禁止したいことを表す-면 안되다を練習してみましょう。

韓国語で「~してはいけない」という意味ですが、使い方はこれだけにとどまりません。

いくつかのニュアンスがあるので、それらを覚えれば一気にレベルアップできるでしょう。

禁止のニュアンスをもつ表現

やってはいけないことを表現

やってはいけないこと、禁止したいことを表現する時に使う文法と言えば、-지 마세요でした。

禁止したいことを表現

여기서 주차하지 마세요.
(ここに駐車しないでください)

↓↓↓

여기서 주차하면 안 돼요.
(ここに駐車したらいけません)

言い方は一つではない!

안 되다には「ダメ、禁止、認めない」の意味がありますが、これに仮定を表す「-면」が付いたもので、これをしたらダメだという話になります。

基本は「動詞」と使おう

動詞の語幹に、-면 안 되다を組み合わせましょう。

動詞/形容詞 + -(으)면 안 되다

가다 + -면 안 되다 = 가면 안 돼요
피우다 + -면 안 되다 = 피우면 안 돼요
마시다 + -면 안 되다 = 마시면 안 돼요

먹다 + -면 안 되다 = 먹으면 안 돼요
늦다 + -면 안 되다 = 늦으면 안 돼요
있다 + -면 안 되다 = 있으면 안 돼요

놀다 + -면 안 되다 = 놀면 안 돼요
듣다 + -면 안 되다 = 들으면 안 돼요
춥다 + -면 안 되다 = 추우면 안 돼요

禁止というだけあって、基本的には動詞と使うことの方が多いでしょう。

실내에서 담배를 피우면 안 돼요.
室内でたばこを吸ってはいけません
(피우다)
썩은 음식을 먹으면 안 돼요.
腐ったものを食べたらだめですよ
(썩다)
술에 취한 사람이 목욕하면 안 돼요.
酔っている人は入浴してはいけません
(목욕하다)

チムジルバンに行くと「酔った人の入浴はお断り」という表示をよく見かけますが、これも禁止ですね。

許可を求める表現もできる「~したらだめ?」

禁止と許可は表と裏のような関係なので、-면 안 되다を疑問文で使えば、やりたいことや要望を伝えることもできます。

나도 같이 가면 안 돼요?
私も一緒に行っていいかな?
(가다)
시험이 끝났으니까 오늘은 밤새 놀면 안 돼?
今日は一晩中遊んでもいいかな?
(놀다)
저도 이거를 사면 안 돼요?
私もこれ買っていいかな?
(사다)

「~したいんだけど、だめですか?」のような、承諾を求める表現ですね。

口調や状況によってもニュアンスは変わる

望まないことも表現できる

-면 되다は、禁止したいことだけを表すとはかぎりません。

주말에 비가 오면 안 돼요.
週末に雨が降ったらだめです
가방은 무거우면 안 돼요.
バッグは重いのはだめです
방이 더러우면 안 됩니다.
部屋が汚いのはいけません

こうなってほしくないとか、望まないことや好ましくないことも表現できます。

こういうケースでは形容詞を使うことも多くなるでしょう。

理由を追及する文になる「~しちゃいけないの?」

-면 안 되다は言い方によって、だめな理由を問い詰めるような表現になります。

왜 그 사람을 만나면 안 돼요?
どうしてあの人と会っちゃいけないの?
왜 임신중에 술을 마시면 안 돼요?
なぜ妊娠中にお酒を飲んではいけないの?
왜 쉬는 날에 늦게까지 자면 안 돼요?
なぜ休みの日にゆっくり寝ちゃいけないの?

왜(なぜ)と一緒にすれば、ニュアンスもわかりやすいと思います。

ただ言い方によっては、少し「キレ気味」で話すことになるかもしれません。

丁重に「お願い」もできる

承諾を求める表現というのは、場合によってはお願いをするとも言えます。

다시 한 번 생각해 보시면 안 됩니까?
もう一度、お考えになってみてはいただけませんか?
사인을 해 주시면 안 될까요?
サインをしてはいただけませんか?

敬語と一緒に使えば、丁寧な表現に早変わりです。

好きな芸能人からサインをもらえる機会があったら、こういう感じでお願いしてみてもいいと思います。

一部を変えるときつい言い方などもできる

事務的だが強く禁止する「-어서는 안 되다」

-면 안 되다の一部を変えるだけで、相手に与える印象が変わることもあります。

길거리에서 쓰레기를 버려서는 안 됩니다.
道にごみを捨ててはなりません
이건 자네가 알아서는 안 되는 비밀이야.
これは君が知ってはならない秘密だ
우리 회사에 절대 없어서는 안 되는 인재예요.
わが社に絶対になくてはならない人材です

-아서/어서는 안 되다は少し事務的な印象もありますが、強く禁止したい時にはいいでしょう。

遠回しに言うなら「-면 곤란하다」

やってほしくないことでも、ちょっと遠回しに言いたい時はあると思います。

여기서 주무시면 곤란합니다.
ここでお休みになられては困ります
늦은 시간에 통화하시면 곤란합니다.
遅い時間に電話をされては困ります
이러시면 곤란합니다.
こんなことされては困ります

곤란하다はストレートに「안 돼요」と言いにくい時に使える言葉です。

やわらかく伝えたい時は、-면 곤란하다がいいでしょう。

「-면 안되다」にしてみよう

動詞を「-면 안 되다」にしてみましょう。

수업시간에
授業中に日本語で話してはいけません
(얘기하다)
약속시간에
約束の時間に遅れたらだめですよ
(늦다)
운전중에
運転中に居眠りしてはいけません
(졸다)
교과서에
教科書に落書きしたらだめですよ
(낙서하다)
도서관에서
図書館で騒いではいけません
(떠들다)
잔디에
芝生に入ってはだめですよ
(들어가다)
넌 여기에
お前はここにいたらだめだ
(있다)

※答えはタップして確認できます

欲しい物がある人は、さっそく「-면 안 되다」でおねだりしてみましょう!