「~とよく言われます」
「~と言われました」

受け身の表現の一つに-아/어지다がありますが、「~と言われる」を말해지다とは言いません。

そこで「~と言われます」のようなニュアンスに使える表現を紹介していきます。

「~를 듣다」を使った表現

私がまわりから「~だ」と言われる

「~だと言われる」によく使う表現が、소리를 듣다です。

소리には話という意味もあり「~という話を聞く」のような言い方を使って表現します。

자주 그런 소리를 들어요.
よくそう言われます

자주많이と一緒に使えば回数が増えるので、結果的に「よく言われる」というニュアンスになります。

あるいは頻度を減らして、가끔などと一緒に使っていいですね。

전 가끔 엄마를 닮았다는 소리듣거든요.
時々お母さんに似てるって言われるんです
왜 영어를 공부하냐는 소리을 많이 들어요.
なんで英語を勉強するんだってよく言われます

ところで소리를 듣다は間接話法とセットになることが多いのも特徴です。

-라는 소리=-라고 하는 소리
-다는 소리=-다고 하는 소리
-냐는 소리=-냐고 하는 소리

間接話法と使う時はこうした表現の一部が省略されていると考えましょう。

第三者が周囲から「~だ」と言われる

自分ではなく他の誰かが「~と言われる」と言いたい時は、その第三者を主語にしましょう。

영주는 어렸을 때 신동이라는 소리를 들었답니다.
ヨンジュは小さい頃、神童と言われたそうです
상우는 외국인 같다는 소리를 듣는 게 싫대요.
サンウは外国人みたいって言われるのが嫌なんだってさ
어머니는 젊었을 때 미인이라는 소리를 많이 들었대요.
母は若いころ美人だとよく言われたそうです

こうした使い方は「~と言われる」には必須なので、ぜひ覚えてください。

文によっては「~と言われる」にはならない

소리를 듣다が必ず「~と言われる「という意味になるとは限りません。

저도 그런 이야기는 많이 들었습니다.
私もそういう話はよく耳にしました
그 슈퍼는 매장이 넓고 편하다는 소리를 들었어요.
あのスーパーは売場が広くて利用しやすいという話を聞きました

こういうケースでは自分が聞いたことについて話しているだけなので、「~と言われる」という意味にはなりません。

場面に合わせてうまく判断しましょう。

「-라고 하다」を使った表現

まわりが私に「~だ」と言う

「~だと言われる」の韓国語として他に、-라고 하다-다고 하다を使った表現もあります。

여자친구가 맨날 살 빼라고 해요.
彼女にいつも「やせろ」って言われるんだ
사람들이 나보고 나이를 비해 어려 보인다고 해요.
私は周りから年齢の割に若く見えるって言われます
집에 갈 때마다 어머니가 언제 결혼하냐고 해요.
家に帰るたびに母に「いつ結婚するんだ?」って言われます

「~と言われる」という文は、他人が自分に対して何と言うのかを表現するのがポイントです。

みんなが彼に「~だ」と言う

-라고 하다や-다고 하다を使って、他人が周りから「~と言われる」を表すこともできます。

영주가 식당에 갈 때마다 점원이 신분증을 보여달래요.
ヨンジュはお店に行く度に店員に「身分証見せてくれ」と言われるんだって
동안이라서 그런가 봐요.
童顔だからじゃないかな

間接話法を使った文は直訳で解釈しないことも多くなります。

친구들이 다 유진이가 예쁘다고 해요.
ユジンはみんなからかわいいって言われるよ
대한민국의 인구는 5000만명이라고 합니다.
韓国の人口は5000万人と言われています

こういう表現があるから間接話法が難しくなるんじゃないかと思います。

いずれにせよ、まわりがその人に対して何と言ってるのかを考えながら練習してみましょう。

「~と言われる」の応用や使い分け

語彙や順番を入れ替えて文を作る

使う語彙やその順番を入れ替えると、表現できることが一気に増えます。

중학교 때 공부하라는 말을 듣는 게 제일 싫었어요.
中学の時「勉強しろ」って言われるのが一番嫌だったよ

말にも話や言葉という意味があるので、소리の代わりの使ってもいいですね。

식사중에 스마트폰을 보지 말라고 홍났어요.
食事中にスマホを見るなって怒られました

間接話法を使えば、説教や悪口として言われたことも表現できます。

여자들이 들으면 좋아하는 이에요.
女の子が言われたらうれしい言葉です

あるいはこういう言い方も可能です。

直訳が難しい表現も使えるようになると、さらにレベルアップできると思います。

受け身にはどちらを使うべき?

ここまで「~と言われる」の韓国語として、二つの表現を紹介しました。

소리를 듣다:自分が(誰かが)聞く
-라고 하다:誰かが(周りが)言う

これらはどんな基準で使い分ければいいのか、そのポイントです。

엄마한테 맨날 잔소리를 들어요.
お母さんにしょっちゅう小言を言われるよ

듣다(自分が聞く)を使っているので、小言を言われることで「私はいい気分じゃない」と自分自身に意識が向いています。

엄마가 자꾸 잔소리를 해요.
お母さんにいつも小言を言われるんだ

하다(他人が言う)を使うことで、小言に対する不満があり「細かいことは言わないでくれ」と意識が母の行動に向いています。

迷ったら話し手の感情がどちらに向いているかで判断してみるといいでしょう。

韓国語にも受動態(受け身の表現)はあるものの、日本語のような言い方をしない場合は多いです。

字幕付きの映画やドラマを見ることがあれば、受け身の表現がどのように訳されているかにも注目してみましょう。

参考になる会話がたくさん出てくると思います。