韓国語能力試験(TOPIKⅡ)を受ける人が、最も難しいと感じるのが「書き取り」の問題だと思います。

難易度が高い上に制限時間が短く、書かなければならない文量も多いからですね。

しかし、この壁を越えられれば、TOPIKⅡで高得点を狙うことも可能になってきます。

今回は、韓国語能力試験の「書き取り対策」についてです。

Ads

問題の種類と採点基準

どんな問題が出るのか?

書き取り(쓰기)の問題は、大きく3つに分けることができます。

TOPIKⅡ(書き取り)の問題の種類

1.文脈を読み取る問題
2.事実を述べる問題
3.考えを述べる問題

したがって、これらに合った対策をしていくことが必要になってきます。

作文の採点基準はどうなってる?

書き取り問題は、作文が大きな割合を占めますが、試験対策として「採点基準」を知っておくことも大事です。

1.解答として十分なものになっているか

聞かれたことにちゃんと答えているかということですね。

作文問題はまず、この点を意識しましょう。

2.適切な語彙や文法の使用

きちんとした文語で書かなければならないので、口語や普段使っている言葉をそのまま書き込んでしまうと、それだけ減点されてしまいます。

3.論理的な文章になっているか

とにかくマスを埋めようとするあまり、内容がめちゃくちゃになってしまうことも・・・

「文章の構成」にも気を配りましょう。

質問に対して、書き言葉で論理的に答える。

要はこれだけなのですが、簡単にいかないのが作文問題の難しいところでしょうか。

過去の問題をやってみよう

出題の傾向を知るためには、過去の試験問題をやってみるのが一番です。

TOPIKの過去問題を公開しているサイト

・かじりたてのハングル
http://kajiritate-no-hangul.com/KENTEI/TOPIK_data.html

・TOPIK 韓国語能力試験 試験案内
http://www.topik.go.kr/usr/cmm/subLocation.do?menuSeq=2110502

試験勉強には、こうした過去問も積極的に利用しましょう。

Ads

穴埋め式の問題

文脈を読む力が必要

書き取りで最初に出てくるのが「穴埋め式の問題」です。

これは、文章を読んで( )に入る内容を答えるという形式になっています。


第41回TOPIKⅡ

問題の文章は、公示文からメールまで、さまざまです。

どんな文なのかをしっかりと把握し、適切な表現を( )に入れていきましょう。

なんでも한다体で書けばいいというものではない

作文は「-ㄴ다」や「-는다」といった한다体で書くのが基本です。

しかし穴埋め問題の解答では、そういうわけにはいかない場合もあり、語尾には気をつける必要があります。

例えば、次のような問題の場合。


第41回TOPIKⅡ

文章中の語尾は「-ㅂ니다」や「-ㅂ니까」になっています。

ということは、答えを한다体で書くと、そこだけ不自然な文になるということです。

なんでも한다体で書けばいいというものではなく、出題された文に合わせた語尾の選択にも気を配りましょう。

Ads

200~300字の文を書く問題

グラフなどの資料がよく出てくる

200~300字の作文で「事実を述べる問題」です。

グラフやアンケートの結果といった「資料」がよく出てきます。


第41回TOPIKⅡ

解答は、これらの内容について説明をすることになります。

「情報を簡潔にまとめること」を意識して書いていくといいでしょう。

余計なことは答えなくていい

文字数を稼ごうとしてか、聞かれてもいないことを書いてしまう人がいます。

例えば次の問題なら、「대중매체(メディア)がどのように分類できるか」について問われています。


第37回TOPIKⅡ

図から読み取れる情報に従って説明をすればいいので、「メディアは、印刷媒体(인쇄매체)や電波媒体(전파매체)、通信媒体(통신매체)に分類できる」といった内容を書いていけばOKです。

