに行くためにも、道路の反対側に行ってからタクシーをつかまえるといった工夫も必要です。

タクシーが乗客を拒否することもある

タクシーがお客を拒否をする場合もあります。

1.予約の客を待っている
2.他の運転手と交替する時間が迫っている
3.自分の営業区域でない
4.ドライバーがトイレに行きたい

これらが乗車拒否の理由の代表的なものですが、「4」は運転手も人間だから仕方ないですね。

トイレくらいは行かせてあげましょう。

本当はいけない乗車拒否

営業区域に違反していないのにもかかわらず、目的地によってタクシーが乗車拒否をすることがあります。

深夜に、ソウル市内から郊外に近い場所まで走らなければいけないといった時で、郊外まで行ってしまうと、次の乗客をつかまえるのが難しくなるからです。

他にも、目的地まで近すぎる場合に乗車拒否されることがあります。

タクシーも商売なので、儲からない客は乗せないわけです。

こういうのは本当はダメなのですが、なかなか減らないのが現状です。

Ads

カカオタクシーを使った予約

タクシーと乗客のトラブル(特に乗車拒否など)を解消する手段の一つとして出てきたのが「カカオタクシー」です。

タクシーを呼び出せるアプリで、これを使えば簡単にタクシーを拾えるようになります。

naver辞書アプリ

カカオ T(タクシー・代行運転アプリ)

評価:
価格:無料
開発:Kakao Mobility Corp.

あらかじめアプリに出発地と目的地を入力するので、運転手に行き先を細かく説明する必要はありません。

韓国語が得意でない人にも便利なアプリだと思います。

トラブルを起こしたドライバーには罰が

カカオタクシーには運転手の評価やクレームの申し入れと言った機能が付いています。

タクシーを利用した「時間、場所、運賃、運転手、ナンバー」といった細かい情報が、アプリに記録されることで、通報がしやすくなります。

「苦情の多いドライバー」には、アプリからお客が紹介されなくなるのはもちろん、料金メーターをちゃんと動かさないといった「問題行動」が発覚すれば、タクシー会社(運転手)に高額の罰金がいきます。

タクシーの営業環境はどんどん厳しくなってきているので、ぼったくりそのものが難しいと言えるでしょう。

無断でタクシーをキャンセルするとどうなる?

配車予定時間を過ぎているのにもかかわらず、タクシーが来ない時・・・

アプリの予約を取り消し、自分でタクシーを拾って帰る人も多いです。

ただし、そういう時はきちんと「取り消しの手続き」をしましょう。

無断キャンセルが続いた乗客には、タクシー側から苦情が行き、アプリの使用に制限がかかるなんてこともあります。

トラブルがなくなるわけではない

比較的安全にタクシーを利用できるアプリだと言っても、トラブルがないわけではありません。

・配車予定時間を大幅に過ぎてもタクシーが来ないため、利用をキャンセルしたら、ドライバーから電話がかかってきて、暴言を吐かれた

・近場まで依頼のため、運転手が配車の要請に応じず、結局タクシーがつかまらない

アプリでも乗車拒否はあるんです。

それでもトラブルが減ることを考えれば、カカオタクシーは十分良いアプリだとは言えます。

ぼったくりよりも気を付けることがある

ぼったくりよりも「気を付けるべきこと」があります。

夜間、一人でタクシーを利用する女性客に対して「暴行をはたらくドライバー」などが、ごくまれにいることです。

気の強い人なら運転手を撃退できるかもしれませんが、韓国人女性もみんなそうとは限りません。

夜はタクシーよりも夜間バスを利用するといった「少しでも危険を避ける意識」を持つことの方が、ぼったくり対策よりもずっと大事でしょう。