「韓国のスマートフォンを日本でも使いたい」

海外製の端末を日本で使用する際、「あらかじめ知っておくべきこと」について話していきます。

韓国スマホが日本でも使えるかを見極める方法」の続きになりますが、韓国製の携帯電話を日本で使うためにクリアしなければならない問題は3つでした。

・端末の問題
★法的な問題
★回線の問題

今回は「法的な問題」が中心になります。

Ads

携帯は「電波法」に従って使用する

※1 海外製のスマートフォンを日本に持ち込んで使用するのを推奨するものではありません。
※2 外国製端末の使用は自己責任で行ってください。
※3 不具合が生じたとしても責任は一切負いかねます。

好き勝手に電波を使ってはいけない法律

海外製スマホを日本で使う前に、知っておかなければいけないのが「電波法」です。

電波法は、簡単に言うと「好き勝手に電波を使ってはいけない」という法律です。

もし、航空機・救急・消防などの無線を邪魔したら、大変なことになるのは想像できますよね?

「むやみやたらに電波を使えない」というのは、理解できると思います。

当然、日本の携帯電話も電波法に則って使用されているので、外国製端末といえども「日本のルールに従いなさい」ということです。

日本では技適マークのあるものだけ使用可能

法律といっても、電波がどうだとか、細かいことを気にするのは通信会社の仕事です。

利用者は「端末を使うだけ」でいいですが、その代わり「技適マーク」があるものに限られます。

日本の技術基準に適合していることを証明するマークで、これがあれば安心して使えるということです。

スマートフォンの技適マークを確認する方法

スマートフォンの技適マークを調べる方法はいくつかあります。

バッテリカバーを外して確認

バッテリが外れるタイプのものは、電池を外して中を見てみましょう。

ディスプレイに表示させる

技適マークを画面に表示できるものあります。

iPhone:
「設定」→「一般」→「認証」など

android:
「設定」→「端末情報」→「認証」など

自分のスマートフォンで、一度確認してみましょう。

Ads

電波法の改正で海外製端末も使える?

条件によっては技適マークのない端末が使える場合もある

ドローンの普及が増えてきたせいか、外国人観光客のさらなる増加を見据えてか、電波法の一部が改正されました。

海外から訪日観光客等が持ち込む無線設備の利用の円滑化を図るため、訪日観光客等が日本国内に持ち込む携帯電話端末・BWA端末、Wi-Fi端末等について、電波法に定める技術基準に相当する技術基準に適合する等の条件を満たす場合に、日本国内での利用を可能とする規定の整備が行われました。

-総務省電波利用ホームページ-
海外から持ち込まれる携帯電話端末・BWA端末、Wi-Fi端末等の利用

これにより、海外製のスマホが日本でも「条件つき」で使えるようになりました。

韓国スマホも日本で使用できるということですね。

海外製のスマートフォンが使えるのはどんなケース

外国製のスマートフォンを日本で使うための条件を見てみましょう。

日本の技術基準に相当する技術基準(国際標準)に適合するものであり、海外から持ち込んだ者が国際ローミング又は日本国内の携帯電話事業者・BWA事業者のSIMカードにより使用するもの。

-総務省電波利用ホームページ-

難しいことが書いてありますが、ざっくりと言えば次のような感じでしょうか。

1.国際基準を満たす機種であること
2.国際ローミング、もしくは日本のSIMカードで使用すること

ここでの「ローミング」とは、海外で契約した携帯が一時的に日本の通信回線を借りることで、「日本のsimカードを使用」は日本で回線契約をすることです。

つまり、国際基準をクリアしたスマートフォンを日本の電波で使う分にはOKってことですね。

日本に相当する技術基準(国際基準)って?

海外製の端末を日本で使うための指標になる「日本に相当する技術基準」って、何か漠然としていますが、「iPhone」を例に考えてみます。

iPhoneは、世界各国の認証を受けた機種ですね。

iPhoneに表示される認証マーク

こういったマークがある、あるいは世界中(特に欧米)で販売されている機種なら「国際基準を満たしている」と判断してもいいのではないかと思います。

そう考えると、Galaxyなども問題はなさそうです。

しかし「おそらくこうだろう」というレベルの話なので、不安な人は日本の認証マークがあるものを使いましょう。

simロックを解除した「日本のiPhone」が一番かもしれません。

wi-fiやBluetoothはずっと使えない

通話やLTEなどを使ったデータ通信ではなく、wi-fiやBluetoothを使用する場合は、条件が異なります。

通信会社の回線を使うわけではないからですね。

日本の技術基準に相当する技術基準(国際標準)に適合するものであり、かつ、2.4GHz帯、5.2GHz帯、5.3GHz帯及び5.6GHz帯の周波数の電波を使用する小電力データ通信システムの無線局(Wi-Fi端末及びBluetooth端末)が対象となります。
なお、訪日観光客等の入国の日から90日以内に限って利用可能です。

-総務省電波利用ホームページ-

技適マークのない海外端末でも、90日以内ならwi-fiやBluetoothが使えるようです。

wi-fiやBluetoothの利用について、詳しくは「総務省のホームページ」を参考にしてくだささい。

Ads

こんな時は海外スマホが使えない

simを契約すれば終わりじゃない「APNの設定」

持ち帰った韓国スマホが、日本の電波にも対応している機種で、simカードを無事に契約できたとしても、それでOKというわけではありません。

APNという「初期設定」をしないと、通信ができないからです。

ドコモなどの大手の通信会社を通して、正規で購入した携帯電話であれば、APNは自動で設定されます。

しかし、海外製の端末に格安simを使う場合などは、自分で設定を行う必要があります。

通信会社が回線の利用を制限する?

持ち帰ったsimフリーの端末(ちゃんと動作していた)に、日本のsimを端末に差し込んだが、どういうわけか認識しない・・・

こういう場合、「ネットワークの制限」がかけられていないかも重要です。

ネットワーク制限とは、通信会社が盗難スマホなどを使えないようにするもので、「IMEI」という端末の製造番号をもとに行います。

ところが、IMEIには「どこの国の、どの会社で販売された端末か」といった情報も入っています。

つまり、通信会社その気になれば「○○国のスマホには一切うちの電波を使わせない」といったことができてしまうのです。

日本の通信会社が海外製の端末に対して、どこまで通信制限を行うかはわかりませんが、持ち帰ったスマホが「使えない可能性」も想定しておきましょう。

まとめ

海外スマホを日本で使用しても、端末が正常に動作する保証はありません。

したがって、日本のスマートフォンを使った方が「結果的には良い」ということは、十分考えられます。

また、海外製の端末は日本に入国後90日間(法律上)しか、wi-fiが使えません。

こうした点も考えると、日本に持ち帰った韓国スマホは、新しい機種を購入するまでの「間に合わせ」として使用するのが一番かもしれません。

最終的に自分が使いたい機種などに合わせて判断してください。