「日本のスマホを韓国で使う」
「韓国の端末を日本で使用したい」

こんな時、必ず確認しておきたいのが「ネットワークの制限」です。

海外製のスマートフォンで現地のsimを契約したとしても、回線の利用に制限がかかっていれば、ちゃんと使えない可能性もあるからです。

Ads

韓国でネットワーク制限がかかっているか調べる

端末の紛失や盗難情報があるかを調べる

韓国で端末に対する利用制限があるかを確認する方法です。

韓国の端末がメインになりますが、日本で購入した携帯も一応調べることはできます。

日本のスマホを韓国で使いたい場合は、simロックと合わせて、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

韓国で端末情報を確認できるサイト

以下のサイトにアクセスし、端末情報を見てみましょう。

이도전화 단말기 자급제

https://단말기자급제.한국

確認には「IMEI」という端末の固有番号が必要です。

1.紛失・盗難の照会

분실・도난 조회(紛失・盗難紹介)を選択します。

2.利用規約に同意

利用規約に同意して、「照会ボタン」をクリックします。

3.IMEI番号を入力

入力欄にIMEIを打ち込み、검색(検索)をクリックします。

4.紹介結果の表示

問題がなければ、분실・도난 정보가 없습니다(紛失・盗難情報はありません)と表示されます。

日本のスマホがこのように表示されれば、韓国でも通信はできるでしょう。

Ads

日本での使用に問題があるか調べる

先ほどとは逆に、日本でのネットワーク制限を調べます。

日本の端末がメインになりますが、韓国で購入したスマホなども、一応確認は可能です。

ここでは僕の端末(韓国製)が、どのように表示されるか見てみます。

ドコモのネットワーク制限を確認

ドコモでネットワーク制限があるかは、以下のページで調べることができます。

・ネットワーク利用制限携帯電話確認サイト
http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

1.IEMIを入力

製造番号の所に、端末の個別番号(IMEI)を入力します。

2.確認結果を見る

海外製端末の場合「ー」と出ることが多いです。

結果を見るかぎり、確認した端末に回線の制限はかかっていないようです。

ソフトバンクのネットワーク制限を確認

ソフトバンクでも、確認の方法は同じです。

・ネットワーク利用制限携帯電話機の確認
https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv

1.IEMIを入力

端末の製造番号を入力し、「確認」を押します。

2.確認結果を見る

ソフトバンクでも、海外製端末はやはり「ー」と表示されます。

海外端末である以上、製造番号(IMEI)が確認できないのは当然といえば当然かもしれません。

auのネットワーク制限を確認

auの場合でも、どう表示されるか確認が可能です。

・ネットワーク利用制限携帯電話照会
https://my.au.com/cmn/WCV009001/WCE009001.hc

1.IEMIを入力

端末のIMEIを入力し、「次へ」を押します。

2.確認結果を見る

やはり「ー」と表示されました。

おそらく、auの回線も使えるだろうと予想できます。

こんな感じで、回線の利用制限を調べて問題がなければ、海外製の端末も日本で使うことは可能でしょう。

スマートフォンを他の国や地域で契約して使う予定のある人は、自分の端末を一度調べてみましょう。