「材料を煮てたら焦げてしまった」
「野菜を切っていたらケガした」

-다가は何かをしていた状態から状況が変化した時によく使われます。

会話でも頻繁に出てくるのですが、その使用頻度が高いのに対して、いまいちわからないという人は多いです。

基本的な意味と使い方は?

-다가は「未完了からの変化」

ある動作や状況が中断し、そこから次の行動などが始まることを意味します。

ものごとが最後まで進んでいないので「未完了からの変化」ということになります。

슈퍼에 가다가 친구를 만났어요.
スーパーに行く途中で、友達に会ったよ

道の途中で友達に会うので、スーパーにはたどり着いていません。

지난 주말에 외출하다가 지갑을 분실했습니다.
先週末外出した時に財布を無くしました

外出は自宅を出てから帰宅するまでです。

出先で財布をなくしたとしても、その時点ではまだ外出は終わっていないということになります。

영화를 보다가 잠 들어버렸어요.
映画の最中に寝ちゃいました

映画の途中で眠ってしまったら・・・言うまでもないですね。

-았/었다가は「完了からの変化」

-다가を過去形と組み合わせて使うと、ものごとが最後まで進んでから次の状況になるというニュアンスになります。

つまり「完了からの変化」を意味します。

아침에 학교에 갔다가 오후에는 놀러 갈 거예요.
午前中学校に行って、午後は遊びに行くつもりです

学校に行く途中ではなく、ちゃんと行って授業を受け、遊ぶのはそれからです。

숙소를 예약했다가 갑자기 일이 생겨 가지고 취소했어요.
宿を予約したけど、急に用事ができてキャンセルしました

一度は宿を手配(予約完了)したけど、後から取り消しました。

며칠 놔두었다가 먹으면 더 맛있어요.
何日か置いてから食べると、さらにおいしくなるよ

数日間の時間を置いて、それから食べるとおいしくなるというのもやはり完了です。

-다가はどんな場面で使われる?

原因や理由などを表すこともある

-다가や-았/었다가には後ろに来る内容の原因を表すこともあります。

민수는 무리하게 일하다가 쓰러졌어요.
ミンスは無理して働いたせいで倒れたよ

無理してずっと仕事をしていたら倒れたので、-다가(未完了)が使われています。

과속을 하다가 사고를 내고 말았답니다.
スピードの出しすぎて事故を起こしてしまったそうです

スピードをどんどん出して走ってたら事故ったという文に細かい説明は必要ないでしょう。

병원 갔다가 출근시간에 늦은 것도 무단지각 되나요? 
病院に行って出勤時間に遅れても無断遅刻になるんですか?

通院のため遅刻したわけですが、診察を終えてから学校や会社に行くので、-았/었다가(完了)がになっています。

2つ以上の動作を交互に繰り返す

-다가は2つ以上の状況が何度も入れ替わる時にも使われます。

버스가 고장이 났는지 갔다가 섰다가 해요.
バスが故障したのか進んだり止まったりしてるよ
사람은 울다가 웃다가를 반복하면서 사는 겁니다.
人は泣いたり笑ったりを繰り返しながら生きてるんです
애인은 있다가 없다가 해요.
恋人はいたりいなかったりです

走ったり止まったり、泣いたり笑ったりといった表現を見れば、そこまで難しい使い方ではないと思います。

-다가を使った文の特徴や注意点

文の前後で主語が一致しなければいけない

-다가を使った表現は、-다가の前と後では主語が同じになります。

예전에는 외식만 하다가 요즘은 직접 요리해서 먹어요.
以前は外食ばかりだったけど、最近は自分で料理して食べてます (ㅇ)

主語は省略されていますが、以前と最近の自分についての話していますね。

민수가 무리하다가 영주가 병이 났어요.
ミンスが無理して、ヨンジュが病気になったよ (x)

