맞히다と맞추다は使い方を間違えやすい言葉です。

韓国人もややこしくなることがよくあるくらい、ニュアンスや意味を混同しやすいからですが、맞히다と맞추다の違いについて解説していきます。

맞히다の使い方

「答えを当てる」ニュアンス

맞히다はなぞなぞやテストの問題などに「正解する」といった時に使います。

10문제중 7개를 맞혔습니다.
10問中7つ当たりました
맞히기가 힘든 수수께끼예요.
正解するのが難しいなぞなぞです
어려운 문제도 한 번에 다 맞혔어요.
難しい問題も一回で全て正解しました

ここでは알아맞히다も、基本的に同じ意味と考えて構いません。

ポイントは正解かどうかです。

「ものをぶつける、当てる」の意味

あるものを他の何かに当てる時にも、맞히다を使うことがあります。

열 발중 여덟 발을 맞혔습니다.
10発中8発当てました
화살 10개를 다 과녁에 맞혔네요.
矢10本をすべて的に当てましたね
표적이 움직이면 맞히기가 어려워집니다.
標的が動くと当てるのが難しくなります

銃や弓矢を撃って「的に当てる」といった使い方ですが、重要なことは「当たったか、外れたか」です。

ど真ん中に命中させたか、少しずれたかではありません。

맞추다の使い方

基準と「照らし合わせる、比較する」ニュアンス

맞추다は2つ以上のものを並べて「比較する時」に使います。

답안지와 정답을 맞춰서 확인해 봐요.
回答用紙と答えを照らし合わせて確認してみなよ
남자친구랑 스케줄을 맞춰 봤더니 다음 주는 하루밖에 못 만나요.
彼とスケジュールを確認しれみたら来週は1日しか会えません
리스트와 잘 맞춰서 빠진 게 없는지 확인해 봐요.
リストとよく照合して、足りないものがないか確認して

比べることで、どこが異なるのか・何が違うのかを確かめます。

比較した時に異なる部分が見つかれば、そこを修正したり、一致させたりもします。

したがって「テストの答え合わせ」も、このパターンに当てはまります。

あるべきところに「当てはめる」ニュアンス

お互いに離れているものを「本来あるべきところに持って行く」ような時にも、맞추다を使います

이 퍼즐을 3분 안에 맞춰 보세요.
このパズルを3分で完成させてください
분해했던 부품들을 다시 맞춥니다.
分解していた部品をまた組み合わせます

ジグソーパズルを想像してみてください。

ピースの納まるべき場所は決まっていて、そこにパズルを持って行くようなイメージです。

깨어진 유리잔을 다시 맞출 수는 없어요.
割れたグラスを元に合わせることはできません

「本来の位置や場所」が決まっていて、そこにピースや回答を合わせられるかどうかがポイントです。

맞추다と맞치다を間違えるパターン

正解の「数字」と一致させる?

ロトなどの宝くじ、あるいは競馬をイメージしてみましょう。

くじや競馬は数字を当てる、いわば「クイズ」のようなものです。

숫자를 맞히면 거액을 얻을 수 있습니다.
数字を当てると大金をもらえます (ㅇ)

これはあらかじめ正解が決まっているものではありません。

抽選結果が出るまでどうなるかはわからないので、当たるか外れるかの맞히다を使います。

숫자를 맞추면 거액을 얻을 수 있어요.
数字を当てると大金をもらえます (x)

ところが「大当たりの数字」と一致させると勘違いしやすいため、こういう間違いが起こってしまいます。

번호를 맞춰 봤는데 안 맞았어요.
番号を確認してみたけど当たらなかったよ (ㅇ)

ただし当選番号を確認するのであれば、予想した数字を結果と照らし合わせるので、맞추다になります。

ど真ん中を「本来の場所」と勘違いしていまう

射撃やダーツを想像してみてください。

的に当たりさえすれば命中ですが、ど真ん中が「弾や矢が飛んでいくべき場所」と思ってしまうのではないでしょうか。

표적에 잘 맞힐 수 있어.
的に当てられるぞ (ㅇ)
표적에 잘 맞출 수 있어.
的に当てられるぞ (x)

的の中央に「弾や矢をもっていく」と勘違いしてしまうわけですが、パズルのピースをはめるのとは違うので、弾を当てる時は맞히다です。

まとめ

1.맞히다
クイズやゲームで正解する、当てる
射撃で的に当てる、的中させる

2.맞추다
基準と照らし合わせる、比較する
互いを調和させる、一致させる

3.間違えやすいパターン
「くじ」は맞히다
「確認」は맞추다
「射撃」は맞히다

合言葉を確認するのは맞히다でしょうか?맞추다でしょうか?ㅋㅋ