ㄱはパッチムの中でも苦手とする人が多い子音の一つです。

今回は、ㄱパッチムの発音と練習についてです。

発音の際に気をつけるべきことや、発声時のポイントなどを解説していきます。

ㄱは舌の根元を意識する

単調な発音を繰り返して、調音の位置を確認する

ㄱは、軟口蓋という「のどの手前の部分」を使います。

ここに舌の根元あたりが付いたり離れたりすることで、가や구といった発音が可能になります。

まずは、簡単な発声を繰り返して、調音の位置を体感しましょう。

「ㄱ+母音」の音で、声を出してみます。

なび-L

가가가가가

舌の付け根と、のどの手前(あるいは奥歯の内側付近)が付いたり離れたりします。

この感覚をしっかり意識しましょう。

発声を途中で止めればㄱパッチムになる

発声位置が把握できたら、途中で声を出すのを止めてみましょう。

途中というのは、舌の根元が歯の内側に広がった状態です。

管理人-L

가가가가각

舌が上の奥歯に触れているとも言えますが、そのような状態になっているでしょうか?

これがㄱパッチムです。

パッチムを加えた音を繰り返す

ㄱパッチムを繰り返しながら、声を出してみましょう。

管理人-R

각각각각각

①舌の根元が上の奥歯あたりに向かって動く

②舌が離れていきながら가が発音される

③再び、舌の根元が上に動きながらㄱパッチムになる

「カッ、カッ、カッ」と繰り返しますが、③の時点で、舌の根元と上の奥歯付近が触れた状態になるか意識しましょう。

ㄱの位置がわからない時は?

ㄱの調音位置の感覚がつかめない時は、唾を吐いてみましょう。

「か~」っと唾を溜めて一気に吐き出します。

この「か~」っとさせた時に、のどの手前のムズムズとする部分がㄱの調音の位置です。

※調音の位置がわかればいいだけなので、唾は吐き出さなくてもかまいません

ㄱパッチムの単語を練習する

なるべく「ㄱ、ㅋ、ㄲ」が多いものにする

パッチムの感覚がわかったら、単語で練習してみましょう。

この時、パッチム以外にもできるだけ「ㄱ、ㅋ、ㄲ」を使った単語を選びましょう。

なび-R

학교(学校)
조각(欠片)
작가(作家)
생각(考え)
깎다(削る)
닭고기(鶏肉)

単語で発音すると、難しく感じるかもしれませんが、この時もㄱパッチムの感覚を意識します。

単語でも発音できる人は、ㄱを含んだ文章で練習するなど、難易度をどんどん上げていきましょう。

ㄱパッチムをおろそかにするとどうなる?

チキンとビール

ㄱをきちんと発音しないと、時には意味が大きく変わります。

치맥:ビールにチキン
치매:痴呆

「치킨+맥주」の略語で치맥と言いますが、ㄱパッチムがないだけでとんでもない意味になることがわかると思います。

こういうケースもあるので、パッチムの発音はおろそかにしないようにしましょう。

ㄱパッチムのポイント

ㄱパッチムのポイントは次の2つです。

「ㄱはのどの手前で調音」
「舌の根元と上の奥歯付近が触れる感覚を意識する」

ㄱに限らず、発音の際に「調音の位置」を意識し、口の中がどのように動いているのかをイメージすることは非常に大事です。

ちなみにㄱの発音がしっかりできれば、鼻音化した「ㅇ」の発音も自然にできるようになります。