ミンス自身が無理をして体を壊したのであれば話はわかります。

しかし「ミンスが無理をすること」と「ヨンジュが病気になること」は全く関係ありません。

학교에 가다가 친구가 교통사고를 당했어요.
学校に行く途中で、友達が交通事故にあった (x)

私が学校に行く途中で事故に遭った」のならともかく、友達が事故に遭ったのでは文がおかしくなります。

-다가の가が省略されることがある

-다가は가が省略された状態にもなります。

칼질을 하다 손을 다쳤거든요.
包丁を使ってて手をケガしたんです
환절기라서 그런지 날씨가 춥다 덥다 해요.
季節の変わり目だからか、寒くなったり暑くなったりします
요즘은 일 때문에 한국이랑 중국을 왔다 갔다 해요.
最近は仕事で韓国と中国を行き来してるよ

「行ったり来たり」を意味する왔다 갔다も、このパターンですね。

가がなくなっても、文の意味自体は変わりません。

意味を強調するために「-는」がつくこともある

-다가は意味を強めるために-는が付くこともあります。

참새를 잡았다가 그냥 놓아줬습니다.
すずめを捕まえたけど、そのまま逃がしてやりました
무리하게 달렸다가 무릎 염증이 악화할 수도 있습니다.
無理して走ってたら膝の炎症が悪化するかもしれませんよ
이러다가 감기 걸릴 거야.
あなたこのままだと風邪ひくよ

服が濡れているのか、シャワーを浴びたのに髪をちゃんと拭いていないのか。

いずれにせよ「そのままの状態」では風邪をひく原因になるかもしれないことを、-는によって強調しています。

あくまで強調するためなので、-는が無くても意味は同じです。

-다가と-았/었다가がややこしくなる理由

-다가なのに「完了」の文もある?

-다가は状況が途中で変わる未完了からの変化ですが、-다가でも完了のような意味になることがよくあります。

하늘이 맑다가 갑자기 흐려졌어요.
空が晴れていたのに急に曇ってきたよ
하늘이 맑았다가 갑자기 비가 왔어요.
空が晴れていたのに急に雨が降ってきたよ

雲は突然現れるのではなく徐々にできるものなので、時間の経過につれ空が雲で覆われていきます。

晴れの状態を「ここで終わり」と明確に区切ることはできないので、맑다가と맑았다가のニュアンスの違いは事実上なくなるわけです。

未完了と完了の違いがなく、区別するのが難しい

未完了と完了に違いがほぼない場合、-다가と-았/었다가どちらを使ってもよくなります。

남자친구랑 3년 사귀다가 결혼했습니다.
3年付き合って結婚しました
남자친구랑 2년 사귀었다가 헤어졌어요.
2年付き合って、別れました

いつの間にか付き合っている人もいれば、だんだん疎遠になって自然消滅するカップルもいるように、付き合っていた時期をはっきりと区切るのは難しい場合もあります。

미국에서 10년 살다가 한국에 왔습니다.
アメリカで10年暮らして韓国に来ました
중국에서 5년 살았다가 싱가포르에 갔어요.
中国で5年暮らして、その後シンガポールに行きました

こういう場合は言いまわしがちょっと違うだけと考えましょう。

本人の中では「まだ続いている」と考えてみる

文によっては-다가を使うことが多いケースもあります。

신라면은 면을 먹다가 밥을 말아 먹으면 진짜 맛있거든요.
辛ラーメンは麺を食べた後、ごはんを入れて食べると超美味しいんですよ
※말다=スープなどの中にご飯を入れること

麺を全部食べた後にご飯を入れるのなら먹었다가じゃないのと思うかもしれませんが、먹다가の方をよく使います。

これは麺を食べきったとしても「食事」そのものはまだ終わっていないので、-다가を使うと考えましょう。

-다가と-았/었다가の文は基本的にはまったく意味が違うものの、未完了と完了の区別があいまいなケースもあるせいで、使い方がわかりにくくなるのではないかと思います。

いずれも慣れは必要なので、数をこなしていきましょう。