-던데は「~だったけど、~だったが」のように、過去に見聞きしたものを思い出しながら話す時に使われます。

ところが-더라と混同する人も多く、結構ややこしくなりやすい文法です。

そこで今回は-던데がどんな文法なのかを解説していきます。

あくまでも接続表現の一つ

過去の話を前置きとして語るのが「-던데」

-던데を一言で言ってしまうと接続表現です。

接続表現とは「~なので、~けど、~なら」のように、前置きなどについて話す文法のことです。

강남에서는 비가 오던데 여기는 화창하네요.
江南では雨が降ってたけど、ここは快晴だね

例えばこんな感じで、前置きがあるということは、必ず話に続きがあるとも言えます。

また-던데には「過去の話」が使われます。

誰かの行動や事実などを思い出しながら話す文法として-더라がありますが、これに接続の-ㄴ데が組み合わさったのが-던데と考えましょう。

-더라は周りの様子や自分が感じたことなどを思い出すだけなで、そこから別の話に持っていくといったことはしません。

「-던데」は文末に来ると含みのある文章になる

-던데は前置きなので後ろには何らかしらの文が続くといいましたが、それが省略される場合もあります。

어제의 인천은 날씨가 화창하던데.
昨日の仁川は天気が快晴だったけど…
아침부터 길이 엄청 막히던데요.
朝から道がすごい混んでたけど…

「快晴だったけど、混んでたけど」の後にはどんな話が続くでしょうか。

これは話している本人にしかわからないですが、こうした省略はかなりの確率で起こります。

영주를 못 봤어?
ヨンジュを見なかった?
도서관에 가던데 리포트라도 하는 거 아냐?
図書館に行ってたけど、レポートでもするんじゃない?

もし「図書館に行ってたけど…」というところで言葉が終わっていたらどうでしょう。

「何か試験でもあるのかな?」
「レポート再提出しないといけない?」
「誰かと勉強するのかな?」

どんな話が続くのかはわからないので、その人が何を言いたいのかは推測する必要があります。

これが-던데と-더라の大きな違いとも言えます。

自分が見たものや感じたことを前置きにしてみる

誰かの様子や状態、周りの状況などを表す

前置きとして話す過去のできごとは、-더라と同じく「他人の行動や状態」などを表します。

소영씨는 요리를 잘하던데요.
ソヨンさんは料理が上手でしたよ

手ぎわよく料理を作ってるところを見たのか、作ったものを食べたら美味しかったのかもしれませんが、そこからどんな話が続くでしょうか。

내가 사무실에 갔을 때는 아무도 없었던데요.
事務所に行った時は誰もいなかったよ

誰もいない事務所を見たという話から、もしかしたら「それが何か?だから何?」とでも言いたいのかもしれません。

ちなみに-던데で文を終える場合、-요が付けば丁寧な表現になります。

自分が感じた事を表す

-던데は「その時自分が感じたこと」を表す時にも使います。

지난 번에 먹었던 고기가 너무 맛있던데요.
こないだ食べたお肉すごい美味しかったよ
지난 겨울에 일본에 여행 갔을 때는 너무 춥던데요.
前の冬に日本に旅行した時はすごい寒かったですよ
찌개가 생각보다 맵지 않던데요.
チゲが思ったより辛くなかったですよ

「お肉がおいしかった」ことや「日本は寒かった」あるいは「チゲが辛くなかった」といったことは、実際に経験してみないとわからない話ですね。

ただそこから何を言いたいのかは、その場の雰囲気や相手の表情から予想するしかないでしょう。

-던데を間接話法と組み合わせながら応用していく

誰かの発言内容などを思い出し、前置きとして話す

-던데も間接話法と一緒に使うことが多いです。

그 사람이 검사라고 하던데 사실입니까?
あの人検事って言ってたけど本当ですか?
TV에서 적당한 음주는 몸에 좋다고 하던데요.
テレビで適度の飲酒は体に良いって言ってたよ
다들 도쿄가 겨울도 따뜻하다고 하던데요.
みんな東京は冬も暖かいって言ってましたよ

誰かの話や他人の発言などを前置きとして話すことができます。

-던데で文を終えてもいいし、続けて話をしてもいいでしょう。

~と言ってたけど、~だと言ってたのに

間接話法は文型を短くすることがよくありますが、それを-던데と使えるようになると、さらにレベルが上がります。

그 사람이 서울대 나왔다던데 정말 실력으로 들어갔을 것 같애?
あの人ソウル大出たらしいけど、本当に実力で入ったと思う?
지나친 음주는 건강에 좋지 않다던데요.
過度の飲酒は健康に良くないようですよ
겨울의 오키나와는 하나도 안 춥다던데.
冬の沖縄は全く寒くないそうだよ

-던데を使った文からどんな話が続いていきそうなのか、なんとなくでもいいので、使いながらニュアンスをつかんでいきましょう。

-던데と-더라고は使い方に共通点もあるため、混同しやすくなります。

しかし-던데はあくまで接続表現なので、迷ったら原点に戻ってみましょう。