「飲食物は持ち込まないでください」
「ここには立ち入らないでください」

命令文の中でも「~するな」という意味で使われるのが禁止です。

ここでは禁止の表現を練習しましょう。

禁止の表現「~するな」の使い方

相手に「してほしくないこと」がある時

相手にやってほしくないことを表現するのが、禁止の文法です。

逆のことを命令する

①혼자 가세요.
(一人で行ってください

-지 말다
(~をひかえる

①+②
↓↓↓

③혼자 지 마세요.
(一人で行かないでください

一人で行くことを「控える」ように命令する

指示に使う-세요に行動をひかえることを意味する-지 말다を組み合わせることで、逆のことを命令する文になります。

動詞の語幹に「-지 마세요」をつける

禁止の文は動詞の語幹に-지 마세요をつけましょう。

動詞 + -지 마세요

가다 + -세요 = 가지 마세요
만나다 + -세요 = 만나지 마세요
공부하다 + -세요 = 공부하지 마세요

읽다 + -세요 = 읽지 마세요
듣다 + -세요 = 듣지 마세요
만들다 + -세요 = 만들지 마세요

복도에서 뛰지 마세요.
廊下を走らないでください
(뛰다)
허락없이 남의 편지를 보지 마세요.
許可なく人の手紙を見ないでください
(보다)
약속시간에 늦지 마세요.
約束の時間に遅れないでください
(늦다)
아무한테도 말하지 마세요.
誰にも言わないでください
(말하다)

語幹のパッチムの有無などを気にする必要はないので、文を作りやすいと思います。

言葉遣いや尊敬の度合いなどでも変わる禁止の表現

禁止を「-ㅂ니다」で話したい時は?

禁止の命令文を-ㅂ니다で話したい時は、-지 마십시오を使いましょう。

아무 걱정하지 마십시오.
何の心配もなさらないでください
(걱정하다)
술은 절대 드시지 마십시오.
お酒は絶対に飲まないでください
(드시다)
절대 창문을 열지 마세요.
絶対に窓を開けないでください
(열다)

組み合わせる言葉が違うものの、使い方は-지 마세요と同じです。

目下の人に禁止を表現するなら?

親しい人や目下の人に対してなら、尊敬語を用いなくても構いません。

교과서에 낙서하지 마요.
教科書に落書きしないで
(낙서하다)
더 이상 그 여자를 만나지 마요.
これ以上あの女に会わないで
(만나다)
내 등 뒤에 서지 말아.
俺の後ろに立つな
(서다)

-아요/어요やタメ口を使っても、立派な禁止の文になります。

禁止の命令文の語尾一覧

禁止の表現を簡単にまとめると、こうなります。

尊敬 非尊敬
-지 마세요 -지 마십시오 -지 말아요
-지 마요
-지 마라

状況にあわせて、これらを使い分けていきましょう。

命令文は標識や案内を見ながら、それを韓国語にしてもいいと思います。

さまざまなバリエーションを持たせながら練習してみましょう。