ところが「インターネットの普及が進むにつれ、テレビを視聴する人は減ってきている」とか、資料にはないことを書いてしまう人がいるということです。

たとえそれが本当だとしても、図にはそういった情報はないですよね。

余計なことは書かず、聞かれたことにしっかり答えましょう。

600~700字の長文を書く問題

客観的な意見が求められる作文

ざっくり言うと「考えを述べる問題」です。

「私はこう思います」のような文を書くわけですが、必ず「理由」とセットになります。

もちろん試験なので、客観的な文章でなければいけません。

早い話、説得力のある理由にもとづいた意見を書けということです。

具体例を挙げて書いていく

客観的な意見を書けと言われても、何を書けばいいか悩んでしまう。

そんな時は「具体例を挙げる」ということを意識してみましょう。

「~なので」といった理由の部分に、具体的な話を加えるということです。

こうすることで文の客観性も上がり、誰もが納得しやすい文になります。

作文では満たすべき「条件」が示される

600~700字の作文は、韓国語で小論文を書くようなものですが、長文といっても完全な自由作文ではありません。

いくつかの「テーマ」が与えられ、これに沿った内容であることが求められます。

次の問題を見てみましょう。


第52回TOPIKⅡ

・意志の疎通はなぜ必要か?
・意志の疎通がうまくいかない理由は何か?
・意志の疎通を円滑にするための方法は何か?

こうした「問い」に答えながら、自分の意見をまとめていくということです。

また、客観的な文にするために「具体例などを挙げる」と言いました。

与えられたテーマに合った例やネタを考えると、書きやすくなるのではないかと思います。

Ads

作文で客観性のある文を書くための対策と練習法

いきなり本文を書かない

試験対策で作文の練習をする時は、いきなり本文を書いていくのではなく、構成を考えることから始めましょう。

例えば、금연에 대해서 자신의 생각을 쓰라「禁煙について自身の考えを書け」というような問題が出たとします。

これに対して、まずは「4段階」で構想を立てていきます。

作文の構成は4つが基本

1.考えや主張
2.理由
3.理由を裏付ける具体例
4.結論

具体例と言われてもピンと来ない人は、自分の主張が正しいことを証明するための「証拠」を示すと考えてみましょう。

試験でも「構成」を考えてから書こう

禁煙について考えた結果、次のような構成になったとします。

1.금연이 필요하다고 생각한다.
禁煙は必要である(主張)

2.담배에는 발암물질이 포함되어 있어 건강에 악영향을 미친다.
たばこには発がん性物質が含まれており、健康に悪影響を与える(理由)

3.흡연자는 비흡연자에 비해 암 발생률이나 사망률이 높아진자.
喫煙者は非喫煙者に比べて、がんの発生率や死亡率が高くなる(具体例)

4.그래서 우리 모두 담배를 끊아야 한다.
だからみんな禁煙しよう(結論)

大まかな内容(流れ)ができたら、あとは本文を書いていくだけです。

実際の試験でも、構成を考えてから作文に取り組むと、内容がまとまりやすくなるでしょう。

事実を最優先に書く

具体例を挙げようにも迷ってしまったら、「事実」を優先的に考えてみましょう。

例えば、次のような会話があったとします。

박석중-R

새로운 운동기구 사고 싶은데.
新しいトレーニング器具が欲しいんだけど

김영주-L

안돼. 지난 번에 산 거 한 번도 안 써 놓고 또 사려고?
だめ、こないだ買ったやつ1回も使ってないのに、また買うの?

新しいトレーニング器材が欲しい夫に対し、妻は「前に買った器具を一度も使ってない」ことを理由にダメだと言っています。

こうした「事実にもとづいた理由」には、高い説得力があります。

医者が出す本や論文も、臨床試験などのデータを集め、数字に基づいているからこそ、みんな納得します。

一般常識や誰もが知っていることも使おう

一般常識なども、説得力のある理由として最適です。

박기영-R

이제 그만 마셔.
そのくらいにしろ(これ以上飲むな)

飲みすぎが体によくないことは、みんな知っています。

だから、酔っぱらっている人に対して「これ以上の酒は控えろ」というのは、当然と言えます。

理由として使えそうな事実が見当たらない場合、一般的に知られていることなどを具体例に考えてみましょう。

主観的な理由では説得力が下がる

理由が主観的になると、説得力は下がってしまいます。

강소영-L

딸기 사왔어?
いちご買ってきたの?

이소룡-R

엉, 싼 거 있어서 그래.
うん、安いのがあったからね

一見、問題なさそうな気もしますが「本人には安かった」のであって、第3者にはそうでないこともあります。

1パック590円のいちごが、安いと感じる人もいれば、高いと思う人もいるように、みんな「安さの基準」は違います。

人によってとらえ方が変わる場合、できるだけ理由には書かないようにした方がいいでしょう。

さいごに

客観的な意見を文章で書くというのは、簡単なことではありません。

少しづつ練習して、試験に挑みましょう。

ちなみにどんな試験でも、論述問題で一番大事なのは「かっこいい文章にしてやろう」と力まないことです。