文字は、言葉を「目に見える形」で表したものですが、日本語に「かな」があるように、韓国語には「ハングル」があります。

韓国語を学ぶ人は、まずハングルを覚えることから始まります。

今回は、ハングルの基礎になる「母音」の練習です。

Ads

基礎となる「単母音」を覚えよう

まずはハングルの基本となる「短母音」を覚えましょう。

ㅏ(a)

口を上下に大きく開けて「ア」と発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅐ(ae)

「ㅏ」と同じく大きな口で「エ」と声を出します。

発音を聞いてみる

ㅓ(eo)

「ア」よりも小さい口の開きで「オ」を発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅔ(e)

「ㅓ」と同じ口の大きさで「エ」です。

発音を聞いてみる

ㅗ(o)

唇を丸くすぼめて「オ」と発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅜ(u)

「ㅗ」と同じく、丸い唇で「ウ」と声を出します。

発音を聞いてみる

ㅡ(eu)

口を横に開いて「ウ」と発音します。

発音を聞いてみる

ㅣ(i)

これも口を横に開いて「イ」です。

発音を聞いてみる

短母音の口の動き

短母音の口の動きと開き具合をまとめると、次のようになります。

縦に開く 唇を丸く 横に開く
大きく ㅏ、ㅐ  ㅡ、ㅣ
 ほどほど ㅓ、ㅔ
小さく ㅗ、ㅜ

口を縦に動かすのか、横に開くのか、あるいは丸くすぼめるのか。

こうしたことも意識しながら、声を出してみましょう。

ちなみに、ㅓの発音が難しいという人は「오と어の違い」も参考にしてみてください。

Ads

「二重母音」その1

短母音の次は「二重母音」です。

ㅑ(ya)

「ㅣ+ㅏ」の音です。

「ㅏ」と同じく、口を大きく開けて「ヤ」と発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅒ(yae)

「ㅣ+ㅐ」の音です。

これも「ㅏ」と同じような口で「イェ」と声を出します。

発音を聞いてみる

ㅕ(yeo)

「ㅣ+ㅓ」の音です。

「ㅓ」の口の開きで「ヨ」を発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅖ(ye)

「ㅣ+ㅔ」の音です。

これも「ㅓ」と同じような口の大きさで「イェ」です。

発音を聞いてみる

ㅛ(yo)

「ㅣ+ㅗ」の音です。

唇を丸くすぼめて「ヨ」と発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅠ(yu)

「ㅣ+ㅜ」の音です。

「ㅜ」と同じ唇で「ユ」と声を出します。

発音を聞いてみる

ㅢ(eu)

「ㅡ+ㅣ」なので、口を横に開いて「ウイ」と発音しましょう。

発音を聞いてみる

短母音ができれば、二重母音もできる

二重母音「ㅑ、ㅒ、ㅕ、ㅖ、ㅛ、ㅠ、ㅢ、」は、言ってしまえば「短母音を順番に発音する」ようなものです。

例えば、ㅕにはㅣ(i)の音が含まれているので、ㅣからㅓを早く発音すれば「ㅕ」になります。

つまり短母音ができていれば、これらの二重母音もできるということです。

したがって、二重母音が苦手な人は、短母音の発音をしっかりと押さえておきましょう。

Ads

「二重母音」その2

日本語でいう「ワ行」のような音です。

와(wa)

日本語の「ワ」と、ほぼ同じ感覚です。

発音を聞いてみる

ㅟ(wi)

「ㅜ」の唇の状態からスタートして「ウィ」です。

発音を聞いてみる

ㅝ(wo)

日本語の「ウォ」に近い感覚で発音しましょう。

発音を聞いてみる

ㅙ(wae)

口を大きく開けて「ウェ」と声を出しましょう。

発音を聞いてみる

ㅞ(we)

ウからエを順番に発音する感覚で「ウェ」です。

発音を聞いてみる

ㅚ(oe)

少し口をすぼめて「ウェ」と声を出します。

発音を聞いてみる

「書く時」に違いを意識しよう

会話で「ㅙ、ㅞ、ㅚ」の違いを細かく気にすることはなく、どんどん話していった方がいいです。

ただし、それだと話す時はよくても、書く時に「ㅙとㅚのどちらか?」といったことがわからなくなります。

迷った時は辞書を引くなどして、正しいスペルで書けるよう、日ごろから心がけましょう。

ハングルの基本母音って?

「ㅏ、ㅑ、ㅓ、ㅕ、ㅗ、ㅛ、ㅜ、ㅠ、ㅡ、ㅣ」の10個を、基本母音と言います。

読み書きの際の基本になる音で、身近なものではパソコンのキーボードなどに見られます。

キーボードには「基本母音」が設定されており、これと子音と組み合わせることで、文字入力がスムーズにできるようになっています。

ただし、基本母音には「ㅑやㅕ」といった二重母音も含まれます。

発音の練習では、短母音から二重母音へと、順番にやっていきましょう。